しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

やる気とモチベーションを上げる『作業興奮』の導き方!【ドーパミン放出】

スポンサーリンク

 こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です

 

最近、やる気出ないなあ。なんか集中できないんだよなー

 

どうしてだろうか。全くモチベーション湧かないや。はあ・・

 

やる気・モチベーションが上がらず、集中力がまっっったく続かない。

 

そんな状況経験してませんか?

 

 

世の中にはいろ〜〜〜んなやる気向上、モチベーションアップの術についての情報が出回っています

 

気づけば、それについて調べてやってみる。しかし、気づけばスマホをいじる片手がそこにあって、全く集中が続かない

 

そんな悩みを抱える人は絶対に多いはず!

 

本記事では、『脳科学』と『やる気』という人間の行動の仕組みを科学的にアプローチした、今知られている+僕が実践している「やる気アップ」のコツを紹介します

 

スポンサーリンク

 

作業興奮を巧みに操ろう

silhouette of road signage during golden hour

『作業興奮』という言葉をご存知でしたか?

 

心理学や脳科学の分野では、当たり前(?)なのかもしれませんが、

 

その字のごとく・・・まずは何も考えずに、やろうと思っていた作業することで、脳がドーパミンを放出し、やる気のない状態でも、作業を進めるうちに不思議とやる気も出てくる状態のことを言うのです・・・!

 

★例★

 勉強がだるくて、だるくて、だるくて仕方がない時。まずは、机に向かってみることを決意します

 

教科書とノートを広げて、シャーペンでカリカリ字を書いていると、思いの外頑張れている自分に気づきます

 

この時こそが、『作業興奮』の発動状態と言えるのです

 

何も考えず、行動する

嫌だな〜めんどくさいな〜だるいな〜。と思ってしまう自分を忘れてください

 

ただただ、何にも考えずに、”作業に取り掛かる”。これを大切に。

 

僕の経験からも言えます

 

確かに、勉強するってめんどうなんです。絶対ゲームとかアニメ見てた方が楽しいんですもん

 

余計なことを考えるからダメなのです。全て取っ払って、”無”の状態にすることです

 

無駄な思考やためらいに操られることなく、まずは目の前のやるべきことに取り掛かって見てください

 

ドーパミンを出しまくれ

あくまで、脳科学的なアプローチから、集中力を発揮するための技です

気合いだ・・!精神論・・・!・・そんな理屈が通らないようなことは書いていません

 

 

人間と言う名である私たちは、同時に、ホモ・サピエンスと言う動物ですよね

 

これには、ヒトという動物の性質をうまく利用する理由があるのです。

 

つまり、作業興奮に至るまでの、作業に取り掛かってから間も無く、『ドーパミン』と呼ばれる神経伝達物質が出てきます

 

 「ドーパミン」とは

喜びや快楽をつかさどる神経伝達物質!

脳内に分泌されると、行動の意欲が高まって自らが進んでもの・ごとに集中することができます

 

*補足*

さらに具体的に、脳の「側坐核」が刺激されると、ドーパミンが分泌されるようです

 

必然的に、”刺激”が必要なわけですが、それこそ行動に移すという作業なのです

 

そして、側坐核が活性化するには、少し時間が必要なため、5〜10分間無心で作業に取り掛かることが重要です

 

 

作業興奮発動の条件?

photo of gray and white clouds

そんな作業興奮ですが、ただ作業に取り掛かってしまえばいい訳ではないのです(厳密に)

 

十分な睡眠で脳神経が休んでいること

睡眠不足の状態では、そもそもエネルギーが不足している状態なのです

 

 いくら取り掛かっても、作業興奮に至るにはとても難しいのです。きちんと寝ましょう

 

適度な運動で脳に刺激が与えられていること

絶対の条件な訳ではないですが、「側坐核」を効率よく刺激するために、軽めのジョギングだったり、ガムを噛むことが良いとされています!

 

特に、即効性があるのは、ガムを噛むことでしょう!ガムを噛んでいたグループが、噛んでいないグループよりも、集中力が高くなった学術研究もあるくらいです!

 

行動が先か感情が先か?

『作業興奮』となえた人は、エミール・クレペリンというドイツの心理学者です

 

人間がやる気・集中力を出すには、感情よりも行動が先!と結論づけました

 

 

やる気ない〜だるい〜めんどくさい〜キツ〜。

そんなのはネガティブな感情にしか過ぎないのです。

 

やる気を出すためには、そんな感情よりも先行して、行動に移すことが大切!

 

そんな『作業興奮』を提唱したのが彼

 

思った以上に、人間はシンプルな頭の作りかもしれませんね

 

やる気を出すためには、どんな感情よりも、どんな大きな目標、どんな大きな収穫よりも、”行動”に移すことの大切さを彼は教えてくれたのでした

 

「無の状態」で行動に移すためのトレーニング、試してみてください!