しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

男の嫉妬は強烈?!男が恋愛で嫉妬する理由とその心理的な抑え方!

スポンサーリンク

人間は感情的な動物です。ときにはハートフル。ときにはハートレス。

楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、怖い、しんどい、愉快、とその感情たちは多岐に渡ります。

ただ、1番やっかいな感情と呼ばれるのが、”嫉妬”の感情です。

 

人間は他の人間と関わりをもちながら生活しています。

 

その関わりをもつ中で、他の人間のもの・ことに対して、”いいなぁ”と妬んでしまう瞬間は誰にでもあるはずですよね。

どれだけ、抑えようとしても、自然に湧き出てくる感情ですので、なかなか自分で制御することが難しいものです。

 

中でも、”嫉妬”が1番問題となってくるのが、

人間関係の究極の境地とも言える『恋愛関係』のフィールド。

 

僕自身が男であるため、経験を交えながら、

男の恋愛における嫉妬感情、その原因と抑え方について持論を展開させます

男性と女性の嫉妬感情の違いって?

まず、男性と女性では、恋愛での嫉妬感情の湧き方が違います

 

*恋人(彼氏or彼女)が浮気をしたケース

 ■男性:浮気をした彼女に対して怒り。

■女性:恋人をとった、浮気相手に対して怒り。

統計的にも男女の心理関係の違いからもこのようなことが言えるのです。

”嫉妬”の感情についても同様ですね。

 ■男性:恋人の肉体的な部分への嫉妬心。

■女性:恋人の精神的な部分への嫉妬心。 

もちろん、細かに見れば個人差はありますし、人間は千差万別です。

しかし、恋人が他の異性と肉体関係にあった場合と、恋人が他の異性と互いに心で通じあっているとしたら、どちらに嫉妬心が湧き出てきますか?

 

データに基づけば、前者は男性後者は女性の、恋愛における嫉妬心の傾向です

 

確かにそうかもしれません。

”ヒト”の本能的、生物的な違いが関わってくるらしいです

■男性:自分の遺伝子を残そうとする。

■女性:自分のお腹の中で、命を守る。 

本能的には、オスとしての男性は、

『自分の子孫を残す!!』という使命に駆られてます。

そこで、男性は男性同士、サバンナに生きる動物のごとく、生存競争に生きているのです!

 

女性が他の男性のところへと離れてしまうのは、オスのプライドの破

そこで、男性の嫉妬は、女性を自分のものとし続けたい『独占欲』からくる場合と、そのプライドの保護からくる場合がほとんどなのです。

 

 

男の嫉妬感情はどんな時に湧く?

*自分の経験に引き寄せての考えのため、男性目線での嫉妬感情の抑え方!

 

自分の彼女、好きな人、気になっているいる人に対して、具体的にどんなとき、嫉妬感情が湧いてしまいますか??

 

彼女、好きな人、気になっている人が・・・・

  • 仲のいい男友達と楽しそうに話している時
  • 一緒にいるときに、スマホを見たり、LINEを気にしている時
  • 元カレとの思い出を語りかけてくる時
  • その人の恋バナを持ち寄られる時(最悪)

など、その瞬間はいろんな場面で訪れます

 

男なら、一度は経験したことあるはず!

  • 「あの人(女性)は、今頃なにやっているのかな。楽しそうにしているのかな。」
  • 「自分には興味なくなってしまったのかな、はあぅ・・・・。」

こんな感じにね!

 

*ひどい嫉妬感情に襲われるときには、情緒不安定になってしまい、眠れる夜も眠れず、常時ネガティブになってしまいがちです。強烈、猛烈なストレスと言えるでしょう。 

f:id:makoto-endo:20171209140655p:plain

男の嫉妬感情をどうやってうまく抑える?  

不安で不安で、眠れない日もあるはずなんです。辛いですよね。(経験済み)

「あっ。俺って、『嫉妬感情』湧いてるんや。」と客観的に気づくことができたら御の字

彼女に対してのネガティブな嫉妬感情を抱いていたら、人間関係が破綻しかねないです

 

愛と憎しみは紙一重とはよく言えるもの。

最近まで愛し合っていた仲睦まじい関係が、ひとつの出来事と、それを原因とする激しい嫉妬の出現。

結果として、関係が破滅してしまうことは人類の歴史を振り返っても茶飯事です

 

(歴史をみてみても、こうした気分・気持ちは、自分だけのことでは無いんだ、と気づくこともできるでしょう。多くの男が苦しみ、泣いてました。)

 

では、どうやってその感情とうまくやってゆくことができるのでしょう?

