しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

海外移住におすすめな国たち総ランキング!生活コストが安い国で優雅に暮らそう!【随時更新】

スポンサーリンク

「とにかく生活コスト安い国でゆるく暮らしたいわ〜」って野望を叶えたい!

  

1ヶ月あたりの生活費(家賃・食費・交通費・光熱費・通信費)が安い国々を紹介します

加えて、治安や気候などの環境のメリット・デメリットもお伝えします

 

「生活の余裕」を生むライン(ストレスのない生活)を目安にコストを設定してます!(食費・家賃・インフラ・その他アクティビティなどを十分に満足できるくらいです)

「贅沢」「豪遊」について、人間の欲望は尽きないものなので注視してません 

はじめに:海外移住する3つの方法

  •  永住権・長期滞在のビザ条件を満たす!
  • 貯金して、就学ビザ・ワーホリなどで滞在する!
  • 現地で、会社勤めorフリーランスとして稼ぎながら生活する!

 海外に長期滞在するためには、これらの3つの方法があります

いずれにせよ、長期滞在(90日以上)にはビザの取得が必須です

 

一般的に、まずは就学・就労ビザを取得します(1年〜)

現地に慣れて生活が安定して長期滞在ビザを検討する流れが王道ですね

 

現地情報は【トリップアドバイザー」】を参考に、短期滞在(観光旅行など)で、その土地と空気、風土を感じてみましょう

スポンサーリンク

 

1:タイ(10万円〜)

standing statue and temples landmark during daytime

平均的なタイ人の月収は7万円前後です。日本人の平均初任給の3分の1

南国のタイでは日本円で10万円あれば余裕!

 

おおよそタイの物価は日本の約2分の1なので必然的に、日本円換算で生活費が安くなります

 

食費がものすごく安いのはタイの魅力!

 日本では500円が平均のランチ予算ですが、タイでは120円〜150円ほどで、十分すぎるほどのローカルフードを堪能できます(トムヤムクン、グリーンカレー、マッサマンなど)

 

インフラについて、一人暮らしであれば水道代は約600円ぐらい!

 ですが、水道水は飲めないのでミネラルウォーターやウォーターサーバーが必要です

飲料水としてプラス1,000円ほど追加しておくといいですね

 

バンコクの平均気温は30℃なので、冷房は必須で、1ヶ月ぶっ通しでつけると約5,900円どです

 

少し節約すれば、約3,000円にまでエアコン代を抑えることもできます

 

通信費も日本ほどは高くないので、光熱費・通信費込みで約10,000円です

 

*エアコンの使用頻度によって変動するのが南国ならではのハードルですね

長期滞在ビザの取得条件

下記3項のうちいずれか1つの原本とそのコピー2部

1.タイ国内銀行発行預金残高証明書または日本の銀行の残高証明書:
最新月のもので預金残高が800,000バーツ(約240万円)以上あることが確認できるもの


2.年金等証明書:
年金による収入が月65,000バーツ(約19万5,000円)以上、または年収が800,000バーツ以上であることが確認できる社会保険庁発行の年金証書コピー


3.タイ国内銀行預金残高証明書および年金等証明書:
預金残高証明書と年金による年収の合計が800,000バーツ以上と確認できるもの。

引用:ロングステイ | 【公式】タイ国政府観光庁  

メリット

  • 物価が2分の1
  • バンコク中心に治安がいい
  • 年中暖かく、服装にお金がかからない
  • 医療水準が高い !(歯の矯正治療は安いです)
  • タイ料理は日本人の味覚に合う

デメリット

  • 雨季が長い(洪水の年もあったほど)
  • サービスの質が低い
  • 英語がほとんど通じない・・・
  • 経済成長が著しい(近い将来日本円が弱くなるかも?)  

