しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

ブロガーは「リライト(加筆修正)」すべきなの?なぜ「リライト」が大切なのかを考えてみた

スポンサーリンク

リライトは大事!!

 

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です

 

一度書き上げた記事をもう一度書き直す『リライト(加筆修正)』を経験したことのあるブロガーはたくさんいるのではないでしょうか

  • 「リライトってした方がSEO的にいいからやった方がいいよ!」
  • 「リライトしてもっと見やすくしないと読者から嫌われるよ!」

 

な感じで、ブロガー界では『リライト(加筆修正)』してなんぼやーーー!と叫ばれてます

 

でも、『リライト(加筆修正)』のなにがどう大切なのかがよくわからず「とりあえず大事なのは知ってるしとりあえずリライトする!よくわからんけど」って人も多い!

 

本記事では、ブロガーは絶えず『リライト(加筆修正)』が大切だよ!って理由を僕なりにまとめます

スポンサーリンク

 

まずはこれ①:検索順位はじわ〜りと上がるからまだ待とう

 

「っしゃああ!1記事書き上げたあ!投稿どーん」とブログ記事をネットの世界に投下

 

しかしその瞬間にSEOに反映されて検索の上位表示されることはありえません

 

グーグル(神さま)が検索ページ(地上)を徘徊し、それぞれのページの評価を下すのにタイムラグが生じるからです

 

「え〜・・1週間経ったんだけど、何も変わんないよ・・」は当然で、早くても1ヶ月、通常は3ヶ月くらい、遅くて半年でやっと検索ページに反映されて、じわじわと順位が上がってきます

 

タイムラグが生じるので、リライトすべきかどうかの判断は最低でも1ヶ月は待った方が無難です

 

もし、1ヶ月後にも関わらず順位に変動がなければ、「リライトGO」のサインってとこですね

 

 

スポンサーリンク

 

まずはこれ②:リライトは無限なので目的と時間を決める

『リライト(加筆修正)』は字のごとく、文章を加えたり直したりする作業!

 

これって使おうと思ったら、無限に時間を使えるんですね

 

そこで.... 

  1. リライトする記事の選別(検索順位などから)
  2. 時間をしっかり決める
  3. 「どこをどのように」と目的も決める!

をサーチコンソールで記事を選別し、時間と目的を決めてリライトにあたります

 

なぜなら『リライト』は制限がないし、ブロガーは記事を生産してなんぼだから!

 

新しく生み出す記事にリライトの反省を生かして時間を使うこと!

きっちりメリハリ(時間と目的)をつけることを前提でいましょう

 

さあでは、ブロガーとして「どうしてリライトって大事なの?!」

って疑問に答えていきます...

 

 

①:もっともっと読みやすくするため!

ブログページの『滞在率』を上げるには、さくっと読みやすい記事に仕上げるのが効果的!

 

読みやすいっていうと、

  • 「スマホでスクロールしていい感じに読めるような改行」
  • 「イメージが湧くような、画像や写真がほどよく入ってる」
  • 「タイトルに沿った内容がしっかり書かれている」

 

が主な条件ですね(一発目じゃ難しいからリライトで)

 

タイトルに沿った内容で読みやすいものは『滞在率』が上がり、いやむしろ『離脱率』が下がります。シンプルに、読みたい記事が、読みやす書かれてるからです

 

で、『離脱率』が低くてページ最下部まで読まれる記事は、グーグル(神さま)「お、読者ファーストで内容もしっかりわかりやすく書かれてるしな、検索上位に表示させてやるか」と評価されるって感じです

 

ですので「なぜリライト?」っていうと

 

  1. 改行・装飾を見やすいように入れる!
  2. 写真・画像をイメージ湧きやすいように入れる!
  3. 記事タイトル通りに読み進めていける!

 

これらの「読みやすい記事の条件」に近づけよう!ってことですね

 

 ②:もっともっとオリジナリティをだすため!

マンガもアニメだってパクリ品よりもオリジナルの作品の方がウケがいいです

 

グーグル(神さま)も「内容のパクリとかコピーよりも、オリジナリティ溢れる記事をしっかり評価するよ!」っと明言しています

 

  1. 誰もマネしてない自分だけのもの!
  2. 誰も考えつかない自分だけのアイディア!
  3. 誰も描けない自分だけのデザイン!

 

っとまあ「え、オリジナリティってむずくね?!?」

 

ハードルを上げてるかもですが、コピペ記事以外はぶっちゃけオリジナルです

 

*むしろ盗用であるコピペ記事はグーグル(神さま)の機嫌を大きく損なうもので、そのページどころか広告(Adsense)さえも消え去ってしまうこともあるので、コピペにはメリットは全くないです

 

オリジナリティを輝かせるために、リライトする時に、狙いたい(orすでに狙った)キーワードで検索してみて、その上位にある競合(ライバル)の記事をチェックしてみます

 

例えば、【英語 勉強法】の超ビックワードで検索してみて、上位の1〜5位の記事内容をよ〜〜く読んでみると、自分の記事に足りてないポイントに気づけます

 

ここで「グーグル(神さま)が評価してる内容なのに、自分の記事には書かれてない!!」

 

ってところを自分の記事に取り入れ(コピペではない)、オリジナリティを光らせていきましょう

 

現に検索上で評価されてる内容も盛り込めるし、オリジナリティでも加点となるので、検索上位に食い込むことも現実的になってきます

 

この『オリジナリティ』をジワリと出すためにリライトを根気強くやっていきましょう

スポンサーリンク

 

③:もはやゲーム感覚だからリライトする(モチベアップ)

リライトの最大目的はもちろん、検索上位に食い込ませて流入を増やすこと!

 

でもやっていておもろくなければ、リライトってすぐに飽きてしまいます

 

ブログ執筆にハマれるために、リライトはあると思っており、

 

「検索上位に食い込ませる、一つの戦略ゲームじゃんか」とさえ思ってます

 

  • 「キーワードを変えて攻めてやろうかな」
  • 「うおwwちょっと順位落ちたから巻き返ししてやるお」
  • 「あの人の記事構成うまいからな、いいとこ取りしてみよう」

 

な感じで、 検索ページ=バトルフィールドでのゲームでして、このゲームにどれだけ多くのファイター(記事)を勝たせられるかがプレイヤー(ブロガー)の醍醐味!!

 

「リライトそれ自体がブログ執筆のモチベーションになる!」

 

この状態への持ち込みが、ブロガーがリライトすべき究極の理由です

 

で、検索上位や検索流入も増えれば「リライトしてよかた!またリライトすっか!」な感じで、ブログ熱もじわりじわりと燃えてきます

 

とまあ、ビビらずに「リライト」すべし

 

以上!

  1. もっと読みやすく!(SEO)
  2. もっとオリジナリティを!(SEO)
  3. もっとブログ熱を!(モチベ)

この3つの理由で「リライトは大事だからやろーな!!」って結論です

 

兵士たち(記事)をリライトで再強化し、パワーアップしたブログ(軍団)を編成していきましょう

 

 

先日はこんなツイートもしました

 

「リライト」すると一時的に順位が下がってしまう可能性はありますが、この通りです

 

覚悟・自信でもって、行うこと

 

かならずGoogle(神様)はみてくれますよ