Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

昔は、パイナップルは超超超高級品?!【王女様御用達の食材】

の中には、高級と呼ばれる食べ物、庶民の食べ物、

と呼ばれるものが存在していました。(いや、今もか?!)

 

今となっては、スーパーや八百屋さんで、ごろごろ転がっているものも、

昔では、喉から手が出るほど欲しい食べ物だったのかもしれません。

 

例えば、

 

パイナップル!!

 

時々、より酸っぱく、時々より甘く、そんなお手軽なトロピカルフルーツ。

今から500年前は、超超超超超高級フルーツということをしっていましたか?

f:id:makoto-endo:20171114100601p:plain

 

パイナップルの発見!!!!

今からおよそ500年くらい前の、大航海時代!

コロンブス(コロンブスの卵とかで有名?)の第2次探検隊が、西インド諸島で発見!これが、1493年の出来事!

f:id:makoto-endo:20171114105657p:plain

 

西インド諸島って言われても、僕たち日本人にとっては、具体的に地図が思う浮かばんってところ。俗に言う、カリブの海賊とかカリブ海で有名なあのあたりなのです!

 

*具体的には、今の地図で、”グアダルーペ”と言う島国なのです。

カリブ海諸国は、日本のほぼ正反対、行く機会はほとんど無いですよね。。。

でも、スーパーに並ぶパイナップルはここにルーツがあるんです!

f:id:makoto-endo:20171114110048p:plain

超超超高級品の実態!

コロンブスの冒険隊が見つけた時よりも前、

すでに、グアダルーペに住んでいた人たちは、”贅沢品”とか”至高の果物”

と、このような名前で崇めていたことが伝えられています。

f:id:makoto-endo:20171114111900p:plain

 

大航海時代から、植民地開拓をめがけて、アメリカ大陸へやってきた人々にとっては、

この果物が、今まで経験したことの無いほど、驚きに値するほど、甘〜く、誰もが欲しいものでした。そして、その大航海へと掻き立てる、好奇心・冒険心の象徴にもなっていたのです。

 

なぜなら、ヨーロッパでは、天気・気候の関係で、栽培は当時は無理です。

この時には、冷蔵庫なんて存在するわけないので、保存もできません。

 

冒険家たちが、パイナップルを船に積んで、大海原を横断して、持ち運ぶほかありませんでした。到着したパイナップルはまた次の冒険へと掻き立てる連鎖が続きます。

 

カリブ海からの旅路は容易なものでなく、パイナップルの積み荷は暑さや湿気で腐ってしまうことも多くあり、完璧な状態で持ち運ぶことはほとんど困難とさえ言われていました。これがさらに値段を跳ね上げたわけです・・・

 

この宝石級の美味しさは瞬く間に、ヨーロッパ各地へ噂が広まるわけですが、

しかし、ものの値段は、”需要”と”供給”によって決められるもの・・・・・

 

大海を渡って到着するパイナップルはごくごく少数、

一方で、この味を求める人々は、超超超大人数

パイナップルの価値は、とてつもなく高かったのは、言うまでもないでしょう。

 

*パイナップル1つで、馬車が買えるくらいでした。いや、やばすぎ!

 

当時の農民などの庶民は、口にするなんてできなかった果物なのですね。

いやあ、恐ろしい。

 

王室御用達のシンボルにまでもなってしまう。

パイナップルの価値の絶頂期、王室の御用達の果物にもなってしまいます。

 

それはそうですよね、1番よいとされる食べ物は、王様の元へ当時運ばれます。

なぜならば、王様が倒れては、国が滅んでしまうからという。(だからってパイナップル・・・?)

 

例えば、イギリスのチャールズ2世(1630-1685)なんかは、

パイナップルをかなり愛でていた王様として知られています。

f:id:makoto-endo:20171114113527p:plain

 

パイナップルは富や権力のシンボルとなって、

王室の窓や壺のモチーフにもなり、貴族たちの晩餐会にはパイナップルがテーブルの中心に置かれる程でした。このようにして、みんなが欲しぃぃ!!!と思うものが希少なほど、その価値が爆発的に上がり、王様の権力の象徴となるのは、グローバルヒストリーあるあるかもしれません。

 

栽培栽培!温室栽培!

近世に移る頃、オランダで初めて温室のパイナップル栽培が可能となりました!

トロピカルフルーツであるパイナップルの特徴や育成条件をマスターしたのです。

 

また、同時に東南アジア諸国への植民地化も進んでゆくわけですが、

当然、天然のパイナップル栽培に挑むわけで、そこに植え付けるわけです。

 

そうすると、フィリピンでも、マレーシアでも、インドネシアでも育つことがわかる!

結果的に、地球上のパイナップルの供給の数は爆発的に伸び、

相対的に、価値が下がってしまい、王室のシンボルとしてアホらしくなってくるわけです。

 

かつてのパイナップルの絶頂期の栄光は薄れ、

庶民の手にも渡り、もちろん日本にもオランダによってパイナップルが渡ってきます。

今現在となっては、日本にあるパイナップルのほとんどは、東南アジアの国々からやってきますし、

むしろ彼らのおかげで、手軽なフルーツとして、かつての王室御用達の超超超高級品を味わえているわけなのですね。

f:id:makoto-endo:20171114115450p:plain

ものの価値とはなんぞや・・・!?

ここで、究極の問いが浮上してくるはず。

 

ものの価値って、誰が、どのように決めてしまうのでしょうか。

 

僕は、単純に値段だけでは測れないものがあります。(今の文脈で、特に食べ物)

なにも、出回っている数が少ないからとか、手間がやたらかかっているとか、

そういった理由はもちろん”数字”を跳ね上げます。

 

しかし、純粋に、ピュアに、自分の舌が喜ぶ食べ物こそ、

価値のある食べ物かもしれません。

 

他の例をあげるならば、中世の頃、白い小麦のパンも超超超高級品でした。

今となっては、朝家を飛び出て、ダッシュしながら、口にくわえられるものかもしれません。

100円で手に入る白い食パンもなんだかんだ、超美味しいと思います。

値段は、価値を下げ、食べる価値もあまりないんじゃないかと錯覚しがちですが、

歴史を遡って見れば、みんなが喉から手が出るほど、欲しかったものですし、

大量生産が可能になったにも関わらず、美味しさは健在なのです。

 

むしろ、歴史の中にいると自分を錯覚させることで、

希少な食べ物にありつける、至福の贅沢を嗜む錯覚も同時に可能だったりするのです。(変人)

 

参考URL:

www.levins.com

 

スポンサーリンク