しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

まぐろたまごと、ぐろーばるひすとりい

スポンサーリンク

古代ギリシャ人のオリンピックとその起源【オリンピックの本当の意味】

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180203175012p:plain

冬季平昌オリンピックももうすぐ!国ごとの予選を通過した猛者たちの集い。

「将来はオリンピック選手になりたい!!」

「将来はテニスで世界一になりたい!!」

輝かしい若い芽に特大なインスピレーションが生まれる素晴らしい機会!

でも世界最高峰平和の祭典の”ほんと〜〜〜の意味”を知ると見方が変わるよって話をしたい

古代オリンピック抜きに語れない?!

オリンピックにもなが〜〜〜〜〜いヒストリーがあったり。

ヒストリーといっても、ロンドン五輪、北京五輪よりも悠久な歴史の中!

 

古代ギリシャにオリンピックにその『原型』

 

古代ギリシャっていうと・・・・

*地理的にはこんなイメージ!!

(今のギリシャとはまったく違う世界観と世界ですぞ)

f:id:makoto-endo:20180203182621p:plain

出典:http://pietro.music.coocan.jp/storia/storia_grescia2.htmls

 

紀元前9世紀(今から2800年くらい前)の世界では、

ギリシャを中心の都市同盟と、スパルタ(これも地中海の集団)の都市同盟がライバル。

 

いつもいつもいつも戦って血を流す、それが日常。(けっこうやばい)

もうお互いが、ばちばちー。

もし目の前の人が違う言葉を話していれば、「異民族だああ!ゴルォア!」そんな世界。

 

あー怖い怖い。「平和は訪れるのかの〜〜」

 

そんな中、この場所に注目!

その名もオリンピア

(あーせやろ。オリンピックの由来ってどうせここやろ。)

(あたりだ。)

f:id:makoto-endo:20180203210838p:plain

このオリンピアって場所は、ギリシャの神『ゼウス』を祀る祝い行事のところ!

特に古代って宗教行事がものすごく盛ん。体全体を使って表現して、お祈りを捧げてたのでしょう。

 

*古代(2000年以上も前の世界)にはそりゃもちろん、『科学』なんてありゃしない。雨や川の氾濫など、人が手に負えないもの=『神様のお怒りだ・・・沈めなきゃあかん!』そんな世界観だと基本的に理解して良いでしょう。

 

*こんな感じで音楽や運動を全身で表現するギリシャ人

f:id:makoto-endo:20180203185016p:plain

出典:古代オリンピックの驚くべき姿(2) | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

なぜ4年??➡︎むかしのギリシャは太陰暦!(今は太陽暦ですが!)で、8年って大切な周期だったんです。で、「8年って待っていられなくね?!」っていう話がぽつぽつと出てくるようになると、「その半分の4年でやりますかああ!!」ってゆう結論に。

 

実際もっと細やかな議論はあったはずですが、おおまかにこんな感じでしょう。(人間だもの)

 

オリンピック開催の素敵な理由

戦争で血なんか流さないで、スポーツして汗流そうよ

 

これがもともとの”オリンピアの祭典”から転じたオリンピック開催の意味なんですね〜

さっきも書いた通り、時代背景は、いつも戦争状態・緊迫状態。

まともに休めない時期もあったし、夫婦が別れてしまうことも頻繁に。

 

武器なんか置いて、みんな仲良くやろうや。

戦いは本来の俺らのやるべきことじゃねえ

 

こんなこと言えた古代ギリシャ人はほんとーーに素敵。

で武器だった砲丸も、「どのくらい遠く飛ばせるか勝負だ〜〜!!」になったり、

武器だった槍も、「おらの方が遠く飛ばせるだあああ〜〜」になったり、

自慢の戦力(体力)も「位置についてヨーーイどんで、スタートだかんな?!」な感じに・・・

 

これまでの『戦いのアクション』が『スポーツのアクション』になったんです

これが続けばよかったのに・・・・

 

問題はおそらく・・・ギリシャ人だけの参加権利

だった背景とか、ローマ帝国に制服されてからいろんな民族も参加希望するとかで、一気にカオスに。「キリスト教が帝国の国教やあ!!」と強制的に決められて、オリンピアの信仰はもはや無理ゲーに。で、392年に最後のオリンピックが開催されたのでした・・・

 

1500年の年月を経て、ルネッサンスオリンピックの標語のもと、

クーベルタン(フランス人)が「もう一度古代ギリシャのオリンピックがをー!!」

と1892年に悠久の歴史を超えて、アテネでオリンピックが再開催されたんですね

http://www.ssf.or.jp/Portals/0/resources/history/essay/images/e_2_1_1.jpg

もしな、古代のギリシャ人が今に生きているなら・・・

ギリシャ人A「おい前らなにミサイルなんかやっちゃんてんや」

ギリシャ人B「そーやそーや!どーせ人をやっちゃう目的なんやろ?」

ギリシャ人C「ステキな打ち上げ花火あげられたやつが勝ちいい気がするんだが」

ギリシャ人D「それ、ええな。花火ならみんなもたのしみだしなミサイルあかんわー」

 

平昌オリンピックがもうすぐ・・・東京オリンピックももうすぐ・・・

1500年以上も空白の時代を経てることが大切。

古代から受け継ぐほんと〜〜の意味、「みんなが武器を捨ること。」という古代ギリシャ人からのメッセージをもっと察してもいいんじゃないかなあ!そんな気がした話でした!

 

おしまいっ