しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

地理がつまらない時に試したい3つのこと【地理に苦手意識がある人はぜひ】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。世界史と地理の相性が抜群ってことに最近気づいて地理の猛勉強してるところです

 

地理つまらない!!!センター試験まであと1ヶ月しかないけどつまらない!リアス式海岸???なにそれおいしーの

 

本記事では受験の地理がつまらないと感じた時に、少しでもおもしろいと感じ、勉強の後押しになる心構えについてまとめます

 

要点は3つです

 

  1. 新しさから得る好奇心を体験する
  2. 場所を覚えることからはじめる
  3. 場所から関連づけて覚えてみる

 

具体的に順番にみていきましょう

スポンサーリンク

 

新しさから得る「好奇心」を体験する

aerial view of mountain during daytime

 

「地理がど〜〜してもつまらん!誰得の科目!もう辞めたい^^;」と、無関心・無興味な人は、まずその原因を探ってみます

 

  • どうして地理がつまらないのか?
  • どうして地理に興味がないのか?

 

を自問自答してみてください。意外にも「なんとなくつまらねーなあ!」だけで済ませてしまってしまいがちなので、しっかり言葉で明確にします

 

きっと「単純に暗記するだけだし...」「暗記しても忘れるし...「行ったこともないのに、イメージも湧いてこないし...」などが挙がってきますよね。これあよくある原因です^^;

 

そこで地理のつまらなさを取っ払うためめに何か今までの経験のなかで、つまらなくないと感じれた時の「瞬間」もっといえば、新しい世界が増えて「好奇心」が刺激された時を思い出してみてください

 

回りくどいですが、これを地理の科目に応用してみるといった感じです

 

例えば、RPGのゲームにハマりこんで、次のエリア・街に進む中で新しい世界が広がる楽しみを覚える、そんな感覚に近いです

 

 

流石にゲームは勉強の地理とは全く違いますが、「新しく世界が広がってわくわくする感覚」をよ〜く体で覚えておきましょう

 

地理の場合、写真とイラストがたくさんで、イメージもパッと湧きやすく、読んでいて苦痛ではない本を手にとってみるとこの感覚がわかってきます!

 

たとえばこんな”旅に出たくなる地図”とか〜!

これは僕が通訳案内士の試験に使い始めた本。当時の僕も「地理は....つまらないからなぁ」の一点張りでしたが、

 

少しずつ新しく世界が広がる感覚を感じて、徐々に地理のつまらなさが消えてきたかも?と思うようになった思い出の一冊です

 

スポンサーリンク

 

 

場所を覚えることから始める 

white and red concrete houses beside sea

たしかに勉強の地理(特に大学受験)は、地図・図表・写真・グラフがどかーーーん!と登場し、その読み取り要求される複雑な問題があります

 

しかし、初めから「理解度」が大事な問題に取り組むのはハードルが高いんですね。地理がつまらなく感じ、挫折してしまう予兆になりかねないんです

 

そこで

 

シンプルに場所だけを覚えましょう

 

 

もっと踏み込めば「新しく世界が広がる感覚で楽しい!」の感覚で勉強にのり出して、そのまま「気づいたら、場所を覚えてる!」くらいの状態を目指しましょう

 

これはRPGも同じですよね。 ドラクエでもポケモンでも、おもしろくて進めてるうちに街からダンジョンの名前まで覚えます

 

この理屈は地理の勉強でも全く同じ。ハマる感覚をたよりに、少しずつ「場所」だけを覚えてみてください

 

ひとつの場所(街)を覚えたら、そのあたりの有名な山・川・地名(フィールド)を覚えていきます

 

そしてそのフィールドの気候、人口、産業などを覚えていく、といった流れ。ひとつの点(街の名前)を覚えて、少しずつ覚える要素を広げていくんです

 

街の名前を覚えて、どこにあるかも覚える。そしてその街に何があるか、誰がいるか、何が有名なのか、という対象への思考の拡張はまるでRPG!という感覚が大切です

 

場所から関連づけて覚える

gray concrete building under blue sky during daytime

 

ここまでくると「地理のつまらなさ」が薄れていきます。あとは、正しい勉強方法でしっかり時間を投下できれば点数に直結します

 

 

その前段階でより一層「つまらなくない状態」を目指すには、場所から関連づけて覚える方法を取得することです

 

これは後々の地図・図表・写真・グラフに応用できます

 

例えばこんなプロセスです

 

  1. エジプトの首都カイロを覚えた!
  2. カイロの近くのナイル川を覚えた!
  3. ナイル川があるということは、水を引っ張ることができる?!
  4. 水が引っ張ることができるということは、穀物を育てることができる?!
  5. 穀物を育てることができるということは...?!

 

ひとつの場所を覚え、そのあたりの川・地名・山・砂漠・海を覚える。そしてそれがあるということは、「何か影響を受けるんじゃないか?!」と 関連づけることです

 

 

これができると、単発の知識だったものが繋がり、図表の読み取りでも対応できる理解力・推察力が深まります

 

理解力・推察力が深まれば、地理は得意になれると言っても過言ではなく、みるみる成績に直結します

 

成績に直結すると「地理は意外におもしろいじゃんかー!」と、これまでのつまらなさを払拭し、見違えるくらい地理に対する態度が変わります笑

 

つまり「つまらなくない状態」になると成績が上がりやすい。この関係は社会科目ではとりわけ顕著です。あとは、このまま本格的な勉強にチャレンジしてください

 

*地理の初心者向けの方法と参考書については下記にまとめてありますよ〜〜!勢いでやっちゃってください

 

 以上!ポイントをまとめると

  1. 新しさから得る好奇心を体験する
  2. 場所を覚えることからはじめる
  3. 場所から関連づけて覚えてみる

です。これらを念頭につまらない地理から脱却しておもしろい地理へと目指してみましょーね!参考になれば幸いです!