一度旅行に行ってみると、その国の空気感・雰囲気が肌身で感じれますね

各国の情報の下の部分に『地球の歩き方』を掲載しました

気になる国があったら、1冊手にとって生活のイメージを描いてみましょう

 

2:マレーシア(8万円〜)

high-rise buildings near body of water during dusk

 マレーシアも発展途上の東南アジアの国!

 

タイに劣らず、物価は日本の約3分の1と安い!

食べ物から衣類や日用品まで、安く済ませることができます

  

家賃について、日本人移住者の多くはコンドミニアム(マンション)に住むケースが大半で、24時間のセキュリティ完備や、お手伝いさんも雇えるのが超魅力!

 

ワンルームだと約30,000円、家族向けだと約50,000円と、日本人にとっては破格の値段でストレスの無い生活ができるでしょう

 

しかも、プールやバルコニー付きの物件でも値段はそこまで変動せず。夢のような話!

 

マレーシアの気候はタイなどと比べると温暖な方です

 

1年中エアコンを付けっ放しにする必要は無いため、電気代は約5000円に抑えることもできます

 

1ヶ月付けっ放しで10,000円、天井のファンのみで済ませるなら1,000円ほどになりますね

 

過ごしやすい気候でも有名なマレーシアの大きなメリットです!通信費と込みで、10,000円あれば余裕くらいです

 

食べ物はタイと同様にめちゃくちゃ安く、ローカルフードならば、130円ほどで満腹になります

 

観光客向けのレストランでディナーしても1,000円くらいなので、贅沢の金銭的基準が日本とは全然違うこともわかりますね

 

長期滞在するにあたって、日本円で所得があるなら税金はかかりません 

外貨収入に対して税金がかからないのがマレーシアの裏のメリットですね

長期滞在ビザの取得条件

マレーシアでは「永住権」はなく、10年毎の更新ができる長期滞在ビザ(MM2H)が代わりにあります

50歳を境に条件が変わるので、要チェック!

50歳未満の方

・最低50万リンギット(約1350万円)以上の財産証明*3)と月額1万リンギット(約27
万円)以上の収入証明が必要です。 
・仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約810万円)をマレーシアの金融機関に 
定期預金する必要があります。 
※2年目以降は医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に15万リンギットを引き出
す事が可能です。

50歳以上の方

・最低35万リンギット(約945万円)以上の財産証明*3)と月額1万リンギット(約27
万円)以上の収入証明又は年金証明*4)が必要です 
・仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約405万円)をマレーシアの金融機関に 
定期預金するか、毎月1万リキッド以上の年金を受領している証明をするか、選択可能です(申請時に選択)。 
※2年目以降は医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に5万リンギットを引き出す事が可能です。

出典:マレーシア長期滞在 - ロングステイ

 

メリット

  • 物価が3分の1
  • 医療水準が高い
  • 英語が通じる
  • 多様な人種が混じり、差別がない
  • 東南アジアの中でもっとも温暖

デメリット

  • サービスの質が低い(日本と比べすぎないように)
  • 雨季の湿気のじめじめ

 

3:フィリピン(8万円〜)

brown wooden cottage beside green leafed trees

 

観光では「セブ島」がリゾート地で有名なフィリピン!

 

日本人が長期滞在・生活するなら首都の「マニラ」か「セブ」が一般的です

 

家賃の幅は、一人暮らしのコンドミニアムでは7,000円から30,000円です

 

タイと同じく、セキュリティ、プール、バルコニー付きの物件はそれ相応に高くなります..

 

立地も、マカティ市やボニファシオ・グローバルシティの高級住宅地では基本的な家賃は高め!

 

水道代は他の国よりも安く、月200円くらい!しかし、電気代は東南アジアでもっとも高いと言われてるほど

 

エアコン・電気温水シャワーをフルに使えば、1ヶ月あたり10,000〜15,0000円になり、プラスで通信費で、合計20,000円くらいです 

 

*フィリピン人の大卒の初任給は28,000円で、この額はフィリピンの平均所得からするととても高いのが現実...