『嫉妬感情』を相手に向けては絶対にいけません。(束縛、尋問など・・超NG)

感情のコントロールは、自分がどのように認識するかによって、可能となるのです。

自分に、自信をつける・・・❤︎ 

彼女や好きな人が自分のもとから離れてしまうのではないか

自分は他の何者かよりも男としての価値が低い。

という事実をを自分自信で認めてしまっているようなもの

広い心と余裕をもって構える寛容さと自分。

彼女を誰よりも笑顔にできるのは、自分。 

 いつも頼りにされ、信頼関係を築いてきた彼女と自分。

自信を持つこと、どしんと構えて待ってあげることが、ひとつの嫉妬感情抑制の方法です

 

冷静になって考えてみましょう。

嫉妬のネガティブ感情を持ち続けても意味がないのです。

それならば、感情を大きなモチベーションとして、”男”としての磨きをかけたらどうでしょうか?(磨き=自信です。)

 

ランニングや筋トレをしてフィジカルを引き締めたり、本や映画を観て、彼女と楽しく話せるようなネタを探して見たりしましょう。ネガティブな感情を抱き続けて、器が小さな男になるよりも、肉体的・精神的にも成長ができるため、とても生産的なのです。

 

 

結果、自分に対する”自信”が湧いてきます

「どうせ他の男なんて大したことねーよ!今の自分が上だな!」

と、自信があれば、奪われる心配や男としての実力不足から生じてしまう『嫉妬感情』の呪縛から脱することができるでしょう

 

彼女を、信じる・・・❤︎ 

『恋愛関係』『究極の信頼関係』と僕は思っています。

 

最終的なゴールが結婚だとしましょう

朝起きる瞬間から、夜の目を閉じる瞬間まで、いつもどんな時も一緒

いつも一緒ということは、絶対的な信頼できる関係が結ばれているのです

 

『信頼』とは、信じて信じられて、頼って頼られること。

相手が誰か他の人を好きになってしまうのではないか。という疑いや束縛。

それは、本来の信頼関係とは、まっっったくの対極にあるのに気づくことでしょう。

 

あくまでも、恋愛関係とは信頼関係の究極形態。

 

確かに、相手が今何をして、誰と一緒にいて、どんな気持ちでいるのか。

というように、気遣いたくなったり、心配したくなりますね。

時には、過度にメッセージを送ったり、電話したりしてしまうもの。(独占欲の塊)

 

でも、相手も自立したひとりの人間であることを忘れないこと!

彼女が友達といるのであれば、友達を大切にするその彼女の性格に惚れましょう

 

ここで少しでも相手を疑ってしまう傾向があるのであれば、

すでに恋愛関係とは言えないのです。(ということを悟るべき!)

 

信頼は、小さなことが少しずつ少しずつ積み重なって出来上がるもの。

一朝一夕には築けません。

もし本当に永遠となる期間で恋愛を視野に入れて関係構築しているのならば、

相手を信頼し続け、目先の嫉妬感情に振り回されてはなりません。

 

『真の恋愛関係』とは『信頼の構築』であることを念頭に置いておけば、

今自分の抱いているネガティブな嫉妬感情は、本当の恋愛関係とは違うんだ。と気づくことができます。

 

相手の行動・言動を尊重することを忘れず、相手との信頼をどうやって築けるのだろうか。

男たるものはこの課題のみに、集中してゆくと良いです。(経験上)

 

 

でも、嫉妬は湧いてしまう。人間だもの。

とはいえ、僕たち人間は『感情の動物』です。

どれだけ理性が働いて、頭のキレる人間でも、感情には勝てないときがあるものです。

 

人を好きになることは試練であり、嬉しい時も、辛い時もあるもの。

ゆるくなりすぎると、マンネリ化と呼ばれ、キツすぎると束縛と呼ばれ、

人間関係の究極のかたちである『恋愛関係』は一筋縄にはいかない。

 

相手を好きになることには、嫉妬は付きものなんです。

『恋愛には、嫉妬感情は必ず訪れる。』と肝に命じておきましょう。

 

大事なのは、その嫉妬感情が心に訪れた時に、『どのように判断・行動できるか』です

嫉妬感情を抱く自分に気づくことが大切になってきます

 

その時に、自信をつけること、相手を信頼すること。を実践してみてください。

きっと、目先の感情にとらわれない、大人な恋愛ができることだと思います。