しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

初めての一人旅の準備と安全なおすすめな国たち【一人旅デビューのハードルを下げます】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。「海外一人旅に出かけると必ずホームシックになるけどそれがまたいい」と思う人です。かれこれ一人旅歴は5年ほどになります

 

「一人旅初心者。..一人旅に行こうかどうか迷ってるけどすごく不安」という人いらっしゃいませんか???(5年前の僕に言い聞かせてます)

 

本記事では

  • 初めての一人旅の準備と持ち物
  • 初めての一人旅におすすめの国たち

を中心に取り上げ、一人旅に出かけるハードルを限りなく下げることを目的としています。また、僕自身の一人旅の経験にあわせて随時更新していく記事にもなってます

多くの一人旅を考えてる人の背中を押せる記事にできたら幸いです

 

スポンサーリンク

 

①:準備をパーフェクトに仕上げる

f:id:makoto-endo:20190503153905p:plain

「一人旅が初心者でとても不安....」という人は、持ち物を揃える準備からパーフェクトに仕上げていきましょう😌(当然といえば当然ですが)

 

実は最低限こちらの3点あればどうにかなります(経験談)+現地調達で必要な物を揃える流れです

 

  • パスポート
  • クレジットカード
  • スマホ(SIMフリー)

けども、この状態は手ぶらですよね。こんな装備だけで初めての一人旅する人はチャレンジャーですし尊敬します笑

  

そこでまずは一人旅に必要な物・不必要な物を自分自身で情報収集を行って「持ち物リスト」を作りましょう

 

「持ち物リスト」に従って必要な物を順番に揃えて行く手順で準備ができれば問題ありません😌

 

▼参考まで一人旅の持ち物の準備に向けて、いつもの僕の「一人旅の持ち物」についてもまとめました。「ふーーん。まこさん、こんなの持ってるんだ」くらいで読んで下さいね

関連:【国内海外不問】一人旅に最低限必要な「持ち物」リストはこれ!【移動の快適さが1番大切です】

  

▼一人旅の準備に向けて参考になる本たちをまとめました。「こんな一人旅があるんだ...」と新しい気づきが沢山です。どうぞよく読んで下さいね

関連:一人旅に行きたくなる本+行ってる時に読みたい本をまとめる!【僕の一人旅のお供の本です】

 

②:一人旅初心者に安全な国を知る

f:id:makoto-endo:20190426222918p:plain

一人旅では「どこに行くか」から「何をするか」まで何もかも自由。そんな中、下記の要素を考慮して一人旅に安全でおすすめの国を次に紹介します

  • 治安の良さ
  • 物価の安さ
  • ネット環境の良さ
  • (英語が通じやすさ)

 

一人旅では治安も物価もネットも大きな心の安心材料になります。総合的な安全性が求められます

 

各国の()内は月の最低限の生活予算で、内訳は宿泊費・食費・wifi環境費(ゲストハウスorカフェ)です

 

航空券代は別途かかると考えてください。ストレスを抱えずに最低限生活できる、平均的な各予算もまとめたのでぜひ参考にしてください

台北@台湾(月5万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by 田邊和也 / Kazuya Tanabe (@kazuyatanabee) on

 

日本から数時間(LCCで片道1万円で4時間くらい)の親日国家の台湾!

 

千と千尋の神隠しの舞台、九份(きゅうふん)のエキゾチックな雰囲気....ソロトラベラーにはたまらなく鳥肌ものですね

 

治安も良し!物価もよし!ということで、一人旅のデビュー戦は台湾で飾りましょう。国民性や食事など日本との親和性を感じ、

 

海外ノマド(海外多拠点で生活 )してるテツヤマモトさんはこんなツイートをしてます!

 

  • 宿泊費:1泊/1000円
  • 食費:1食/300円
  • wifi環境:1日/300円

参考:台北でおすすめのノマドカフェと快適に仕事をするノウハウを紹介! | 中西 勇介(CO-CREATOR)

 

スポンサーリンク

 

プラハ@チェコ共和国(月9万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by MAKOSANمحمد🍣 (@makosan_jp) on

もちろん、フィリピンやタイなど東南アジアで済ませておけば一人旅は王道だし無難ですが・・・

 

ヨーロッパに行ってみたい!!