 

アジア共通ですが、食費はローカル飯で済ませると本当に安く、100円とちょっとで、ご飯とおかずがそろいます 

 

ローカルな屋台でもフルーツがてんこ盛りで売られてます

日本で高価なマンゴー、ランブータン、パパイヤなどの南国フルーツを堪能し尽くしましょう。常夏ならではの贅沢な特権ですね!

f:id:makoto-endo:20180301122206p:plain

 長期滞在ビザの取得条件

*年金の有る無しによって条件が異なるので注意が必要!

Q: 必要とされている申請者の年齢と預金は?
A: 退職オプションとそれぞれの必要とされている定期預金
1. 年金有 – 50歳以上の方 - 必要とされている定期預金は10, 000.00米ドルで、そして毎月の年金は、独身の申請者の場合800.00米ドルで、夫婦の場合1,000.00米ドルです。

2. 年金無
a. 35歳~49歳の方 – 50, 000.00米ドルの定期預金
b. 50歳以上の方 – 20, 000.00米ドルの定期預金
c. 以前フィリピン人(35歳以上、被扶養家族の人数にかかわらず)–1,500.00米ドル
d. フィリピンへの前大使、ADBを含め国際組織の現在スタッフ及び元スタッフ – 1,500.00米ドル

注: PRAの公認銀行は必要預金に相当する受け入れ可能な外貨が米ドル又はフィリピンペソとして入金されれば、これを受けることに同意しました。

引用:特別居住退職者ビザ (SRRV)とは?-フィリピン退職庁 

メリット

  • 物価が安い!
  • 日本から3時間〜4時間の距離
  • 医療水準が高い 
  • 英語がハンパなく通じる
  • マッサージとフルーツが魅力!

デメリット

  • 銃社会なため時には治安は良く無い
  • 家政婦(お手伝いさん)・サービスの勤労意識が低い
  • 交通網の混雑によるストレス
 

*家政婦(お手伝いさん)を月10,000円弱で雇うことも可能できますが、知り合いはものを盗まれてしまいました...

 

安く雇える分その勤労意識はどうしても低く、同時にまともな教育を受けていない可能性も高い...

 

「セキュリティの高さ」と「料金の高さ」はリンクしている!

どの国でも共通しているルールであると明記しておきましょう!

 

4:台湾(9万円〜)

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/02/11/14/45/taipei-taiwan-2057818__340.jpg

沖縄よりも航空券が安い時もある台湾

さくっと行ける観光地として人気ですが、移住先としてもオススメの地!

 

台北は日本の街の構造と似ていて、交通の弁もかなり発達してます

  

家賃について、台湾の一人暮らしタイプの部屋は、シャワーとトイレ付き、キッチンなし、洗濯機は共同なのがほとんどです

 

中心地区などの場所にもよりますが、月に30,000円〜40,000円が基本的な家賃です

 

*水道代とガス代と通信費(インターネット)家賃に含まれていることが大半です 

なので、光熱費は実質、月1,500円〜2,500円の電気代のみです

 

月の支出で多くのウェイトを占めるのは食費!

台湾ではキッチン付きの部屋はほとんど無いため、3食外食が普通です

 

アジア諸国共通ルール!、ローカル飯だと150円〜300円とかなり安く済みます

1日あたり、1,000円未満の節約なんて余裕でできてしまうくらいですね!

 

ちょっとオシャレなカフェやレストランで贅沢したとしても、

1ヶ月あたりの食費は30,000円〜40,000円になるはず


交通費はスクーターやMRT(地下鉄)、レンタサイクルで月10,000円で余裕くらいです

特にYoubikeというレンタサイクルは、30分あたり20円と、かなりリーズナブルで使い勝手がいのでおすすめです!

