Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

【年収750万円上限値説】新卒就活生が年収と幸福度の相関関係について語ってみる【働く前なのに】

 

人生の最大目的は何か?と問われたら、幸せに生きて、幸せに死ぬこと。

❤️幸せになることが大切になってくるのはもちろん。

 

今回は、答えのない問いである、お金と幸せの相関関係について、新卒就活生(まだ働いたことなし)の立場から見た世界を共有できたらなと、そんな感じです!

それで結局、お金と自分自身の頭脳がどのような関係で結ばれたら、「幸福感」を感じ取れるのか?について加えて検討していきますね。

 

 

✔︎幸福度の上限=年収750万説!?

f:id:makoto-endo:20170809124758p:plain

まずはこの説が巷では叫ばれているようだ。それを検討してみます。

というのは、2002年にノーベル経済学賞を受賞した、アメリカ・プリンストン大学心理学教授、プリンストン・カーネマン氏が出した研究成果が大きな影響を与えたのです。

 

彼曰く、7万5000ドル(2016年では780万円、2017年8月現在825万円)以下の人では、年収が上がるにつれて「満足感」や「幸福感」が上昇するのに対して、それ以上の人はその「幸福感」は増大しない、というのです。

http://seikou-road.com/wp-content/uploads/2015/05/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E5%BA%A6%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.jpg

出典:内閣府「平成23年度国民生活選好度調査」 

 

*円とドルの相場変動が要因で、その7万5000ドルの値が上下してしまいますが、日本の物価等々を考慮に入れると、750万がその上限として当てはまるそうです。

 

年収750万になると、手取りが月50万円ほどになるようですね。(新卒なので想像できないですが)、そうなると、家賃・光熱費・食費・社会保障・雑費などなどを差し引いても、3〜5万円は貯金できる余裕が生まれるとのことです。

 

f:id:makoto-endo:20170809124830p:plain

✔︎どうして、750万円で幸福感・満足感が限界値となるのか?!

750万円以上では幸福感を感じられないことが証明され、かつ、

その理由に対して上手く検討ができたら人生のコツみたいなものを掴める気がするんです。(新卒のくせに)

 

①:お金以外のことに興味が湧く!?

心理学者マズローの人間の欲求のピラミッドをご存知でしょうか?! 

http://www.motivation-up.com/images/maslow.gif

出典:http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

 

 

年収750万円になると、出世欲生活の質の向上欲など、

年収が支える欲求というものを満たせるようになるはずです。(新卒のくせに)

 

人間というものは常に不満足で、次のもの・ことを求めて生きています。

だからこそ、お金以外で欲を満たせうる何かを見つけられるかどうかが、

750万円以上の人々の幸せを支えていくんだと思いますね。

 

子どもとテニスを教えて、一緒にテニスしたい。とか、

自分の叶えたかった親孝行旅行をしたい。とかとかとか。

 

こうして金銭的な幸福の上限に達した人々は、

次なる幸せの次元について、自分なりの答えを見つける必要性があるようです!(新卒のくせに)

 

②:資産を守るリスクが生まれる?!

必然的な話、財産を確保した後は、それらを守る使命が発生します。

 

太古の昔から変わっていないように思えます。

弥生時代に稲作が発展して、富を貯蓄する者が現れました。

それは、貧富の差の生まれであったと同時に、富を守る必要性もうまれました。

 

そんな話はさておき、

資産を守るリスクとは、会社に働き続けなければいけない使命はもちろんのこと、そこに派生して生まれる、責任大の仕事を常に受けつけ続けなければなりません。

 

心の余裕が減ってしまう。

 

 資産を守るリスクや責任の背後には、心の余裕の減退があると思うのです。

言うならば、毎日が責任・使命・緊張との格闘ですよね。

 

だからこそ、750万円が幸福度の上限値である説を補強してくれますし、

それ以上の人が幸福感・満足感を感じ続けるためには、心の余裕を広げることこそが鍵となりそうです。

 

例えば、オフの日にはとことんオフする姿勢を貫くことでしょうか。(新卒のくせに)

 

(補足で、人類史上の億万長者の幸福感についても記事にしています↓)

www.makoto-sencho.com

  

✔︎まとめ:

幸福学の権威とも呼ばれるプリンストン大学心理学教授の説をヒックり返すよりも、素直に受け入れること、それに対して自分が何ができるかを考えた方が賢明であるように思えました。

 

上限値750万は、あくまでも金銭面・経済面からの幸福感・満足感であって、

上限値をもらっていれば、最大の幸福感を得ている、というわけではないのでしょう。ただ、金銭的な安全が支えてくれるので、不幸を感じにくいとは言える、そんなはずです。(新卒のくせに)

 

幸福感とは、あくまで総体的なものであって、財的(年収など)・非財的(家族、友達など)の良好な状態が保たれてはじめて気づく、そんなものだと思いますね。

 

年収750万円の数字という金銭的な魔物にとらわれる戦士よりも、

幸せの総体を分解できてオモシロイ。そんな大人に憧れました。

 

 

参考web:

gendai.ismedia.jp

rules-of-success.jp

how-match.jp

 

seikou-road.com

 

スポンサーリンク