 

そこでチェコ共和国の首都=黄金の街プラハです。世界史での三十年戦争の舞台ですよー

  

プラハ旧市街やプラハ城の見物を目的に、観光客は物凄く多いです

 

でも同時に落ち着いた街の雰囲気で、ゲストハウスも1000円弱で宿泊できます

 

ここでマジレスすると西ヨーロッパと東ヨーロッパは全く物価が違います!これは資本主義社会と社会主義社会それぞれの歴史文脈によるところが大きいです

 

静かで平和で物価も安い東ヨーロッパはおすすめなんですね

 

プラハ市内にはWi-Fi完備のカフェ・レストランもあり、地ビールでも飲みながら旅の一息をつきましょう

 

音楽の街のプラハは、プラハ城や旧市街を中心にストリートミュージシャンが音色を奏でます

 

ただただ、一人旅の心に沁みます... 

  • 宿泊費:1泊/1500円
  • 食費:1食/350円
  • wifi環境:1日/200円

参考:デジタルノマド注目の都市 チェコ・プラハ(ヨーロッパ編)

 

バラナシ@インド(月4万円)

 

FUJITA KOHEIさん(@kouhei_fjt)がシェアした投稿 -

「インドに来ると価値観が180度変わる!」はすでにテンプレート(^_^)

 

インドの街バラナシは、世界のバックパッカーの「聖地」のひとつ

 

バラナシの「ゴードウリヤー商店街」には東西南北バラエティ様々な国の旅人が集います。「旅」のエキゾチックな世界観を醸しだしますね

 

また、現地インド商人の「人懐っこさ」はえぐいです笑 気軽(いやそれ以上に)に声をかけてくれます

 

だからといって詐欺は経験上ありませんでした。疑い深く接してしまうとむしろこっちが損をしてしまう感覚でしたね....

 

  • 宿泊費:1泊/600円
  • 食費:1食/200円
  • wifi環境:1日/200円

リスボン@ポルトガル(9万円)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by @ptittyty on

ポルトガルのリスボンは雨が少なく、気候は冬でも18度くらい。とても穏やかで過ごしやすいところです

 

地中海都市のカラフルな南欧の街並みはとっても明るくて、街全体を色付けます。それを象徴するかのような暖かい人たちに安心です

 

実は欧米からのノマドたちも集うことから英語もかなり通じます

 

カフェでエスプレッソ(約80円)をオーダーして 、ひたすらこもるなんて生活も全然ありでしょう!

  • 宿泊費:1泊/700円
  • 食費:1食/350円
  • wifi環境:1日/300円

③:団体旅行→一人旅に変更もあり

ãããªããã¼ã¹ãã­ã´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

みんなで遊べば、地球は楽しい。

 

というtrippiece(トリッピース)をご存知ですか?! 

 

trippieceはユーザーが企画した旅行に参加する、みんなで旅を作るサービスです

 

「これいいね!」という企画を作ったり参加したりメンバーを募集したり参加したり、オリジナルの旅の思い出を作ることができます

 

*こんな感じにユーザーの企画がたくさん!!!!

f:id:makoto-endo:20181125203923p:plain

 

このトリッピースを使うことで一人旅でのハードルを下げることができます。その手順は

  1. 定番旅行先に企画参加、集団旅行する
  2. ここで、途中まで企画に参加する
  3. 旅先に慣れてきたら、集団から離脱
  4. 一人旅へ・・・・

のように、まずは集団で現地を楽しむことから始めます。そこで企画参加した人と仲良くなります。いよいよ企画の終了が近づいた・あるいは企画が終了したら、一人旅に切り替えるというものです

 

一人で最初から旅するよも断然心強い気持ちでいられます

 

スポンサーリンク

 

まとめ:寂しいけど、それが楽しい。

f:id:makoto-endo:20190327192418p:plain

 

初めて一人旅に出かけると、、どことなくこみ上げる寂しさを今でも覚えてます。早く、、、早く家に帰りたいと、どれだけ思ったか←

 

でも、振り返ってみると「よかったなあ」と思えるんですね。このよかったなあは、色々な複雑な体験と想いが重なっていて表現は一筋縄にいきません

 

一人旅に出かけてみて、そして振り返ってみて「よかったあ」と感じれる人になって下さい。一人旅を終えた後も人生の価値観に影響を与える財産になるはずです。僕もまだまだですので、これからも一人旅を続けますし、終わりはきっとないでしょう

 

本記事の内容は「初めての一人旅」をテーマに、これから一人旅をしようかどうか考えている人に向けてまとめました。参考になる部分が多くあれば幸いです😌

 

補足:国際共通語できると尚安心

現地の人とのコミュニケーションが大切なのは言うまでもありませんね

 

国際共通語の英語は様々な国の首都で通じるので本当に便利。ただ、、不自由無く日常会話できるようになるまで時間がかかります..語学の壁ですね

 

そこで一人旅出発よりも先駆けて1年〜2年でみっちり鍛えておくと楽です。以下は僕が使い倒したサービスですので参考にして下さいね😌