Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

メンタル的な苦悩からの回復力、『レジリエンス』を鍛える方法とは

人間生きてれば、誰しもが辛いこと・悲しいこと・苦しいことには無限に遭遇します。

だからその分、喜びを噛みしめられる、それが人生なんですが、

 

今回はその鍵となる、『レジリエンス』について、思うことをぶちまけますっ。

『レジリエンス』という言葉を聞いたことはありますか?

 

レジリエンス(resilience)とは一体・・・?
レジリエンス(resilience)とは、社会的ディスアドバンテージや、己に不利な状況において、そういった状況に自身のライフタスクを適応させる個人の能力と定義される 。それら不利な状況やストレスとは、家族、人間関係、健康問題、職場や金銭的な心配事、その他より起こり得る

引用:wikipedia 

 

ざっくりと言えば、心理学の言葉で、疲れた精神の『回復力』や『復活力』のことを言います。「脆弱性 (vulnerability) 」の反対の考えで、『自発的治癒力』と難しく言えば表せます。

f:id:makoto-endo:20170925122544p:plain

 

物理の世界で、ストレスは「外からの歪み」で、それを「跳ね返す力」としてレジリエンスの言葉が使われていました。

 

それが、人間のメンタルの世界に持ち込まれて、「精神的なストレスを跳ね返す力」という風になった経緯もあります。

 

今回は、レジリエンス(resilience)についてとうことで、以下の書籍内容を参考にしました。FacebookのCOOが著者であり、彼女の夫を失った体験からどのように立ち直ったのかが書かれています。そして、彼女の友人でもある、心理学者のアダム・グラント言葉やアドバイスについても書かれている一冊ですっ。

 

 

レジリエンス(resilience)、メンタル的な苦難を乗り越える回復力は、自分でも鍛えられる。ということがこの本の主張です!

 

そして、これら3つのPが、メンタル的な苦難を乗り越えることを妨げると言うのです。

 

■自責化 Personalization

▶︎:文字のごとく、自分自身を責め立てることですねっ。これ、僕にとってはかなりありがちなことでした。何か仕事で失敗して注意された時には、『あ〜なんて自分はダメなんだ・・・うぅう』と、その気持ちが自分の心の中でうごめいていました。


■普遍化 Pervasiveness

▶︎:”普遍”って少し難しい言葉でもありますよね。わかりやすく噛み砕いて言えば、その自分にとって辛い出来事が、その他にも影響を与えて、人生全てがうまく行かないって考えてしまうことです。彼女に浮気されたり、恋愛の調子が悪いことは、必ずしも仕事とは関係はないよと言わんばかりですっ。

 

■永続化 Permanence

▶︎:これ文字のごとく!その辛い出来事とその辛い自分の気持ちがずーーーっと続くんじゃないか。と極度に心配してしまうことです。人間はそもそも、辛いことを忘れるような防御機能を備えています。だから、どれだけ辛い片思いや振られた経験も、時間が経てば復活しますよね。それを想像してみてください。

 

 

まとめると、 この3つのPが極端な人は、

  • 「この最低な出来事は、全部自分のせいだ!」 (自責化)
  • 「何もかも、全てが最低だ!」(普遍化)
  • 「これからもずーーーっと最低だ!」(永続化)

 

どうやって、このレジリエンスを鍛えるのか?!

特に、夏から涼しい秋、寒い冬に向かうにつれ、人肌寂しかったり、どことなく燃え尽きてしまった喪失感のような気持ちを感じやすのではないでしょうか。

 

そんな時にこそ、レジリエンスが試さるのです。そしてそれは鍛えることができるのです。

 

悲しみに向き合うのは、体力づくりに似ている。体を鍛えれば鍛えるほど、心拍数の戻りが早くなる。また特別激しい運動をしている時などに、自分の隠れた力を発見することもある。

立ち直りにもっとも役立ったことの1つは「考え得る最悪の事態が起こっていたら」と想像することだ。恵みに感謝すること自体にも、良い効果がある。感謝できることを数えると、この世の良いことを思い出すから、より幸福で健康になれる。 

 

彼女は、人生の中の喪失とレジリエンスについて強く語っています。

 

喪失・・・つまり仕事や、友達、恋人、そして家族を失うことは、誰のもとにも必ず起こることで、誰しもが向き合わう運命ということを忘れないようすべきとのこと。

 

レジリエンスは心の内奥から生まれ、差し伸べられた助けから生まれる。この世のよいものに感謝することから生まれ、最悪な事態をありのままに受け入れることから生まれる。悲嘆を乗り越える方法を研究することから生まれ、悲嘆を受け入れることからも生まれる。思うように事態をコントロールできないこともあれば、思った以上にコントロールできることもある。

 

ここで言えることは、喪失や失敗などの、苦難や悲しみから立ち直るためには、

その自分にとっての最悪の事態を想定する力と、

今あるその存在に、感謝(ありがとう)の気持ちをもてる感謝力が大切なようです。

 

 

そうすることで、自分の幸せをより感じられるようになり、

その喪失からの悲しみから早く回復できるようになる。ということでした!

 

 

そして、『3P』をどれだけ自分の頭から外せることにもかかっています。

辛い出来事が「自分一人のせいではない、すべてではない、ずっとではない」ことに気づけば、子供も大人も立ち直りが早くなることを、多くの研究が示している。

 

 

PS:

以前の記事に書いた通り、人生はいつも二項対立を行き来しているはずなんです。

出会いもあれば別れもある。結婚もあれば離婚もある。就職もあれば失職もある。

こうした対にあるもの・ごとを彷徨うのが、ヒトの人生であるのです。

 

その時に、反対岸にある風景をどれだけ想像して、今に感謝できるかが、やはり快適に生きるためのコツのようです・・!

 

www.makoto-sencho.com

 

 

スポンサーリンク