しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

「多文化共生」と「世界史」で貢献します

フィリピン「短期留学」で英語を話せないまま終わった3つの理由【留学は無意味?】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です

3年前に「フィリピンいってみっかー!!」と流星のごとく閃いた短期留学計画はエージェントを通して即実行されました

 

結論から言うと

 

「楽しかった!でも英語留学なにそれ美味しいの」で1ヶ月が幕を閉じました

 

セブ島への1ヶ月の「英語留学」(語学留学とみんな呼ぶ)では「計画」と「目的」の大切さを痛感させられました

 

本記事ではま・じ・めに自分で「短期留学」のセルフフィードバックをします

スポンサーリンク

 

短期留学と長期旅行の境界が微妙すぎた

「物は言いよう」とはよく言ったもの!

 

短期留学(〜3ヶ月くらい)は、観光がプログラムに組み込まれたりしてます

 

バッチメイト(一緒のタイミングで学校に到着したメンバー)とショッピングモールやら海やら島やらへ出かけます、これが実に楽しい!

 

2週間目をむかえたあたりから気づき始めます

 

「あれ・・・これって長期観光旅行やんけ」と

 

確かに平日は朝から夕方まで、英語のマンツーマンレッスンあるし、1日中英語漬のおかげさぞ英語力が伸びただろう!

 

と思いきや・・

 

英語力はそこまで変わらず

 

フィリピン来る前と語学力は平行

な感じで、英語力の変化は微妙でした

 

むしろ英語勉強以外のアクティビティの方が新鮮で面白くて記憶に残る始末

 

 チョコレートヒルズ、アイランドホッピング、トロピカルフルーツ山盛り食べ放題、楽しい以外のなんでもなかった!

 

机に座ったまま勉強なんて無理だった!もうなんなの!(これは自分に喝)

 

チョコレートヒルズは壮大な自然の織りなす世界遺産で、セブに行くなら外せないですね〜

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by nami_tsukamoto (@namippe0722) on

 

 

と、「短期留学」なのに「長期旅行」と化した実態です

 

「短期留学」を検討中の場合、「旅行・観光」との線引きできるかを注意しましょう

 

英語+「専門性」の時代

AI技術と翻訳・通話機能のアプリの凄まじい進化と発展

 

「音声信号」と「文字記号」としての言葉の翻訳はますますハードルが低くなって、言葉の壁が壊れやすくなってます

 

「英語話せます!英語が武器です! 」って時代はあと10年も続くとは限りません

 

遅かれ早かれ「英語できるぜドヤア!」の時代は終焉を迎えます

 

英語+「あなたの専門性」

 

のように専門性を発信する手段のしか過ぎなくなります

 

「英語だけがやりたい!」って人(当時の僕)にとって短期留学はボヤァとしたものになるでしょう

 

例えば

  • 英語+プログラミング
  • 英語+寿司職人
  • 英語+デザイナー
  • 英語+一発芸

 

のように「あなたの専門性」を英語で表現できるのが最終的なゴール

 

「英語を勉強するのが目的じゃなくて、手段なのだぞ!」と、当時の僕をこっぴどく叱ってやりたい今日この頃です

 

「英語」の習得なら日本で十分すぎる

極め付けは「あれ、フィリピン来なくても十分英語できんじゃね?」

って留学の真っ只中で悟り開いたことでした

 

「短期留学」の猛反省した後、「なんとか英語勉強しなきゃ!」って、日本で「オンライン英語」をフル活用したんですが、英語力向上に十分すぎるという結論にいたりました

 

日本で「オンライン英語」を使い倒せば、留学経験者よりも英語力で「俺TUEEE」できます

 

 

「オンライン英語」は実際続かないんじゃないの?と思ってたものの、「短期留学」での英語力の変わらなさ(むしろ下がったかな)に猛省して「留学分のお金を取り戻さなきゃ!」ってモチベーションが強かったです

 

結果、上記「オンライン英語サービス」を2年弱継続して、TOEICでは880点を獲得することができました

 

  1. リーズナブルすぎる!
  2. いつでも、どこでも受講できる!
  3. オンラインだから対面特有の恥ずかしさがない!

 

これはオンライン英語のメリットです

 

「まずは英語!話はそっから!」って人は、その後に専門性を磨くつもりで、英語を完成させましょう

 

留学は「目的」ではない

「留学したい〜〜!」って人は留学が目的になってるので、留学先に到着したとたん「目的達成」です

 

結果、勉強に身が入らないのは留学あるある極まりないですよね

あくまで留学は「手段」!

英語学習は「手段」!

 

を自分の確信に落とし込むことです

 

当時の僕は「留学わくわく!行けば英語力強くなるかな!」と正直すぎる子どもみたいでした。結局留学に行って満足しておしまいでした

 

英語も話せるようにならなければ、むしろ英語力が低下したくらいです

 

「留学」と「英語学習」の先の目的を持つこと!海外で活躍する寿司職人になるなら 、留学も英語も「手段」でしかありません

 

英語できなければ「目的」を叶えることができないので、やらざるを得ません。そして初めて意義のある「留学」ができるようになります

 

留学の先にある本当の「目的」は?

 

本当の「目的」を見つけたら「留学」のGOサインです、応援してます!!

 

ぜひ参考にしてみてくださいね