しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

ドーナツっていつどこで生まれた?気分転換に「ドーナツ史」でも辿るよ

スポンサーリンク

ドーナツ?ドーナッツ?どっち派?

ミスタードーナツって呼ぶから、ドーナツで統一させようか

ポンデリング好きに悪いやついないよね、どうもこんにちは、ドーナツの歴史を紹介します

もともとオランダ起源って知ってた?

ドーナツは今の国での「オランダ」生まれのスイーツ!

これは意外!スイーツだからフランスだろ!って予想立てた君、ポンデ10個な!

  • 小麦粉
  • 砂糖

 のシンプルすぎる材料をこねて発酵させて、ラードで揚げたボール状のスイーツ!

当時のオランダ人は、「オリークック(Olykoek)」と呼んで、

クリスマス、イースター、バースデーで作られる祝い事のリッチな交換品でした

Oliebollen.jpg

出典;Oliebol - Wikipedia

 ここで気づくことが・・・

 

あの穴・・・空いてなくね?

 

「ドーナツ=あの穴」って図式の崩壊は、オランダ発祥のこれを見ると明らかに

こりゃ、しまじろうもびっくり、穴がないのよ、あのドーナツの代名詞の穴が。

そう、ドーナツの原型の「オリークック(Olykoek)」はクルミが練りこんである「穴なしドーナツ」だったのです

 

ナッツまぶしのケーキみたいな!

サーターアンダギーの甘さ控え+ナッツ入りバージョンみたいな!

僕的に、サーターアンダーギーも好きだし、ナッツも好きだし、どストライク!

スポンサーリンク

 

新大陸の発見とともにアメリカへ  

大航海時代が幕を開けると、新大陸(今のアメリカやラテンアメリカ)が発見されました

1620年、国内の弾圧に苦しんだイギリスの清教徒(ピューリタン)がじぶんらのユートピアを求めてメイフラワー号に乗って、新大陸を目指しました

 

ピューリタンはプロテスタントの一派ですが、オランダで思想的影響を受けました

 

ん???オランダ????

 

当時のオランダでは宗教寛容政策を行っていて、プロテスタントである清教徒(ピューリタン)は歓迎されました。一時亡命って流れで、とりあえず住み始めることになりました

ピューリタンの何者かがオリークック(Olykoek)の製法を学んで、その何者かがアメリカに渡って広めたそうなのです

 

1809年のワシントン・アーヴィングの作品は、

17世紀のオランダ系移民の暮らしを紹介するものですが、「食卓で誇らしいこととされているのは、ラードで揚げた甘いdough(ドゥ)=パン生地のボールが山盛りで、いつも出されること、名前はドーナツ、あるいはオイル・ケーキと呼ばれた」と書かれてます

 

これがDough(パン生地)+Nuts(ナッツ)のスイーツ=ドーナツの由来です

でも、あの穴ってどうやって空いたの?

実はいまだに真相が謎なのが「なぜ穴があいたのか」問題

有力な説が3つあるので検討してみましょう

1:生焼け防止説

船乗りのグレゴリーって男とお母さんの話です

お母さんはいつも、グレゴリーに揚げケーキを作ってあげてました

ただ、サーターアンダーギーにも失敗がありますよね

中央が生焼けになっちゃうのがグレゴリーにとって萎え要素

「なんで真ん中に穴をあけないの??」ってママに提案したんです

それ以降、真ん中には「あの穴」ができて、生焼けが無くなり、グレゴリーは満足しました

2:クルミが手に入りにくいから説

オランダから新大陸のアメリカへ渡ったドーナツですが、

今まで乗っけていたクルミが手に入りにくい環境でした

で、中央にクルミは多くおかれてましたが・・・

「ちょっと、クルミないから、どうする?」

「その部分、、穴・・あけましょか」

クルミが無いなら穴をあければいい!って清々しい発想、嫌いじゃ無い!

3:インディアン説

アメリカ大陸の先住民(インディアン)と入植者が戦っていた最中のこと

インディアンは、弓矢をもって応戦します

とんでもない嘘のような本当の話なのかわかりませんが、

パン生地に弓矢が当たって、そのまま油鍋にINして出来上がったのが「穴あきドーナツ」!

恋のキューピッドならぬ、弓矢を放ったインディアンの君はドーナツの生みの親!

スポンサーリンク

 

みんな大好きドーナツ

どんなふうに穴が空いたのかって別に問題じゃない!みんな大好きに変わりない!

 

ポン・デ・リング、オールドファッション、フレンチクルーラー、エンゼルフレンチ、ハニーディップ、エンゼルクリーム、ゴールデンチョコレート ・・・

 

言えるのは「あの穴」とオリークック(Olykoek)は複雑な進化を遂げて、ドーナツの完成にいたったこと、そして今も尚、進化の途中にあること

 

「ドーナツって美味しいなあ!!」「ポン・デ・リング好きに嫌なやついない!」

心の叫びが溢れてしまったドーナツ史でした

 

アマゾンのこのドーナツのコスパ良いのでおすすめです、ブラックコーヒーと一緒にどうぞ