しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

一人旅に行きたくなる本+行ってる時に読みたい本をまとめる!【僕の一人旅のお供の本です】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。一人旅はだいたい5年になります

 

本記事では、「一人旅に行きたくなる本」+「一人旅に行ってる時に読みたい本」を合わせて紹介します

スポンサーリンク

 

旅のラゴス

▼内容紹介▼

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。

 

集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?

 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。 

 

主人公のラゴスが旅に出て、そこで色々な人と出会い様々な経験をしていく物語です

 

旅とは何か?旅の目的とは何か??

何の為に人は人と出会いうのか??

 

「もし今一人旅に出かけたらなあ・・・」

「次の旅はどんな旅になるのか・・・」

 

のような想像を掻き立て『旅欲』を刺激する僕の滅茶苦茶大好きな一冊です

 

世界一周 TRAVELER'S VOICE

▼内容紹介▼

本書は世界一周を達成した10人の旅人の「声」をもとに構成した世界一周ガイドだ。 


彼らの体験談を中心に、世界一周航空券選びのポイント、ルートの決め方、見ておくべきスポット、 もっとも気に入った都市、苦手だなぁと思った都市、たどり着くのに苦労したスポットなど、 
これから世界一周を考えている人が気になるであろういろいろな要点を旅人の視点から語ってもらった。 

 

一人旅に行きたくなるリアルな体験談がまとまった本。そして一人旅にも出かける時の便利な情報を得られる本です

 

一人旅プレイヤーにとっても海外一周は夢ですよ。その先駆者たちの知恵がここにまとまってます!

五大陸を歩いた旅人が選んだ世界の絶景88

▼内容紹介▼

「一度は見てみたい! 」圧倒的な景色を、世界一周経験者たちの実体験コメントを盛り込んで構成するビジュアル本

日帰りで行くことができる手が届きそうな絶景から、死ぬまでに一度は見てみたい憧れの絶景まで、幅広く紹介する。

 雄大な景色を眺めながら、旅人は皆想いを馳せます。一人だからこそぼけ〜〜っと眺めながら、今までのこと・これからのことに想いを馳せます

 

景色は一人旅の醍醐味のひとつ。グループにはない楽しみ方がありますよね

 

この本は「生でこの景色みてみたい!」という旅欲を刺激してくれます。実際に旅に行ってなくても臨場感溢れる写真で十分楽しめます←

地球の歩き方

▼内容紹介▼

 日本一のページ数と圧倒的情報量。最強のハワイ本。徹底した取材を毎年行いワイキキ、ホノルル、オアフ島の魅力をギュッと凝縮。

ショップやレストランはもちろん、注目度の高い最旬スポット、地元ごはんが楽しいハワイアン料理、メイド・イン・ハワイ(ウクレレ、アロハシャツ、コーヒー)などの文化・歴史も詳しく解説。

 

 

地球の歩き方は王道の旅行本ですね!旅先に関する情報の網羅性は抜群、そして情報の信頼性もロングセラーの本だけあります

 

注意したいのは、旅行中を持ち歩いて外をぷらぷらし過ぎないこと。「あの人観光客じゃん、お金持ってんじゃん(しめしめ)」と思われたら狙われる可能性があるので一人旅の時は気をつけましょうね!

大人の旅じたく

▼内容紹介▼

海外旅歴28年、ひとり旅歴は15年。 国内をはじめ、ヨーロッパやアジアの数々の街を旅してきたエッセイストの柳沢小実さん。 


旅の予定の立て方から、旅の持ちもの、実際の旅の話まで、 
旅をもっと楽しむためのヒントが満載。


旅の計画の立て方、情報の集め方、個人旅行のススメ、 パッキングの仕方、旅の持ちもの、旅先での洋服、お土産の選び方…。 
自分らしく、心地よい旅の楽しみ方。

「旅は準備しているときから楽しい!」

 

この気持ちに僕はとても共感を覚えす😌「あんなところに行こうかなー」「ここの料理は美味しそうだなー」のように、すでに旅してるかの想像・妄想が大好きです

 

さらに実用的な持ち物+パッキング術など、旅を捗らせる筆者の知恵もつまってます。準備万端な状態ならどんなハプニングが起きてもへっちゃら、と本書は安心感をあたえてくれます!

世界しあわせ紀行

世界一幸せな国はどこ?

戦乱や貧困にあえぐ不幸な国ばかりを取材してきたアメリカ人ジャーナリストが、人々が最も幸せに暮らす国を探して旅に出た。


訪れるのは、国民の幸福度が高いスイスとアイスランド、逆に低いモルドバ、富裕国カタール、国民総幸福量を国是とするブータン、多くの西洋人を魅了するインドなど10カ国。


各地で出会った人々や風習、哲学をユーモラスに紹介しながら、幸せになるために必要なものとは何かを探る。

幸せってなんだーー?!

何の為に生きてるんだーー?!

 

と、一人旅は各地各地で考えますよね。幸せの国ブータンや幸福度ランク常に上位の北欧諸国などなど...これまでのイメージと実際のリアルはどうなの???

 

はたまた日本の外に生きる人の幸せに対する価値観から学び得ることができるのか??と考えながら読み込むととても興味深い一冊でした

イブン・バットゥータの世界大旅行

モンゴルがユーラシア大陸を席巻していた十四世紀。

広大なイスラーム世界と、隣接するアジア・アフリカを生涯かけて旅してまわった男がいた。

 

その長大な記録『大旅行記』の日本語完訳者が、イブン・バットゥータの旅の全容をたどり、そこから浮かびあがる、かつての世界システムの姿を描き出す。

 

移動・交通・交易の活気、多文化混淆の豊穣さ。波瀾万丈の旅から「近代以前」の世界がみえてくる。

世界史講師の僕はこのイブン・バットゥータの旅行記を読んで「旅っていいなあ!!!旅人ってかっこいいなああ!!!!」と思うようになりました

 

今の時代、世界のほとんどはその正体が知られてますが、イブン・バットゥータの頃はぜんぜん知られてませんでした

 

そんな波乱万丈のイブンバットゥータの旅路を歴史を遡って感じることができす!

 

▼世界史の「旅行家」については以下の記事にまとめてあります。ぜひ参考にしてみてくださいね😄

関連:世界史に名を残した超有名な5人の「旅行家」たち!【未開の地を切り開く「旅行」は最高です】

 

恋する世界一周

「世界一周ブログランキング」1位を獲得した著者が贈る世界一周旅日記。

出版社で雑誌編集者として働いていた<私>は23歳の春、会社を辞めて世界一周に旅立った。

その土地ならではのおいしいものを食べて、美しい景色を見て、かわいいお土産を買って、アクティビティを楽しんで……。

笑ったり、泣いたりしながら旅した50ヶ国のなかから、とくに想い出に残った国でのエピソードを紹介していく。

こちらも大人気の世界一周旅行記ですね。会社員引退後の20代の赤裸々な旅行エピソードを追体験できます😌

 

旅には素敵な思い出もあればハプニングなど苦い思い出もつきものですね。「旅行するとこんな風になるんだーーー」のようなリアルな想像ができます

 

まとめ:一人旅のお供の本

を随時更新していきますよ〜〜〜!!

 

一人旅の経験を重ねるごとに更新できればいいですね!

 

あの本よかったよ!この本よかったよ!!

という意見があればどんどん下さい!!!

 

それでは一旦休憩しまーーーーーす!