長期滞在ビザの取得条件 

・台湾国内に合法的に5年以上滞在しており、毎年183日以上台湾国内に住んでいる。

・20歳以上。

・品行がきちんとしている。(犯罪歴0)

・自立できるだけの財産や技能がある。

・台湾の利益となる。

中華民国内政部移民署のサイト 

*台湾での長期ビザ取得は、語学留学のビザや就労ビザを経た延長として捉えた方がよさそうです

当初から台湾永住を目的するよりも、ワーホリは申請が通りやすく、1年間滞在できるので、特におすすめですね!

 

参考: (公財)日本台湾交流協会 台北事務所(日本語): 査証: 日台ワーキング・ホリデー査証案内

 

参考:台北で1ヶ月快適に生活するにはいくら必要?

メリット

  • 日本との親和性が高い!(日本語も通じることが多い)
  • 公衆wifiが充実(通信費の削減)
  • レンタサイクルが便利すぎる!

デメリット

  • 公衆衛生が悪いところが多い(トイレなど)
  • 季節の変化を感じにくい!
  • 人との距離近すぎることも!
  

*デメリットはさほど見受けられない、そんな気がしました

日本の生活の延長のように、多くの人はすんなり適応できるからでしょうか

スポンサーリンク

 

 

 

5:ポーランド(5万円〜)

yellow concrete building during daytime

 ヨーロッパの中で治安と生活コストポーランドが群を抜きます!

 

家賃について、ワルシャワ市内で、20,000円台でもそこそこのワンルームマンションに住めるほどです

 

しかも、光熱費と通信費が含まれてる物件も多いので計算も楽ですね

 

次にかかるのが食費ですが、食べ物の物価は、日本の約3分の1で、スーパーでバスケットいっぱいに野菜や肉、パスタやパンを買っても約3000円と、リーズナブル過ぎ...!

 

パン・チーズ・パテ・ビールなど、日本では割高なものがとてつもなく安い!

1ヶ月30,000円あれば、豊かな食生活を送ることができるんです

 

交通については、ポーランドでは「ワルシャワZTMカード」を作ることで、ワルシャワ市内のバス、メトロ、トラムが乗り放題になります!

  • 1ヶ月:一般(3,200円)、学生(1,600円)
  • 3ヶ月:一般(8,200円)、学生(4,100円)

https://i1.wp.com/waction.org/wp-content/uploads/2016/02/Warszawska_Karta_Miejska.jpg?resize=400%2C253

カードの作り方は以下のブログを参照してください!

参考:ワルシャワでZTMカードの作り方 トラム,バス,メトロに乗り放題! | 旅人ほだ™

 

参考:ポーランド移住7つの魅力と新生活を快適にする2つのコツ | せかいじゅうライフ-

メリット

  • 生活費はヨーロッパ最安クラス
  • 西欧よりも治安がいい(観光客狙いの詐欺が少ない)
  • ヨーロッパの街並みの非現実空間
  • パン・チーズ・パテ・ビールなど、圧倒的に安い!

デメリット

  • ほぼポーランド語しか通じない
  • 冬は極寒で、夜が長い
  • アジア出身の人は外見で目立つ

6:チェコ共和国(9万円〜)

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/05/00/28/prague-1882884__340.jpg

治安と生活費を合わせると、ポーランドに次いでおすすめ!

 

観光地として大人気、黄金の街「プラハ」でも家賃は30,000円〜40,000円ほど!

 

プラハ城、カレル橋、サンヴィート教会など、美しい歴史文化が目白押し! (居住と観光だとちょっと見方が違ってきますけどね〜〜)

 

食ポーランド同様に、パン・野菜・ビールは安く、日本の物価の3分の1ほどなので、1日400円あれば十分賄えますね

 

ローカルなレストランで、チェコ料理食べても1食500円ほどです

1ヶ月、15,000円で抑えることができれば万々歳です!

光熱費・通信費を合わせても、20,000円はいかないくらい! 

