しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

RPG好きならチェスキークルムロフ行っとけ!勇者になれる村!

スポンサーリンク

RPG感覚で、ちっちゃな世界のワールドマップをぷらぷらしたストーリー。

その中の・・・・心が動いたとある小さな村との出会いの巻って感じ!

チェスキークルムロフがだいすきーだ

チェスキークルムロフと聞いて、どこの国のどの村やねん!そんなはず。

(ひっひっ・・名前の響だけは中二病チックでええな)

 

ま、この小さな村は、東ヨーロッパのチェコ共和国に位置!

 

チェコっていえば、黄金の街プラハを思い浮かべるでしょう真っ先に。

カレル橋、聖ヴィート大聖堂、プラハ城など、独特な見所がもりだくさん。

そりゃそう。1年に10万人もの日本人がプラハに行くらしい!

この数字は、日本大学のすべての人数とおんなじだそうだ。

 

 で、 チェスキークルムロフはこんなところ!

(歴史的な概説ネタもいいけど、行った感想をダイレクトに綴りたい!)

(注*ディズニーなんちゃらではないお!)

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/10/aa/59/dc/map-of-the-town-of-cesky.jpg

 

撮影日2016年2月(若干編集あり!)

https://www.instagram.com/p/BcwF_YZHo9x/

 

小さな茶色いレンガ造りの家たちと、村の中心的シンボル、クルムロフ城の織り成す世界観。

 

中世の面影がそっくりそのまま残ってるタイムスリップ感。

中世といってもね、時間軸と空間軸が違うから、非日常感がはんぱない!

(小難しいけど、日本人だからこそ、おもしれぇぇ!ってこと!)

 

しかも中世というと、1000年以上も前!日本とチェコが繋がりもしなかったとき。 

日本の鎌倉時代のときとおんなじ時期に、チェコの小さな村ではこんなトキが流れてたんですね!〜

 

行った時は、真冬のチェコだったんで、こんな風に茶色の屋根の上に、

シュガーパウダー的な雪がさらふわ〜〜〜っと!幻想的。

f:id:makoto-endo:20160312233936j:image

 

ちょっと川のほとりを歩いてみれば、時間ストップウォッチを押されたかのような、

ゆ〜〜〜〜ったりと流れる時間と小川。ここで買いたてのパンをほおばる。はい最高。

f:id:makoto-endo:20160312234132j:image

 

ソードが150ゴールド、シールドが300ゴールドで販売されていそうな、そんな商店のひょこんとしたたたずまいがとても魅力的。入ったときに「ダッダッダッ」という効果音が聞こえてきそうだった。(いや脳内で出してた)入ったらおもわず、おすすめのソードを買ってしまいそう。そんな場所だった 。

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/05/46/23/5e/cesky-krumlov.jpg

出典:Souvenir shops Downtown Cesky Krumlov - Picture of Historic Center of Cesky Krumlov, Cesky Krumlov - TripAdvisor

 

夏のぽかぽかシーズンはこんな世界〜〜。まるでディズニー的な夢の国やああ!!ってレビューしてもいいんだけど、そんなもんじゃない、ほんとにリアルガチのRPG的世界だなって感じた!

http://www.hankyu-travel.com/attending/heritage/czech/images/EBP10-11134A.jpg

出典:http://www.hankyu-travel.com/heritage/czech/ceskykrumlov.php

 

ちょこっと角度ずらすとこんな!おそらくクルフロフ城の別の展望台だろう!(残ってなかったので写真はお借りした!)王様・貴族もこの所から手を振ってキャキャーだったんだろうなーってあるあるな回想しながら、パンちぎってたのはよき思い出。

https://t-ec.bstatic.com/data/xphoto/max1024x768/536/5365701.jpg

ドラクエ世代へ

等身大のリアルドラゴンクエストをするならまずここが最初の村、チェスキークルムロフ。

まるで〜〜とかそうゆう表現してもし尽くせないほど、マジドラクエワールド。

 

小さな商店からパン屋から宿まで、ゴールド決済な予感のする村

 

そこら歩く村人Aに話しかければ、上に吹き出しがでてきそうな予感のする村

 

おなじ旅人と小さなバーでグラスいっぱいのビールで冒険の話を共有できる村

 

朝の日の出は魔物退治の冒険の合図。

 

夕方の日没は魔物が凶暴化するため休息の合図。

 

異世界や非日常なんて言葉で形容できないこの村に、またいつか必ず戻ってきたい!

ルーラを覚えておくべきだった。後悔後悔。