しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

『4月病』への対策と心構え!燃え尽きてしまった時に考えたいこと

スポンサーリンク

花粉症の次に怖いこの病気、4月病

 

5月病と比較して、この4月病について聞き馴染みのある方は少ないかもれません

 

その言葉の説明を・・・! 

4月病ってなーに?

心機一転、4月に特有の新たな環境(職場、学校など)において、その人がもつ能力以上に頑張りすぎたり、期待しすぎたり、意気込みをしすぎたりしてしまうこと

 f:id:makoto-endo:20160316231219p:plain

 

正式な病気というわけでは無いものの、(中二病と同じ類か)

『4月病』はやっかいで、人間的な病気とされるのです

 

5月病・4月病のように、人間は他人と共有できる『症状』に名前をつけたがるのですね〜。4月病の名前と症状を認識してしまうと、潜在的に思い込んでしまうがため、実際に4月病の感覚陥ってしまうということがあります。 

 

なぜなのか、一般に4月病は、新大学生の症状として理解されているのです。

おそらく、受験勉強の呪縛から解き放たれ、サークル、恋愛、一人暮らしなどのきらびやかな大学生活に対してかなりかなりの期待が高まるからでしょうか。

 

結果、過度に期待が高まっていわゆる”躁状態”におちいりすいのです。

 

新たな生活に向け準備し、意気込むこと自体は素晴らしい姿勢です。

しかし期待しすぎた自分と、自分のキャパシティを超えてまでの頑張りが4月病の症状なのです。

さらに危惧しなければいけないのは、次に説明する副作用的な症状なのです!

 

思い描く華やかな理想と目の前の現実とのギャップ 

 

4月病に併発する引き金となるそうです.....(こわいこわいこわい)

例えば・・・

  • 新しい環境で友達をたくさん作ろうと意気込んで実際につくることができた。が、むしろ関係が広がりすぎて薄く広い関係にとどまってしまった。
  • 新たな土地での生活環境を徹底的に調べて、今の生活より間違いなく質が向上すると意気込んで期待を高めていた。が、思い描いた場所と違っていた。(なんか違う感)
  • 新生活にむけて心機一転、新しい趣味や習い事などの自分磨きを必要以上に手を出し始め、始まりは充実かのようであった。が、実際には”充実させなければ!”という義務感と強迫観念に動機はうらづけられてた。好きでもなくつづけるはめとなり最終的にパンクする。

 

待値を高めすぎた結果(4月病)、実際の現実との差で精神がまいってしまう問題なのです。

 

 *「新卒」や「新大学生」現実と理想のギャップで辞めたいと思いがち。

以下の記事を読んで事例を参考にしてみてください 

www.makoto-sencho.com

 

www.makoto-sencho.com

 

俺的『四月病』対策!

 

では、俺的『四月病』の対策を伝授します

 

最悪のケースを想像して期待値をガクッと下げておく!

➡︎期待を高めすぎるよりも、期待を下げすぎるくらいがいいんですね。現実とのギャップが少なくなるので。「精神的ダメージは響かんぜ!」という荒療治です。

 

現状報告できる友だち家族などと連絡を保つ

 

  ➡︎:自分のことをよく知る誰かと連絡をとって新しい生活の現状を打ち明けること。これができると本当の自分を見失わなくなります。

 

意気込みが高まりすぎると頑張り過ぎてしまいがち。家族、友だちと相談をすれば、客観的に自分がやっていること・やろうとしてることを見つめ直すことができます。

 

冷静な考え方を持てるようになって、過度な頑張りを防ぐことができるのです!

  

以上、4月病の対策を書きました。参考にしてくださいね