しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

外国語学習が辛い?!外国語学習に潜むデメリットとは!

スポンサーリンク

おはようございます!

ドーハにてスマホ更新させていただきます!
f:id:makoto-endo:20160309114521j:image
少しだけ、飛行機の説明を。
 
 
今回で、3回目のカタール航空を利用しているのですが、個人的に、かなり快適です!乗り心地は、"空飛ぶ新幹線"と、言えるでしょうか(^^)!!
 
 
なにより、毎日深夜便で羽田空港からドーハまででているので、時間を有効活用し、寝ている間に長距離移動が可能となるのが大きなメリットですね!!
 
 
 
ドーハのハマド国際空港は多くの国々へのハブ空港としての役割果たしており、ドーハを経由することで、アクセスできる国々は多いはずです!!
 
 
 
オイル産出国だけあり、航空券を考慮する際にやっかいな、燃料サーチャージはかなりお得となっています。
 
 
 
ちなみにちなみに、まこっちゃんの往復羽田とストックホルム間で、すべて込み60,900円とかなり破格の値段で手にはいるのです!
 
 
 
ぜひ、海外旅行へ行かれる際にカタール航空を検討してみてはいかがでしょうか(^^)
 
 
(快適と言いつつも機内ではいつもうまく寝付けない自分です笑)
 
 
 
 
……………本題へとうつります。
 
 
 
TOEFLの大学入試への導入にはじめ、ますます日本社会は、外国語、特に英語教育に重点を置いてきているのだと感じます。
 
 
 
たしかに、外国語学習の私たちにもたらすメリット、恩恵は無限大です。日本語が母国語ではない人達とのコミュニケーションにより、価値観、世界観は格段に拡大しますし、将来にかけての生活、仕事、人間関係構築などの選択肢も世界規模に広がるといってもよいでしょう。
 
 
 
(脳の老化予防にもなりますし、モチベーション次第で、生涯の趣味ともなりえますから!)
 
 
 
これらは、周知の事実であり、
私自身も、うん。とうなずくほかがありません!!
 
 
 
まこっちゃん自身のちょっとした悩みも含まれているかもしれない今回の記事更新ですが、
 
 
むしろ、反対に外国語学習する"闇 "を探ってみようというのが試みです。
 
 
ネット上で様々な意見に目を通させていただいた中でも、特に以下が悩みであります。(あ、悩みときっぱり言ってしまった笑)
 
 
 
それは、外国語を学習するにつれ、少なからず母国語に犠牲を払っているのではないか。という闇であり悩みです。(ん言いにくい)
 
 
 
ヨーロッパを旅していると、ほとんどの人達は複数言語を話せると言い、言語学習に関してとても貪欲であるな、といつもいつも尊敬の眼差しで話させてもらってます。
 
 
 
陸続きで、人びとの国家間移動が活発な分当然で、その環境がすべて物言うであろうと考えたらそこまでですが、彼ら、彼女らの語学の堪能っぷりにはあっぱれと言わんばかりです!
 
 
 
ここで変態なまこっちゃんは思うのです。ほんとうに彼ら、彼女らは複数言語の記憶を維持し、向上させているのかと。加えて、母国語の基盤がくずれることは決してないのであろうかと笑 
 
 
 
たとえば、
 
 
Le feu, The signal, الاشارة، 信号機
 
 
これらは左から順に、フランス語、英語、アラビア語、日本語でありますが、
 
 
 
このように"信号機"というひとつの共通認識の物に4通りの語彙としての記憶を維持しなければならず、ましてや、向上させようと思うならば、かなりの時間的労力と、強靭なモチベーションは必須であるとうかがえます。
 
 
 
わたしたちは、忘れる動物であるヒトが故に、しばらく使うことのなかった語彙は脳から抜け出してしまうはずです。
 
 
外国語を"話せる"状態をどこで線引きするか、学習者らが外国語の習熟度をどの程度にまで求めるかにもおおきく依存するかと思います。
 
 
 
しかし、仮に、日本語を母国語とし、フランス語、アラビア語、英語培った分のボキャブラリーや文法事項や表現方法をすべて日本語に還元することとなれば、
 
 
 
語彙力が豊富の、かなり達者な言葉回しのできる存在となり得たのではないかなと、このようにして、外国語学習の"闇"を見つめるわけです笑
 
 
 
極論、外国語学習なしに、母国語のみに一点集中したとすると、論文執筆、ギャグ、口説き文句、言葉回し、すべらない話、スピーチ、面接、ブログ記事など、母国語運用するあらゆる場面で発揮できる能力は、はるかに高かったのではないでしょうか。
 
 
 
国内で活躍、実りある生活を送ろうと決めている人は、外国語学習費やしていたであろう時間を、徹底的に漫才を見るなり、豊富な読書量を重ねるなりすれば、イケるはずです笑!(とりあえずイケるを使ってあたりが犠牲であり闇ではないですか(;_;))
 
 
 
母国語一点集中した自分と、多言語学習した自分とで、その後の影響を比較できないのは、またさらに、どうしようもない"闇"なのですね笑
 
 
 
カタールから外国語学習の"闇"発信するとは思ってもみませんでした!笑
 
 
 
ちょっとしたまこっちゃんの悩み事ではあったのですが、もう開き直りました!
 
 
 
…………"色んな人がいて良い"これに尽きます!!!
 
 
ではまた日本からの更新まで!
みなさん良い1日を!!!♪