しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

国際遠距離恋愛のコツ!!付き合い初めから付き合うまでを語る【時差を乗り越えよ!】

スポンサーリンク

国際結婚カップルは30組に1組と言われている昨今。

LOVEはいつ、どこ、からくるかわかりません。

 

でも「国際恋愛ってどうなの?」「コツってあるの?」

 

そんな疑問に対して答える内容でお送りします。

また、国際恋愛真っ只中って人にも役に立てるような情報も盛り込みます!

 

 

▶︎:国際恋愛の実態については以下の記事をご参照ください

www.madameriri.com

 

*けっこう広い一般的な視野(遠距離恋愛・国際恋愛)から伝えたいので、

相手がどこの国っていうと価値観の限定感はんぱないので控えます。 

f:id:makoto-endo:20170810150252p:plain

✔︎①:どこで知り合えた?!

まずお互いの接点はどこなんだ?!っていうところから語っていきましょう。

 

僕は、大学生活を通して、半分近くが留学生の寮に住んでいて、

色々なバックグラウンドが違いすぎる人たちと接することにハマってたんです。

 

やっぱり育ちとか違ってくるとギャップが面白いんですよね。

そんなことは今回どうでもいい〜〜〜〜んですねっ。

 

んで、もっともっと海外の人・ことを知りたいって思ったんです!

その勢いで使っていたのがJapan-Guide(ジャパンガイド)っていうサイト!

 

かなり老舗で大手のサイトなんです。

日本について、歴史から観光、食べ物まで、海外の人向けの情報が詰まってます。

 

そこのペンパル・フレンドのページですね。

チャチャッとプロフィール書いて、 登録を完了させておくんです。

 

 

ここのペンパル・フレンドの掲示板では、主に言語交換・言語学習のパートナーを探したり、旅行先で現地の友達を募集したりと使い用途はその人次第って具合でした。

 

私はかなり真面目に、大学で何を勉強しているか、ってことと、日本語の勉強を手伝えたら手伝いますっみたいなことくらいのみの情報提示でした。

 

すると意外にも、地球の反対側の国とかmご近所の国の人たちから「お話しよう!」と優しいメッセージが届くようになりました。

 

↓こんな感じ〜!↓

f:id:makoto-endo:20170810154911p:plain

 

日本のことからその国々ことなどについて、いろんな国の人とやりとりできる。

それだけで楽しいです!興味ある人はぜひのぞいてみましょう。

 

次第に、たくさんのメッセージの中から恋愛まで進むことになってくるのです。 

 

まず、初めて連絡を取るところから初めて出会うまでのポイントを明記しておきます

言葉の壁をぶち壊せ! 

国際恋愛・国際結婚の1番のハードルになってしまう懸念。言語の違い。

真面目に答えましょう。

 

ずばり、どちらかが相手の言語はすでにできていた方がいいです。

 

言語パートナーで、勉強や会話を手伝うことができますが、

結局、それを覚えるのは机の上やパソコンの前ですよね。

 

好きな人ができつつも、密かに机でカリカリ勉強。これを忘れずに

 

それを逆手に取ると、その人が話す言葉を一生懸命勉強してやろう!

一生懸命思いをできるだけ伝えてやろう!ってモチベーションもばか跳ね上がります。受験なんて比じゃありません。

  

外国語習得の一番の近道は恋愛。これは間違ってません。

外国語習得をなしに恋愛は成就しない。これも間違いではないのです。

 

 覚悟した上で、勉強もしながら恋愛に真摯に向き合いましょう。

不器用なコミュニケーションだったり、ぎこちなさを受け入れてもらえるんです。

言葉の壁がぶち壊れる瞬間って必ず訪れるんです。

 

  

*僕のケースは幸運なことに、相手は日本語を勉強してました。

僕も英語を勉強していたので、会話は両方混じりのカオスチックでした。

でも8:2で英語:日本語くらいだったかな!

f:id:makoto-endo:20170810202007p:plain

他にも知り合える場所はたくさん!

実際にアクションに移す勇気があれば機会は無限大です!

 

  • バー・クラブ!

➡︎定番?なのでしょうか。人が込み入ってるところでも抵抗ないって人はオススメですね。特に、女性であればナンパ目的の男性が多いことは否めない。

 

注意しながら、良い出会いがあれば逃さないようにしましょう!

コツはテンションとノリの維持です。合わなければやめましょう。

 

  • 英会話教室・大学!

➡︎僕ももともと大学の寮に住んでて、国際交流は頻繁にありました。

特に大学では、交換留学生がたくさん!同年代の国際交流ができます!

日本中に英会話教室、最近では英会話カフェみたいな面白いタイプの外国語学習機会があります!

