しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

古代ギリシャのポリスの成立と発展【大学受験解説】

スポンサーリンク

 

海の民が「古代ギリシャ」に滅ぼされ、暗黒時代に突入、ギリシャ人第二波の「ドーリア人」が持ち込む鉄器文明によって、ギリシャ世界がアップデート向かえます

 

関連:古代地中海世界の人々と2つのエーゲ文明(クレタとミケーネ)【大学受験解説】 

  

ポリスができて、すくすく発展

white concrete temple frame near body of water 

新たな古代ギリシア世界に登場するのが「ポリス」

 

今で言う「ギリシャ」はひとつの国家ですが、前8世紀頃の古代ギリシャ世界には、小さな村・町のようなポリス(都市国家)が100〜200ほど散在・乱立してました

 

まさに敵の敵は敵!!^^;

(やらなきゃやられる世界です、怖い怖い)

 

☑️「警察官」の語源のポリス

このポリスから、politics「国家を統治する=政治」、politician「政治家」、police「武装して、国の安全を護る=警察官」がうまれます。警察官(ポリス)を街中でみかけたら、古代ギリシャを思い出しましょう^^

 

このポリス(都市国家)は近所のポリス同士で戦い、打ち負かしたポリスを征服し、服従させ、どんどん大きくなります

 

 

ポリスA「うりゃあ!^^」

ポリスB「敵いませんなあ^^;従いますわ」

 

な感じ!

 

大きくなると、たくさんの人数を抱え、ポリス(都市国家)には、以下の場所・機能の特徴がでてきます

 

  1. 集住(シノイキスモス)
  2. 広場(アゴラ)
  3. 分地(クレーロス)
  4. 城山(アクロポリス)

 

以下の絵で確認できるように、皆が集まって住み(シノイキスモス)、アクロポリス(城山)を中心に拠点を構え、アゴラ(広場)では、古代ギリシャ人がこぞって集まり、集会・政治討論が行われます

 

ãpolis ancient greeceãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

そして周りには田園が広がってますよね〜、分地と呼ばれるクレーロスに、奴隷に農業をさせ、小麦、オリーヴ、果実をポリスの中心へ運ばせることで、ポリスの市民は生活できます 

 

そう、古代ギリシャのポリス社会には、身分によって扱いは違ったんです! 

 

貴族・市民・奴隷が存在しますが、この身分の違いと扱いについては別記事にて扱います

 

スポンサーリンク

 

ポリスがどんどん広まる(植民市)

 

こうした場所・機能のもと、古代ギリシャのポリス社会はますます安定していきます

 

安定するとどうなるか?それは、寿命も伸びるし、人口も増えるということ!じゃあ、人口が増えるとどうなるか?人口が増えると、当然、土地・場所が足りなくなってきます

 

ギリシャ人:「人が多くなってきて、息苦しい世の中になっちまったな、新しい場所でも探しにいくべ^^」

 

と、ギリシャ人は植民活動に進出します!

 

☑️植民活動

世界史を通して、植民活動はよくある出来事です

「民を植える」という字のごとく、あるひとつの国出身の人が別の場所に行き、そこで生活・定住することです。言葉が同じなので、交易も発展させやすく、本土の人にはメリットが大きいのですね(帝国主義の時代には、これが暴走します^^;)

 

以下の地図はチェックして欲しい、大学受験で必須のギリシャ人の植民市5つです

 

  1. マッサリア(今のマルセイユ)
  2. ネアポリス(今のナポリ)
  3. タレントゥム(今のタラント)
  4. ビザンティオン(今のイスタンブル)
  5. ミレトス

 

ãã§ãã­ã¢äººã¨ã®ãªã·ã¢äººã®æ¤æ°ç§»åå°å³

出典:紀元前12-9世紀 フェニキア人とギリシア人の植民移動 地図 - 世界の歴史まっぷ

 

 

☑️「ギリシャ」の由来?

南イタリアの植民市にいるギリシャ人たちは、古代ローマ帝国の先住民「エトルリア人」と交流していたとされます

 

南イタリアのギリシャ人の入植地は「マグナ=グラエキア」と呼ばれ、このグラエキアが、今の英語のGreece、日本語のギリシャになります

 

この植民活動を通して、ギリシャ人たちは自分たちと入植先の人とを区別する必要があり・・・

 

  • ヘレネス(自分たちギリシャ人)
  • バルバロイ(他言語を話す人たち)

 

と、古代ギリシャ語を話す自分たちと、それとは違う言葉を話す人たちを分類するようになります

 

また、地中海を囲む地域に植民市をどんどん作ったギリシャ人は、その時地中海の交易を行っていたフェニキア人と睨み合うことに・・

 

この関係がのちの大戦、ペルシア戦争につながりますが、古代ギリシャ人がアルファベットを作れたのも、フェニキア人のおかげなのです!

 

交易を通じて、ギリシャ人はどんどん富を蓄え、ポリスも大幅に整えられると、強大な二大ポリス、「アテネ」と「スパルタ」が存在感を発揮します

 

古代ギリシャの共通の行事

man walking on gray rocks under yellow sky during daytime

ポリスが多数ある古代ギリシャ世界には、お互いが争い合うライバルでありながらも、共通の文化がありました

 

デルフォイの神託

古代に科学はまだ存在せず、不可解な自然現象や人生の出来事に解釈をあたえるために、お祈りを捧げる習慣が発達します

 

このデルフォイは、山あいにあるポリスのひとつで、アポロン神殿がある場所!

 

このアポロン神殿の巫女の口をかりて、伝えられる神託(神様の予言)は、ギリシャ人にとって真実と尊ばれ、運命を決定づけるものでした

 

地中海世界へと植民へ出発するには勇気がいる・・(いつ溺れて死んでしまうかわからないですからね)

 

そこで、デルフォイにこぞって異なるポリス出身の人が集まり、神託を受けにきて、神託を頼りに、植民がOKがどうかを確かめます

 

植民に出かけようとする人が集まるので、ある意味で情報センターのような機能を持ち、デルフォイの神託が古代ギリシャ人の習慣になります

 

オリンピア競技 

 

時代背景はいつもポリス同士の戦争状態・緊迫状態

 

ギリシャ人A「戦争で血なんか流さないで、スポーツして汗流そうや^^」 

 

ギリシャ人B「武器なんか置いて、みんな仲良くやろうや。戦いは本来の俺らのやるべきことじゃねえお ^^」

 

と、前776年に始まったオリンピア競技会は、「神聖な休戦」とし、ポリス同士の殴り合いはおやすみになりました

 

 

武器の砲丸は、「どのくらい遠く飛ばせるか勝負だ〜〜!!」になり、

武器の槍も、「おらの方が遠く飛ばせるだあああ〜〜」になり、

自慢の戦力(体力)も「位置についてヨーーイどんでスタートだかんな?!」

  

*こんな感じで音楽や運動を全身で表現しました。楽しそう(小並感)

f:id:makoto-endo:20180203185016p:plain

 

関連:オリンピックの起源ってどこだろうか?【オリンピック開催の本当の意味を探る】

 

そして合併・吸収を繰り返してポリス社会は成熟し、数あるポリスの中で、強大なツートップのポリスが台頭してくるのです・・・アテネとスパルタ^^

 

続く