しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

成功する人はなぜ 「やる気」を持ち続けられるのか? やる気の歴史を探って見るよ

スポンサーリンク

『やる気』って、生きている間ず〜〜〜っと、上がったり下がったりを繰り返すやっかいな感情。やる気100とやる気0の状態なんて、誰しも生きていれば幾度なく経験しているはず

 

そもそも『やる気』ってなんやねん!ってところから『やる気』を持ち続けるコツまで、「おもしろい」発想をもらったので著書の紹介と思うことをひたすらに書きます

『成功する人はなぜやる気を持ち続けられるのか』

 成功する人はに『やる気』が常にあるという前提!

ものごとに対する『やる気』無しにして成功はありえない!というわけ

 

で、『やる気』ってそもそもなんやねんってところだけれども、

この本では『やる気』を長い歴史の文脈から、3つに分けてました

恐怖の『やる気』

権力や暴力で「殺される」「食べ物がなくなる」「痛い」といった生理的な危機が『やる気」の第一段階である。

『火事場の馬鹿力』・『背水の陣』的な!「追い詰められて後に引けない!!!」って状態が人のやる気の起爆剤になるってことですよね〜

 

本では、「生理的な危機」と書かれてるので、本当に命が危ぶまれると人間は必死に『やる気』になるわけです。世界史の中でも、中世ヨーロッパでは、冷蔵庫なんて無かったので、必死に食べ物を生み出し続けて、食べられる毎日を続けるのに必死だったことでしょう。

 

これも恐怖の『やる気』の感覚!

 

でも今の時代に生きてる人は、生理的な危機は滅多に感じることはない・・・

恵まれた時代な一方で、恐怖からの『やる気』に鈍感になった時代かもですね

報酬の『やる気』

貨幣の発明によって、食物を得るためにお金が必要になり、お金を得るために働くことになった。金銭という報酬が『やる気』になって、人々は活動するようになった。

 

食べ物を食べ続けて、己の生命の安全を守るための『やる気』の時代が終わります

で、『お金』が発明されてからは、食べ物を買うための『お金』を求める『やる気』に変わったんですね

 

報酬の『やる気』と本書では書かれてますが、

この『やる気』はず〜〜〜〜っと最近の時代まで続きます

 

心の満足の『やる気』

『やりがい』は最近重視される傾向ですね

『好きなことで生きる』はまさに典型で、もはや地位とかお金に寄らない『やる気』を求める時代になりました。本書では・・・・

「やり甲斐」や「生き甲斐」という言葉が重要視されており、「好きなことをして生きていきたい」という人が増えている。「自分の心を満足させたい」ということが『やる気」になっており、収入、地位、名誉というものが第一の『やる気』ではないケースも多くなった

これって、食べるのに困る時代ではない!!ってことを意味してます

イギリス産業革命から、めちゃくちゃに生産性が上がって、食べ物がなくなることを恐れて『やる気』を出す時代が移り変わったってこと!

『やる気』は時代によって変わり続ける

恐怖・報酬・心の満足と、時代によって変わる『やる気』の歴史は斬新ですね

時代の変化とともに、やる気の変化が現れます

 

*これって時代とマズローの欲求階層と照らし合わせることができるんです

安全(=恐怖のやる気)の時代から、自己実現(=心の満足のやる気)の時代へ、という感じに。

 

ããºã­ã¼ã®æ¬²æ±5段é説

 

 

アラブ世界の大歴史家、あのイブン・ハルドゥーンも、

歴史の目的は、その法則性の発見にある。

f:id:makoto-endo:20180512130010p:plain

 

と残しています。これからも、やる気のかたちは変わるかもしれませんね

自己実現のやる気から、次はどんなかたちに変化するのでしょうか・・・

 

もしかすると、恐怖のやる気に原点回帰するかもですし、

もしかすると、そもそもの自己実現を疑う哲学に発展するかもしれません

 

少なくとも、今の時代の『やる気』は、

自己実現(心の満足)にこそ内在するので、心の満足の追究を極めてるとよさそうです