しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

世界史の賢い覚え方4つはこれ!歴史科目が苦手な人こそ試して欲しい

スポンサーリンク

「っしゃ覚えた!完璧!明日のテスト余裕DAZE!!」って思ってたのに、翌日のテストでは大撃沈.....

 

そんな経験はありませんか??

 

覚えたのに忘れるって辛すぎます...

特に社会科目の【歴史】を勉強する人あるあるではないでしょうか

 

それにはきちんと理由があります

 

人は忘れる動物

 

であるからでして、「覚えたのに忘れる」はヒトとして至極当たり前のことなので、あえて忘れない工夫をできるかが世界史を攻略する鍵となります

 

そこで、世界史の学習を通して試してきた、覚え方や忘れ防止の方法を書き残します

 

いわゆる『暗記方法』は、一般論があれど、合う合わないは人によって様々なので、試行錯誤する中で自分に合う方法を見つけ出してください

関連:大学受験『世界史』の独学勉強方法とおすすめの参考書決定版【偏差値30から東大早慶レベルへ】 

スポンサーリンク

 

①:動画授業でイメージを強固に!

漫画・単行本よりもアニメで観る方が記憶に残ってる、そんな経験はありませんか?

 

漫画・単行本では視覚のみ使いますが、アニメだと聴覚と視覚どちらも使うので、イメージとして残りやすいとされてます。人間は『五感』を使った方が記憶に残りやすい、というデータもあるくらいです

 

そこで『動画授業』は今の時代において、最強の教授法ではないでしょうか

中でも...スタディサプリは神だよ

www.youtube.com

月額980円で「わかりやすく、おもしろい」授業が受け放題の【スタディサプリ】は動画授業の革命児で今やもう鉄板です

 

村山先生は、ややこしい範囲(パレスチナ問題など)を図でわかりすく説明してくれる、超オーソドックスなプロ講師!

 

「『通史』未経験だから、はじめから丁寧に解説してくれる人がいーな!」って人は村山先生の動画授業と『ナビゲーター』を合わせてやると理解が飛躍します

 

やっぱり図と解説(音声)で納得いく理解ができると、覚えやすんです...

②:「成績上がったよ!」って人の参考書を使う!

参考書は市販で売られてるものですが...

「これ使って成績上がったよ!」「これのおかげで大学合格できたよ!」「わかりやすくて鼻血でるw!」ってレビュー・評価にアンテナを強くはって、これらを使いましょう

 

教科書は学校でみんなが使用する義務があるためレビュー・評価は正直あてになりません

 

一方で参考書は「市場」に放り出されてるので、「市場の原理」が働き、有用か有用でないかがユーザーによって判断され、レビューとして積み重なります

 

つまり先人から学ぼうよってことです

 

以下はセンター試験・難関大学入試対策の『参考書』に関する記事ですので、『参考書』の世界をのぞいてみて下さいね

関連:初心者が『世界史』のセンター試験で満点をとる独学勉強方法をまとめた!【偏差値30から神へ】

 

関連:大学受験『世界史』の独学勉強方法とおすすめの参考書決定版【偏差値30から東大早慶レベルへ】

③:世界史の替え歌を歌いまくろう

『有名な歌の世界史替え歌バージョン』を聴きまくり、歌いまくると、呼吸のように世界史の単語がでてきますし、流れもつかめます

 

大好きな歌って覚えようともしてないのに、勝手に口ずさむレベルまで覚えてしまってますよね?その感覚でっす!

 

良い替え歌の条件は...

  1. 誰でも知ってるレベルの有名曲!
  2. リズム・テンポがいい!
  3. 余分な情報がなくスッキリしてる!
  4. 歌だけなのに、世界史重要単語を多くカバー!

でして、「聴いててとにかく楽しい!」ってのに集約されます

 

例えばこれ!ロビンソンの替え歌で古代ローマ史の文化を覚えられますww

www.youtube.com

原曲がスピッツの『ロビンソン』なので、「聴いたことある!」って人はほとんどだと思います、作者は天才ですな... 

スポンサーリンク

 

④:「一問一答」の逆をやってみる

世界史ではたくさ〜ん過ぎる用語が登場しますが、その用語が覚えられないのは「用語だけ」を詰め込もうとしてるから!

 

「流れを覚えよう!」って言葉に凝縮される、「なぜ?」と「その後」の前後関係に意識を向けると格段と覚えられるようになります

 

例えば『十字軍』をとってみましょう

ヨーロッパのキリスト教国が、聖地エルサレムをイスラーム教国から奪還するために派遣した遠征軍

【十字軍=上の説明】で丸暗記してしまうと、やっぱり忘れてしまいがち...一問一答の丸暗記が良い例です...

 

ではなくて、「どうして十字軍が誕生したのか?」「十字軍はどのような活動をして、その後どうなったのか?」の前後関係に着目しましょう

 

これは一問一答での赤シートで隠せる用語ではなく、問題文としてある説明文になります

 

これが逆一問一答でして、答えの用語から説明文を言えるようになると、前後関係の流れを覚えることができ、世界史に抵抗がなくなってきます

 

関連:世界史のおすすめ『一問一答』とその使い方と勉強法について詳しく解説する!【慶應生推奨】

 

以上世界史の賢い覚え方4つを紹介しました!

再度強調しますが、世の中には『暗記法』と呼ばれるものが大量に出回ってるので、合う合わないは人によって違います

 

「これいい!」「これ違う!」のように、自分に合う方法だけを取り入れて、自分なりのカスタマイズ勉強方法を確立できると受験で勝ち抜けます