しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

大学生・初心者の一人旅におすすめな国5つを厳選紹介!【一人旅の心構えも合わせて伝えます】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。「海外一人旅に出かけると必ずホームシックになるけどそれがまたいい」と思う人です。かれこれ一人旅歴は5年ほどになります

 

大学生は一人旅デビューに一番GOODなタイミング?!おすすめの国は?

  

本記事では、一人旅の初心者や一人旅大学生にとっておすすめの国5つを紹介し、一人旅の心構えも合わせてまとめていきます

 

僕は大学生時代に期間はまちまちですが10回ほど海外に一人旅をしました

 

その経験を併せて紹介できたらなと思います!

 

▼僕はどちらかというと必要最低限の持ち物で一人旅をする派です。僕の持ち物を全て曝け出してる記事ですので持ち物チェックからやってみてみて下さいね

関連:【国内海外不問】一人旅に最低限必要な「持ち物」リストはこれ!【移動の快適さが1番大切です】 

 

スポンサーリンク

 

大学生の一人旅におすすめの国

f:id:makoto-endo:20190312135601p:plain

「時間はある!けどお金ないよ!でも自由!!」というのは大学生トラベラーの条件かなと

 

一人旅では「どこに行くか」から「何をするか」まで何もかも自由。そんな中、下記の要素を考慮して、厳選して国を3つ紹介します

 

  • 治安の良さ
  • 物価の安さ
  • ネット環境の良さ
  • (英語が通じやすさ)

 

大学生のソロトラベルにあたって治安も物価もネットも大きな心の安心材料にこれがまたなるんです....(^_^)

 

台北@台湾(月5万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by 田邊和也 / Kazuya Tanabe (@kazuyatanabee) on

 

日本から数時間(LCCで片道1万円で4時間くらい)の親日国家の台湾です

 

千と千尋の神隠しの舞台、九份(きゅうふん)のエキゾチックな雰囲気....ソロトラベラーにはたまらなく鳥肌ものです

 

治安も良し!物価もよし!ということ大学生のソロトラベラーのデビュー戦は台湾ではじめましょう

 

海外ノマド(海外多拠点で生活 )してるテツヤマモトさんはこんなツイートをしてます!

 

  • 宿泊費:1泊/1000円
  • 食費:1食/300円
  • wifi環境:1日/300円

参考:台北でおすすめのノマドカフェと快適に仕事をするノウハウを紹介! | 中西 勇介(CO-CREATOR)

 

スポンサーリンク

 

プラハ@チェコ共和国(月9万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by MAKOSANمحمد🍣 (@makosan_jp) on

もちろん、フィリピンやタイなど東南アジアで済ませておけば一人旅は王道だし無難ですが・・・

 

ヨーロッパに行ってみたい!!

 

そこでチェコ共和国の首都=黄金の街プラハです。世界史での三十年戦争の舞台ですよー

  

プラハ旧市街やプラハ城の見物を目的に、観光客は物凄く多いです

 

でも同時に落ち着いた街の雰囲気で、ゲストハウスも1000円弱で宿泊できます

 

ここでマジレスすると西ヨーロッパと東ヨーロッパは全く物価が違います!これは資本主義社会と社会主義社会それぞれの歴史文脈によるところが大きいです

 

静かで平和で物価も安い東ヨーロッパはおすすめなんですね

 

プラハ市内にはWi-Fi完備のカフェ・レストランもあり、地ビールでも飲みながら旅の一息をつきましょう

 

音楽の街のプラハは、プラハ城や旧市街を中心にストリートミュージシャンが音色を奏でます

 

ただただ、一人旅の心に沁みます... 

  • 宿泊費:1泊/1500円
  • 食費:1食/300円
  • wifi環境:1日/200円

参考:デジタルノマド注目の都市 チェコ・プラハ(ヨーロッパ編)

 

バラナシ@インド(月4万円)

 

FUJITA KOHEIさん(@kouhei_fjt)がシェアした投稿 -

「インドに来ると価値観が180度変わる!」はすでにテンプレート(^_^)

 

インドの街バラナシは、世界のバックパッカーの「聖地」のひとつ

 

バラナシの「ゴードウリヤー商店街」には東西南北バラエティ様々な国の旅人が集います。「旅」のエキゾチックな世界観を醸しだしますね

 

また、現地インド商人の「人懐っこさ」はえぐいです笑 気軽(いやそれ以上に)に声をかけてくれます

 

だからといって詐欺は経験上ありませんでした。疑い深く接してしまうとむしろこっちが損をしてしまう感覚でしたね....

 

  • 宿泊費:1泊/600円
  • 食費:1食/200円
  • wifi環境:1日/200円

リスボン@ポルトガル(9万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by @ptittyty on

ポルトガルのリスボンは雨が少なく、気候は冬でも18度くらい。とても穏やかで過ごしやすいところです

 

地中海都市のカラフルな南欧の街並みはとっても明るくて、街全体を色付けます。それを象徴するかのような暖かい人たちに安心です

 

実は欧米からのノマドたちも集うことから英語もかなり通じる!

 

カフェでエスプレッソ(約80円)をオーダーして 、ひたすらこもるなんて生活も全然ありでしょう!

  • 宿泊費:1泊/700円
  • 食費:1食/300円
  • wifi環境:1日/300円

バレンシア@スペイン(月7万)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by James Calbraith, writer (@jamescalbraith) on

 スペインのマドリード、バルセロナに続く第3の都市のバレンシア。バレンシアオレンジで有名ですよね🍊

 

ポルトガルのリスボン同様に気候は素晴らしく、太陽に照らされ快適な一人旅生活をおくれます

 

物価(家賃・食費)も他の2都市と比較するとリーズナブル。1ヶ月のシェアハウスも23000円から借りれるのでかなり「超穴場」です!!!

  

  • 宿泊費:1泊/800円
  • 食費:1食/400円
  • wifi環境:1日/200円

参考:【ノマド生活inバレンシア】スペイン第三の都市をオススメする8つの理由

スポンサーリンク

 

まとめ:一人旅(ソロトラベル)の心構え 

f:id:makoto-endo:20190303233837p:plain

 

初めての一人旅(ソロトラベル)はとても勇気が要ります

 

 

当時大学1年生の僕が初めてフィリピンに出発したときはもう、、ばくばくでした・・(;_;)

 

一人旅(ソロトラベル)の経験から、下記のタイプの人が向いてる結論に至りました

 

独断と偏見の色が強いですがあながちまちがってはないと思います

 

  1.  寂しさに耐えられる人
  2. 現地の人とコミュニケーションとりたい人
  3. スケジュールを自由に組みたい人
  4. RPGが好きな人

 

「圧倒的に自由な一方で孤独だよ!」 に集約されますね

 

 

本記事では細かく書ききれないので、「RPG?!むっ??」と思った人は以下の記事を参照してください

 

 

 一人旅の「孤独」を少しずつでも楽しるようになればどっぷりはまるきっかけになります

 

日本の近くの「台湾」あるいは国内の一人旅からデビューしてみて、徐々に慣れてきたら本格的なソロトラベルに挑戦してみましょう!ぜひ多くの一人旅予定の人にとって参考になれば幸いです😌