 

出会いはあることでしょう。接触回数が多ければ多いほど、親密になれるデータもありますから。出会いの場所としては申し分ないでしょう。

 

  •  旅行先のホステル・ゲストハウス!

➡︎旅行先ほど、色々な人に出会える機会はないと思います!

特に、海外へバックパックで出かけた時は、思いがけない出会いがあります。

 

しかも、お互いが見知らぬ土地にいるため、不安です。

ですので、一つのきっかけで仲良くなれる可能性はとても大きいですね。

そのまま意気投合して、飲みに・・・なんて話はよくあることです。

 

 

f:id:makoto-endo:20170811105456p:plain

 

 ✔︎②:どうやって付き合えたのか?!

どんな恋愛でも初々しい頃のメッセージのやりとりがあります。

 

たわいもない毎日の会話から、ちょっと真剣な将来の話。

また、過去の恋愛の話などなど。

 

典型的なそれでした。

というわけで、仲良くなってくプロセスについてはお察しください。

 

しかし、今回伝えたいのは「遠距離恋愛」であるということ。

 ✔︎時間の差をぶち壊せ! 

どちらかの国で出会って、そのまま永住することがなければ、

お互いの国同士の時間の差問題に直面します。

 

アジアの国はだいたい1〜3時間とまだ可愛い。

地球の反対側となると13時間と鬼の時差。

 

時差が違うと生活のタイミング(おはようからおやすみまで)違ってくることを意味します。なので時差にあった気遣いの恋愛が求められてきます。

 

  •  例:僕のケースはヨーロッパ(時差7時間)なので

朝起きる頃(おはよう)に、あちらがは夜の寝る頃(おやすみ)でした。

 

*7時間差でなるべく気をつけていたことは、朝7時に起きるように頑張っていたこと!

 あちら側がちょうど寝る前の夜12時にメッセージやSkypeで連絡を取ることができるからです。

 ✔︎結局、個人と個人の付き合いよね

国際恋愛で、恋人の国柄・文化を受け入れる姿勢はもちろん大切!

しかし、それ以上に、恋愛は個人と個人の信頼関係です。

 

国柄が先入観・偏見になってしまうのは少し危険でしょう。

なぜなら国柄自体が恋人の性格を形作っている訳では必ずしもないからです。

 

その際は、国柄や都市伝説的な国民性など一切を排除して、

相手の性格を真摯に受け止めて、お互いの理解を深めること。

 

それが信頼関係を築くのに大切だったのです。

f:id:makoto-endo:20170811105403p:plain

 

✔︎③:国際恋愛(国際遠距離恋愛)に向いてるタイプは?!

国際恋愛に向いている(いそうな?)タイプを考えてみます

 

 ◆:好奇心たっぷりな人

男性・女性問わず、好奇心旺盛な人は国際恋愛を楽しむことができるでしょう。言わずもがな、相手となる人は、国・食べもの・教育・文化などなど、全てのバックグラウンドが異なるからです。

 

その『違ったもの』『新しいもの』に純粋に興味をもち、認められるかどうかが好奇心にかかっているのだと思います。

 

ですので、我こそは好奇心旺盛や!!って人はじゃんじゃん新しい世界の人たちと出会ってみるとこれまで想像してなかったおもしろい関係が芽生えるかもしれませんよ!

 

 

◆:自律できて自立できる人!

国家単位での遠距離ですから、一緒に入れない時間はとにかく続きます。これでもかってほど続きます。

 

相手のスケジュールや時間の差を考慮しないで連絡を執拗に取ろうとしたりするなど、依存的なタイプはあまり合わないかもしれません。

 

程よい時間感覚の連絡と距離を楽しめて、相手を信じること。それさえできれば大丈夫です!

 

 

◆:言語対応できる人!

これがなければ、愛は芽生えません。絶対必須です!

 

どちらかが相手の第一言語を勉強し続けられ、教え続けられる覚悟のある人は向いてますね。

 

お互いの第二言語としての英語も、初期の恋愛発展には申し分ないです。

しかし100%の気持ちはどうしても伝えられないという、最大の問題を抱えてしまうのです。

 

 

お互いの100%な意思疎通なしにして、愛情はありません。

愛情に熱く、勉強に冷静なタイプが向いていると言えるでしょう。

 

 

◆:好きになった人が好きなタイプって人

これは言うべきかな〜と思って。 LOVEなんて、いつ、どこから訪れるなんて誰もわからなんです。絶対あの国のイケメン男性!とか、絶対あの国の美女!とか、そんな感じでいろんな意味で、狭めちゃってると、人間的にも寂しい。

  

そして、空回りしてしまうでしょう。来るもの拒まず、そんな姿勢で誰とでも仲良くできる人。

 

最終的に好きになった人が、その国の出身だった。

そんな風に思える人こそ、国際恋愛に向いてると言えるでしょう。