しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

近未来のペンが超かっこいい!ネオスマートペンM1を使えばすべてのノートをデジタル化できる!

スポンサーリンク

 ペンと文字の歴史ってすっご〜〜〜〜っく長い!!

ある時は土を固めた粘土板に楔で掘ったもの

ある時は羊皮紙にインクと羽ぺんで書いたもの

そしてある時は、タブレットにタッチペンで書いたもの

 

文字記号を写すももと写す道具は絶えず進化してきました

 

むかーーしはこんなんでしたからねw粘土板にちまちまと彫ってやっと完成ですし、一部の一部しかこんな芸当はできませんでした

 

「あいつ字が下手だからな~~」

「あの人すげえ達筆よね!!」

って古代文明の頃の人たちも会話を繰り広げていたことでしょう

ã¢ã±ã¡ãã¹æã®å¬ç¨èªã¢ã©ã èª

 で2018年、いよいよ文字とペンの歴史を塗り替える、「ネオ・スマートペン」がこの世に誕生しました。それがこちらのペン!

ネオ スマートペンM1が近未来的な件

このネオスマートペン、ただのノートとペンと全く異なる特徴がありまして、それは…

  1. 書いたものを誰かと共有できる!
  2. 書いたものをバックアップできる!
  3. いつでもどこでも見ることができる!

です。要は文字を瞬時にデジタル化できちゃうんです。デジタル化すれば上記のことができる、って仕組みです

 

普通のペンとノートだとあの大学ノートに書き込んで、「ねぇねぇノートかしてくれない?明日ジュースおごるから」って物理的に見せ合いっこしてましたね

 

でも、「書いた物理のノート共有かけとくよ(キリッ)」な感じで超スマートなノート交換ができちゃうんです、古代のシュメール人もびっくりです

 

しかもガジェットすぎると違和感しかないんですが、このネオスマートペンはそんなことなく、スマートでありながらも文房具感がきちんとあるので、場違い感もないです

出典:Amazon

 なんでこうスタイリッシュ以外の表現が思い浮かばないくらいなんでしょうか

appleに負けじと近現代風のスッキリ無駄のないデザインはやっぱり人気です

スポンサーリンク

 

あれ?ノートパソコンの方が速くない?

って思ってしまうかもしれませんが、

会議とか授業で議事録なり板書なりをノートパソコンでタイピングする時に、文字以外にもたくさん図とか吹き出しとか、その場で思いついた「一応書いておくか」的なメモ以下のものも書くことができます

 

これって振り返って書いてよかった文だったってことはよくあるので、ノートパソコンじゃなくて融通のきいて柔軟なノートとペンだからこそ可能となります

 

そして、このネオスマートペンには専用のノートがありまして、ネオノート的な存在となります!

 

 専用のノートを起点として様々なアプリへとデジタル化した文面を共有できます

 

【Neo Notesアプリ】をインストールし、PDFなどのファイル形式を選択した後、グーグルドライブ、SNS、メールを通してすぐに書いた文面を共有できるので、思いついたアイディアの拡散をとてつもなく速くできます

 

保存されたノートは検索ですぐに見つけることができるので、

「あれ〜どこにやったかなーあのノート....」

「まじかよ...明日のテスト、ノートも無いからオワタ」

みたいなアクシデントが皆無になるでしょうし、これもデジタル化のおかげ!

 

※イメージですが、こんな容量でノートに書いて、リアルタイムでノートアプリが保存される仕組み!高校の授業でも、科目ごとにカテゴリーで整理すれば大学ノートがかさばらずに済みますね、脱大学ノートの日が近いかも!

f:id:makoto-endo:20180909133101p:plain  出典:Amazon

どこでも何でも書けて見れるって最高

授業、会議、デッサンなどどんなシチュエーションであれ、「ノートとっておきたい!」ともなれば、ネオスマートペンが活躍するでしょう。値段は文房具の割には、高え!!!とビックリしてしまいますが、メリットは計り知れないです

 

一度書いてノートをまとめてみると、「ノートをなくさないっていいなあ」「いつでも見れていいなあ」って心底思うようになり、ノーマルのノートに戻れなくなってしまいそうです。マジレスで、ドラえもんのひみつ道具クラスのアイテムです

 

※試し書きはYoutube動画で確認できるので、参照してみてください

www.youtube.com

 

なんだかんだ、スマホはすごく日常の生活に変革をもたらしましたが、

これもインターネットからくるデジタル化のあらわれです

 

確かに、いろ〜〜んなもの(名刺、お金、カードとか)がデジタル化され、

文字とペンがデジタル化されても、ほんの一例にしか過ぎず存在感も微妙でしょう

 

でも「文字とペン」の歴史を切り取ってみれば、大革命なのは一目瞭然で、このネオスマートペンととノートを、あの楔形文字のシュメール人、ヒエログリフの古代エジプト人が今目の当たりすれば、気絶レベルです

 

「パピルスに書いてるけどよー、俺たちなにやってんだ」

「粘土板www乙ww」

 

と彼らも自虐を交えながら、ネオスマートペンを大絶賛するに違いありません

むしろこれからの「文字とペン」の進化がどうなることやら・・・

僕達が気絶するレベルのさらなる発展が近未来にまた起こるかもしれませんね

 

ネオスマートペンが廃れる前に、最先端を感じてみてくださいね