長期滞在ビザの取得条件

○永久滞在許可証(永住権/Permanent Residence Pemit)
10年毎の更新制。3~5年以上の滞在実績を持つ一時滞在許可証所持者、チェコでビジネス
を行う会社経営者・投資家などが対象。
市民権または永住権所持者の家族の場合は、比較
的容易に取得できます。

以外の場合は、充分に生計が成り立つ金額の財政証明、雇用証明
などが必要ですが、EU加盟によって永住権発給は年々制限が強められています。
 

 引用:チェコ移住情報・査証編

メリット

  • 物価が3分の1(パン・ビール・野菜が特に安い!)
  • 医療水準が高い 
  • 治安が良い!(警官・警備員の見回りが多い)
  • 90日までの滞在はビザ必要なし

デメリット

  • 冬は寒く、長い!(ヨーロッパ諸国の洗礼・・)
  • 日本食が高い!(アジア食品全般が高い!)
 

中欧は物価が安く、旅行先としてもかなり穴場です

7:モロッコ(6万円〜)

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/20/18/26/chefchaouen-1921173__340.jpg

アジア・ヨーロッパに次いで、北アフリカのモロッコもおすすめ!

 

隣国チュニジアと同じく観光地としても人で移住してみたい人は多いはず

 

*モロッコには、富裕層・中流層・貧困層の生活レベルに歴然とした差があります

それぞれの生活に応じた金銭感覚があるため、物価をひとくくりに語ることは難しいのが現状です

 

一人暮らしのアパート(ローカルな中流層向け)に、月30,000円ほどで住めます

 

光熱費・ネット代も含まれてることが多く、残るウェイトは食費が多く占めますね

 

モロッコは第一次産業がさかんで、小麦、米、野菜、魚、オリーブ、肉などの料理の基本材料となるものが、とてもリーズナブルな価格で出回ってます

 

ローカルな料理、「タジン鍋」「クスクス」なども、栄養たっぷりで食生活に彩りを与えますね。エスニック感漂うご当地グルメです

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/05/06/21/13/morocco-2290936__340.jpg 月20,000円で食費は賄えるでしょう

 

でも、日本の食べ物(みそ・醤油など)は輸入コストがかかっているため、日本の価格の2倍近くの値段でかなり高い!

 

交通費については、バスやタクシー(Uberもある)を使うと、月10,000円ほどに.. 

首都マラケシュに在住するなら、頻繁に使う交通手段です

長期滞在ビザの取得条件

長期滞在するには、学生ビザか就労ビザを取得しなければなりません

 

学生ビザは語学学校や大学などで留学する人が申請して受理されますが、

 

就労ビザでは、モロッコの企業の招聘状が必要なため、現地での就職先がなければ申請できません

 

そこで、観光ビザ(90日間)で3ヶ月滞在して、日本とモロッコを行き来する「デュアルライフ」が現実的になってきます

 

現地のモロッコ人の配偶者と結ばれたら配偶者ビザを取得し永住できるようになります

 

参考:モロッコ(マラケシュ)のロングステイや学生留学&就労ビザ情報 | 海外移住&海外留学などの海外生活情報丸分かりサイト

メリット

  •  バラエティ豊富な食材が安い!
  • 治安の良い、平和な地中海世界!
  • 皆フレンドリーで気さくに話しかけてくれる!

デメリット

  •  寒暖差がえぐい!(夏:最高50度、冬:最低5度)
  • 英語がほとんど通じない!
  • 医療が日本に劣ってしまう!

 *最後に特筆すべきは、モロッコはイスラーム国家である点!

 

金曜の礼拝、断食(ラマダーン)や禁酒など、イスラームの宗教文化を尊重する姿勢が大切になってきます

 

公用語もアラビア語とフランス語なため、英語がほとんど通じません...

イスラームの言葉であるアラビア語を少しでも知っておくと、現地の人と親しくなるきっかけにもなるでしょう

8:アゼルバイジャン(6万〜)

同じくイスラーム国家のアゼルバイジャン !

