しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

とりあえず大学を休学するならとりあえずこれしよう!休学期間にやりたいこと4つ

スポンサーリンク

なんの前触れも無く「俺、来年休学するわ!」って人周りにいませんか?

「なんで休学する?何かやりたいことでもあるの?」と聞けば

「いや、とりあえず休学してみるわ」

・・・・・

・・・・・・・・ 

NANDEYANEN!!

「とりあえず休学するわ」って人の末路を伝えようかなって思いましたが

「とりあえず休学してみてよかった!」って人の休学中のおすすめアクションを紹介します

 

もし「休学してやろうかな・・・」って心のどこかで抱く野望があるのなら、

もし「とりあえず休学決めた」と踏み切れる芸当を備えてるなら参考になるかなと思います

なにはともあれ「英語」は無難中の無難

1年の空白の期間(=休学)を暗黒時代にしてはあかん!

大学生の間は人生の夏休みと揶揄されますが、休学は夏休み中の夏休み

学生の身分でありつつ、学生のやる単位取得の勉強が必要ない!

なので、需要大かつ習得にまとまった時間が絶対いるスキルを身につけよう

ってことで英語を1年間仕上げること!!!

「とりあえず休学」の学生にあるあるパターンですが、やって損はありません

僕は短期のフィリピン留学を経験しましたが、

英語の習得目的が第1なら、国内でやった方がはるかにコスパいいです 

1年まるごと海外留学の体験を求めるなら話は別!

「とりあえず英語習得しよっかな!」くらいなら国内でいけます、むしろ十分すぎます

どうしても海外にこだわるならインターン行こうか

英語習得が大義名分で海外にいくのは正直微妙!

「大学卒業後に英語を使って仕事できたらいいな!」と少しでも思うなら、

海外インターンにいってみるのもありでしょう

  • 全く価値観の違う人
  • 全く言葉の通じない人
  • 全く生活スタイルの違う人
  • 全く受けた教育が違う人

を乗り越えて、異文化コミュニケーションできる人はグローバル社会の必要人材!

どこの国行け!とは指定はないですが、就活対策として「ストレス耐性」や「語学能力」を向上させられるので、かなりタフな休学生活になります

 

辛く大変な経験と対価にその分ビジネススキルや語学力は身につくでしょう

就活で少し抜きん出るための自己鍛錬の極みの舞台へ飛び込んでみてください

スポンサーリンク

 

ブログやYoutubeを通した情報発信!

「将来いつか起業したい!」「独立したい!」「休学はその準備!」

とりあえず休学パターン学生は薄らな起業願望を持っている傾向があります

ドンピシャならば、ブログやYoutubeを通じて1年間情報発信してみてはどうでしょうか

起業の前準備と言いつつも広告収入や仕事受注だって可能なので、

事実上の事業起こしといっても申し分はないです。

ちなみにホリエモンの推奨するビジネスモデル(起業4か条)はこんな!

  1. 利益率の高い商売
  2. 在庫を持たない商売
  3. 定期的に一定額の収入が入る商売
  4. 小資本で始めらる商売

ブログやYoutubeは全て当てはまっていてハードルなんて無いですね

「起業!!」って言えば、銀行の融資で資本金用意して・・なんて考えてしまいがちですが、スモールビジネスから組み立てるべきでしょう

休学中で時間が有り余るほどある学生にとって、ブログ・Youtubeは最適なその手段なのです!

スポンサーリンク

 

英語を使ってできる「専門性」を磨く

とりあえず休学で「英語習得」に心血をそそぐのは良いことですが・・・

5年もすれば英語スピーカーの供給過多と、完璧な翻訳アプリによる需要低下で、「英語ができればそれでよし」の時が来るのは火を見るよりも明らかです

 

なので、英語を使ってできる「専門性」のパラメーターをあげましょう

民間の外交官=通訳案内士の資格もとるもよし! 

www.makoto-sencho.com 海外就職目指して、寿司の修行もするもよし!

www.makoto-sencho.com

 さらにプログラミング、デザイン、ブロックチェーンの勉強など

10年後でも生きるスキル(専門性)はたくさんあるはず!

 

英語を使ってスキルを発揮できれば、その恩恵を受ける人は地球規模で増えます

どこでも場所を選ばずに経済効果を発揮できるのはグローバル社会の特権でもあるので、せっかく英語を習得するのなら、「専門性」を磨いて卒業後はそのまま海外に行ってしましょうか〜

 

・・・そんな感じで「とりあえず休学」を破綻させないアクションを思いつく限りで書き残しましたが、休学はわるく無いと思います

他の国では卒業後に「ギャップイヤー」があるし「新卒採用」すらそもそも無いので、グローバルスタンダードに合わせるべくして休学を正々堂々とたのしむべきでしょう

「今を生きる」って感じが滲み出る休学も悪く無いよって話で、

刹那的な人生に共感できる人なら休学適正はまずまずでしょう 。検討してみてください