Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

ネトゲ中毒経験者が語る、オンラインゲーム依存症から学び得たこと。

ネトゲ廃人ネトゲ中毒、ネトゲ依存症。。

 

僕は中学から高校にかけて(約5年間程?)、

パソコンのオンラインゲームにどっぷり浸かり、毎日が戦士。そんな充実した日々を送っていたと自負してますっ。

 

インターネットゲームを巡って、そのゲーム依存や中毒プレイヤーに社会の風当たりが強いのもしかり。

 

下の記事を参照してもらうと、どんな人がネトゲ依存症と呼ばれる症状を持っていて、どれだけ実社会に支障をきたしてしまい、克服が難しいのかが、わかると思います!(いや〜〜怖い!)

 

別のたとえで、SNSなんかもおんなじ脳の信号で、依存する可能性もあるそうだ!

イイねとかコメントもらうと嬉しいとか、どれだけのリアクションがあるのかいつも気になってしょうがない!そんな兆候から〜ハマってゆくんですよね〜〜。

kokoromasic.com

 

確かに、1日18時間とかそのレベルを費やすと、不眠になります。

確かに、それが原因で不眠になると、学校や仕事のパフォーマンスが下がります。

確かに、ネトゲドーパミンが発生しますが、それに耐性がつくと、気分が憂鬱になります。

確かに、何事も犠牲はつきもので、現実世界の人間関係が希薄になります。

 

kokoromasic.com

 

 

インターネットゲーム依存はマイナスばかりが語られるので、

ネトゲを知る人も知らない人も、その事実は重々承知ではないでしょうか。

 

しかし、逆に、プラスなことはなんなの?!

思ったより、悪くはないんじゃないの?!

そんな、無茶苦茶な反論を、ネトゲ中毒経験を踏まえて、語っていこうじゃないか。という企画ですっ。

f:id:makoto-endo:20170725093956p:plain 

 

ものごとに”ハマる感覚”を知る!!

中毒でも依存でも、ハマってることには変わりないんですよね。

それどころかむしろ、”ハマりの境地”こそが中毒であるんです。

 

(物は言いようとはこういうこっちゃ)

f:id:makoto-endo:20170725200919p:plain

 

人生において、何か熱中できるものごとを見つけられたら、自分への勝利な気がします。

 

もし、何かものごとに取り組んでいて、あっという間に時間が過ぎたり、時間を忘れていたら、熱中している歴然とした証です。あれほど、ドーパミンが分泌される瞬間は他にあるのでしょうか?!おそらくないでしょう。

 

僕は、中学から高校の時に、最大1日15時間はオンライン状態でした。

しかも、そんな日が続くったらありゃしない始末。

親にやめなさいと言われようが、友達に誘われようが、構わずオンラインでした。

 

そこで、気づくことができたのが、”ハマっている状態”のこと。

大人になるにつれ、目標を持ち続けることが大切になってきますよね。

絶えず、モチベーションが上下する中、自分の本当にやりたいことを模索することだってありますよね。

 

そんな時にこと、”ハマる感覚”を思い出して欲しいのです。

1日15時間もオンラインゲームに熱中していた脳みそのエネルギーを。

 

大人になると、時間をも忘れて、ハマることを見つけるのが難しい。

それはなぜか??

 

子供のころよりも、ものごとを多く知ってしまったため、

少年のような好奇心で、たくさんのことに挑戦して触れることの選択を退けるからだったりします。

 

オンラインゲームでの経験を踏まえて、

面白そうなこと、楽しそうなもの、ワクワクするようなもの。

 

そんなことを再び探して、見つけて、もう一度、あの”ハマる感覚”を取り戻したい。

 

そういった経験と感覚から、自分自身への戒めのことばでありつつも、

 

自分がやっていることが本当にやりたいことなのか、その状態がものごとにハマっていることなのか、それを測る指針になる。というのがネトゲ中毒から学べること、でした。

 

 

*ちなみに、ハマっていたオンラインゲーム。。

→不特定多数の大人数が同時にプレイできたことは、10年以上も前の革命でした。

 

talesweaver.nexon.co.jp

 

 

スポンサーリンク