しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

「期待しない生き方」のメリットってある?恋愛で期待しなければ不安も無くなるよ

スポンサーリンク

期待しない(期待しすぎない)思考法についての学びを共有します

 

様々な本を読ませてもらう中で、超斬新な考えだと思います

 

「期待しない」思考法を自分なりの解釈を交えて、いかにわたしたちの生活に応用してゆけるのか、具体例を用いながら考察していきますね

期待しないってそもそも「何に」?

期待しないと一口に言っても「何に期待しないの?」と思うのは当然です

 

これは、対人関係であったり、自分自身の経済力であったり、少々スケールを抑えて考えると一日の食事であったり、私たちの生活におけるすべての物事、事象であると言えます

 

また、私たち人間はひとつの”欲”が満たされると、さらなる上の段階の”欲”を生み出し、それら欲望はそもそも尽きることがないという事実に立脚しているそう

 

少し前に、ハーバード大学の幸福学に関する論文に、年収900万円までは幸福度は右肩上がりになるけども、900万円からは幸福度は次第に下がってゆくという研究結果が公開されました

 

関連:年収750万円以上の幸福度は変わらない!!年収と幸福度の相関関係を知っとけば将来怖くない!

  

恐らく、1000万、2,000万円と収入が増加してゆくにつれて、生活の質もその収入に見合うように向上します

 

しかし、ひとつの満たされた欲が、次の欲を生み出してしまうことから(世間の高給取りの方は競争意識が高い一つの要因でしょうか)完璧な満足には届かない、むしろ満足から遠ざかってしまうことが示されてました

 

あのビルゲイツをも凌ぐ、マリ王国の王様マンサムーサもそうでした。彼は金・名誉・財産全てを手にした後「それを失う怖さ」にビビりっぱなしだったという話もあるくらいです

 

関連:【人類史上の億万長者】マリ王国、マンサ・ムーサから”幸せ”について考えるってばよ

 

ただ、期待しない思考は、トリッキーな思考法だと思います

もちろん、こういった自己啓発においての「期待しない」とは、自ら向上心を持たず、諦めをすべてにつける、ということを意味してません

 

がしかし、向上心を持って、ひとつひとつ壁を乗り越える度にさらなる向上を目指そうという試みはいたって自然だと思うのですが、必然的に期待も生じ得ます

期待の加減調節をマスターしよう

期待の加減調節こそ鍵となります

 

人間関係・物事に関してあまりにも期待しなさすぎては、人間味がなくなってしまいますし、過度に期待しすぎてしまうと、それは依存となってしまうからです

  

例えば、恋愛関係における『寂しい』と『恋しい』は実は全く別の感情であり、前者は依存の意味が内在してるとも言われてます

 

関連:『恋しい』と『寂しい』の違いって何だろう?『会いたい』気持ちの整理が大切だって話  

 

恋愛の一場面を”期待”の切り口から!

恋人同士での連絡のやりとり(LINE,電話,メールetc)は、欠かせないものですよね

 

しかし、その連絡頻度について期待の面から

 

結論として、恋人は自分の所有物ではないという周知の事実をもとに、自分は自分、恋人は恋人のペースと感覚を、互いに尊重しえる距離こそが適切な期待の距離ではないでしょうか

 

期待し過ぎな立場から考えてみます

 

それは、恋人に対して頻繁な連絡を要求したり、LINEであると既読無視にやり場のない気持ちを抱えたり(?)、恋人の5WH1(いつ、どこで、だれと・・)を常に知ろうとしたり、ではないでしょうか

 

過度に期待しすぎてしまった側の期待に相手が応えられなかった場合に、期待を裏切られたことによる精神的ストレスを負ったり、そして関係に支障をきたす結果に繋がりかねません

 

ましてや、相手のことを期待し、考えすぎてしまって自分のやるべきことに手を付けられなくなってしまっては本末転倒ですよね

 

ここで、期待しない思考法の登場です

 

恋人は自分の所有物でなく、操れるモノでない、一人の人間である

 

「相手には相手の時間と予定と気分と都合があるし、いくら自分が焦っても逆効果だなあ」・・などなど期待しない発想はたくさんあります!

 

そう思うだけでも、メンタル面での変化は大きいです

 

・・・・といったように”期待しない”思考法は私たちの生活あらゆる場面で応用可能だとうことを言わせてください

 

勉強、恋愛、友人関係、仕事など、たくさんの場面で、読者さんそれぞれの”期待しない”思考を磨いてください

 

しかし、向上心喪失や無関心の意味合いではなく、程よい期待と妥協こそが精神衛生的にベストだということは、改めて強調させてくださいね!