しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

単純暗記の極意を教えるよ!覚えても忘れて悩んでる人へ!

スポンサーリンク

 前回の記事においての、忘却曲線、十分な睡眠(6~7時間半)、十分な栄養を意識し、生活にとりいれてもらうことで、

 

関連記事:単純暗記の作業ってどうすれば効率よくなる?覚えても忘れるのが辛い人必見!

 

そうすれば、”暗記能力”を最大限に引き出せるであろうとまとめさせていただきました。

  

英単語暗記、年号暗記、語句暗記などの『単純暗記』に焦点をしぼります

 

我流な暗記法と一般的な暗記方法を参照した上で、最大限に効率の良い”暗記方法”というものを構築してゆこうとするのが目的であります

 

それではさっそくいきましょう

➀暗記の基本の攻め方!!

前回の記事のエビングの忘却曲線に大きく依拠している内容です!

 

1時間後には半分以上、そして1ヶ月後には80%の内容を忘れてしまい、その忘却を防ぐために、忘却と想起を繰り返し、記憶を強固なものにしてゆく作業が暗記ということでした!

 

 

その日に覚えたい内容の範囲をすべて目を通すくらいから、(すべて一気におぼえようとしない)、”短時間かつ回数を多く”暗記作業に時間を充てるのがよいということです!

 

そして、当然忘れてしまうことを大前提に、その”短時間かつ回数を多く”繰り返してあげるのが、効率の良い暗記作業の時間の費やし方となりますね!!!

 

反対に極端な例ではありますが、NGなのは

極少ない暗記材料を、時間をひたすらかけ、一度に覚えようとすることになります!!

 

以下が簡単な図です

f:id:makoto-endo:20151118210000p:plain

出典:効率よく暗記する方法

スポンサーリンク

 

②我流暗記法について

一般的には、視覚、聴覚などの五感をフルに使ったり(音読など)、市販の単語カードなどを使ったりとする方法があります

 

こうした暗記法のオーソドックスな方法をまとめるのは楽勝なんですが、執筆者自身が試しに試した結果、最も時間効率の良く、頭に残る暗記法というのを残したいと思います!

 

 

英単語を例で!

この写真のように小さく、殴り書きができるような紙と手を固定させます!方法をまとめます! 

 

関連記事:『殴り書きノート』はおすすめできる?暗記勉強法を模索してみた!

 

➀覚えたい語30個前後を決めます!(なるべく多くに目を通したいがためです!)

 

②以下の写真のような、小さく殴り書きができるような紙と手を固定させます!

 

③丁寧に書く事を意識せず!!ひたすら、30個を意味の理解と同時に、殴り書きを繰り返します!!(この際にぶつぶつと音読しながらだと尚効きます!!)

f:id:makoto-endo:20151118213834j:plain

④30個書き終えたら、もう一度繰り返す。 殴り書きの回数について、覚えにくそうな単語は重点的に殴り書くことを意識します!!

 

⑤その日、その時点で、覚えたであろう単語は飛ばして、ひたすら殴り書きます!

 

⑥以上の工程を30個すべて意味と綴りを覚えている状態に3日ほど日程をとり、

短時間で、多くの数をひたすらに殴り書き、完璧にします!

 

 

多くの単語を目に通すこと、素早く殴り書きを繰り返すというのが大事で、

この殴り書きシートは私にとって相棒でした

 

1日では覚えられなく、また覚えてしまった単語も忘れてしまいます

 

しかし、自分で決めた範囲にこの方法を適用し、3日を完成の目処にし繰り返すことで、間違いなく、忘れにくい記憶となって定着します!

 

かなりアナログ式ですが、これが試行錯誤を重ねた上で、もっとも忘れにくく、多くの暗記材料を脳に残すことのできる最も効率のよかった暗記方法です

 

関連記事:単純暗記の作業ってどうすれば効率よくなる?覚えても忘れるのが辛い人必見!

ぜひ参考にどうぞ!