アゼルバイジャンは、ヨーロッパ・中東・アジアの交差点でもある、カスピ海に面した旧ソ連の国です!

 

(公用語はアゼルバイジャン語で、ロシア語も多くの人が話せますし、アゼルバイジャンの友達は就活で英語・ロシア語・アゼルバイジャン語の3言語で面接があったそうです)

f:id:makoto-endo:20181017131404p:plain

都市のバクーは、東京の3分の1ほどの生活費と、治安が良いのが魅力!

 

アゼルバイジャンの現地の人と同じ水準で生活すれば、1ヶ月あたり6万円あれば十分暮らせます

 

特にポイントが、アゼルバイジャンで生活する日本人は2018年現在で51人ほどで、日本人の希少価値を発揮できる超穴場だということ!

 

バクーで寿司職人でもなれば、一攫千金?!そんな妄想も働いてしまうほどですね

関連:寿司職人の将来性は無限大!海外就職するなら【寿司職人】になるのが近道かも!

長期滞在ビザの取得条件

約640万円の預金があれば申請でき、最短1ヶ月以内に移住可能!

 

これには年齢制限もなく、配偶者・子どもの居住権もついてきます

 

また、就労許可を取得すると現地就職もできますが、まだまだ日本人の働き口は限定的なようです

 

2年間の居住後に永住権の申請も可能なためかなり穴場の移住先でしょう

f:id:makoto-endo:20181017130335p:plain

メリット

  • 物価が安い!
  • バクーを中心に治安が良い!
  • 異文化の交流を感じれる!
  • 日本人が希少価値を発揮!
  • カスピ海の恵!

デメリット

  • 英語があまり通じない
  • 国際送金が面倒・・
  • エンターテイメントが少ない

先進国に比べるとまだまだ楽しめる施設も少ないですが、物価の安さと治安の良さはピカイチなので、今後の伸び代に期待しましょう!

おわりに:海外移住に失敗しないために

f:id:makoto-endo:20180302071513p:plain

おすすめ海外移住先を紹介したところで、失敗しないための心構えを整理します

英語でコミュニケーションできるように(もしくは現地語)

何はともあれ、現地の人とのコミュニケーションは避けて通れません

 

ビザの申請から不動産の契約まで、会話を通じて交渉が進むからですね

 

最低でも英語ができるように(日常会話程度でも)なると、

格段にローカルな生活へと安心感がもたらされます

 

留学してから勉強をするのではなく、日本にいながらでもオンライン英会話などで準備しておくと理想でしょう!

移住先の生活環境の入念な下調べを!

「日本よりも生活コストが低い」だけの理由で移住すると、理想と現実のギャップに参ってしまうこともしばしばで、帰国するはめになってしまいます

 

  • 毎月の生活費の予算はいくらか?
  • 自分の移住の最大目的は何か?
  • 治安や気候などの生活環境はどうか?
  • 永住or長期滞在?ビザの取得条件は何か?

 

国によってそれぞれ違ってくるため、上記項目の入念な下調べを必ずしましょう

 

そして、移住後の自分の生活を想像(シミュレーション)できるとより理想ですね

 ローカルなライフスタイルに馴染もう

「郷に入ったら郷に従う」のごとく、ローカルに馴染めたら移住は大成功!

 

生活コストが安い国でののんびりライフは夢のような生活です

 

しかし、日本と同じようなモノ・サービスの水準を求めてしまうと、逆にお金がかかってしまいがち...

 

移住先のローカルなライフスタイルを楽しめるかどうかで、全体の生活コストが左右されます

 

最終的な判断基準は、「その国が好きかどうか 」これに尽きると思います

 

旅行で訪れて肌でその土地を感じてみる。これが移住先見極めの最優先事項でしょう

 

*物価変動や世界情勢を考慮し、常時更新いたします。