Share The World

荒れ狂う人の一生!大海原への航海術をお届け!!

スポンサーリンク

スイカの季節到来!スイカが1番美味しくなるシチュエーションを真剣に考える俺の夏。

7月、8月!スイカの季節到来です!

 

スイカはくだもの?!野菜?! そんな細かい話なんて誰も求めてないんですよ。

 

スイカは、その銘柄だったり、産地にもよって美味しさが変わってきます!

がしかし、スイカを食べるそのシチュエーションこそ、1番スイカをスイカらしく美味しく食べるための条件だなーっと思ったので、真剣に考える企画です。

f:id:makoto-endo:20170809133905p:plain

 

✔︎ど定番!?海のスイカ割り直後の砂がちょっぴりついたスイカ!

スイカ割りこそ、ザ・夏の風物詩ですよね〜〜。

 

氷たっぷりのヒエヒエクーラーボックスに入った、ドカンとまん丸な大きなスイカ。

 

太陽の照る浜辺で、友達とワイワイやって、ぱかっと一発。

 

とはいえ、なんだかんだぐっちゃぐちゃになる。砂を払わなきゃ、スイカ割り。

http://images.freeimages.com/images/small-previews/566/watermelon-at-the-beach-3-1327589.jpg

『夏』の絵になる、スイカ割りはシチュエーションとしても最高。

スイカが美味しくなるポテンシャルは計り知れません。

 

スイカ割りの時の、砂がちょっぴりついたスイカは、なんでも美味しいですよね。

シチュエーション・マジックはそこでこそ、働くのです!

 

定番中の定番ですが欠かすことのできないシチュエーションなのです!

 

✔︎夏祭り、浴衣、スイカ。夏の夜の3種の神器のひとつ!

熱帯夜の真夏、縁側でスイカを頬張って、夏祭りへ。

古き良き、昔ながら続く、夏の雰囲気がたまらないんですよね。 

 

https://www.instagram.com/p/BVd1_2fBVpR/

花火を見上げながらであったり、夏祭り会場の隅で座りながらであったり・・・

 

虫が少しくらいスイカに止まっちゃってもいいではないですか。 

 

夏祭りと、その夜の雰囲気作りは、スイカの味を一層深めてくれるのです。

www.youtube.com

 

三日月のかたちに切ったスイカをパクパクパク。

スイカのタネを飛ばしたり、花火が夜空に飛んだり。

これぞ、最高のです。

 

✔︎丸ごと食らいつく、ワイルドなシチュエーションもあり!?

人生でやりたいこと100のリストを、100人にアンケートにすれば、

2人か3人は答えるであろう、スイカの丸ごと喰い!

http://images.freeimages.com/images/small-previews/952/watermelon-dive-1325915.jpg

 

僕も同じように、そんな野望をちっちゃいころから持っていて、

いつかは絶対、スイカまるまる独り占めしてやる!って虎視眈々と企んでました。

 

その結果、気持ちの高まり具合が、違うんです。(本音)

 

あの少年心を最大限にくすぐられるような、野望。

それが目の前にどどーんとあるわけですよ。幸せは、具現化するんです。

それを、全力で食らう。

 

こんなシチュエーションはそうそう無いとは思いますが、

気持ちの高まりが最骨頂に達することができるため、外せません!

水ッ腹になって、NO MOREスイカになっても、また明日は食べたくなる。

そんな愛おしいスイカ。

 

✔︎スイカ畑で汗水流す。夏の大地の大きく実ったのスイカの命。

 自。産

http://images.freeimages.com/images/small-previews/fd6/melancia-1328660.jpg

 

真夏の太陽の真下のスイカ畑で、自分たちがスイカを収穫して、生命を味わうこと。

究極のシチュエーションは、これになるでしょう。

 

これに関しては、言及する必要ないかな。というふうに思いますね。

というのも、その人自身とスイカ自身が一番よく知っていますからっ。(誰だお前)

 

 

おわりに

これほど季節に結びついたフルーツはなかなかありません。

真夏の代名詞的な存在の、

その楽しめるシチュエーションは千差万別。

独り占めスイカを楽しんだり、友達・恋人と夏祭りスイカを楽しんだり。

 

実に、奥が深まるスイカ。鍵となるのは、”夏感”をどのように掛け合わせるか、かも知れません。みなさんの夏がスイカとともに、ハッピーなものとなりますように。

 

それでは、スイカ畑へいってきます。ではっ。

 

スポンサーリンク