しぇあ・ざ・わ〜るど

THE SIMPLICITY

最小支出の最大幸福をめざすブログ

「コーンフレークで太る!」には原因あり!?【甘く高カロリーなコーンフレークとの付き合い方と甘くないコーンフレーク】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。大学生の頃から朝はコーンフレークなどシリアル系食品をバリボリ食べ続けて数年が経ちました。美味しいですよね・・・

コーンフレークで太ったんだけど!!やってしまったんだけど!

大学生の頃からアマゾンヘビーユーザーの僕。本記事では「コーンフレークは太るのかどうなのか?」という疑問に答えていきます😌 

 

*まだアマゾンの会員ではない方はこちらからどうぞ。無料体験も実施中です

アマゾンプライムの会員登録・無料体験へ

スポンサーリンク

 

 

はじめに:コーンフレークとはなんなのか?!

corn on teal surface

「コーンフレーク」 と聞いてどのようなものを思い浮かべますか?あの有名なトラさんのコーンフレークを思い浮かべますかね?

 

これ↓ ↓ (この素朴な味が大好きすぎ)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by みんた・じ・えんど (@min3_mon3) on

 

☑️「コーンフレーク」とは?

名前の通り、コーン(とうもろこし)が主原料のシリアルの一種。

乾燥したとうもろこしを挽いたもの(コーンミール)に、砂糖・水飴・食塩+水を加えて練る→蒸気で蒸し煮する→ローラ機械の圧力でつぶす→乾燥させる・・完成。

 

とあるように、基本的には

 

とうもろこし🌽

 

を合わせて焼き上げた食べ物なんですね

 

スーパーで売ってるコーンフレークはもちろんすでに「焼き上げた」コーンフレークです。甘〜〜〜い味が美味しいですよね

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Showchick Run (@showchick.run) on

 

スポンサーリンク

 

コーンフレークはカロリーも糖も多い!?

さああ・・ここからがポイントですよ

 

なぜコーンフレークで太ってしまうのか?

を真剣に考えてみます

 

コーンフレークの【栄養成分表示】は30g単位で書かれてることが多く、そのカロリーは248kcalになります

 

*ちなみに【栄養成分表示】はこちら↓ ↓

 

f:id:makoto-endo:20200927131114p:plain

出典:Amazon

 

 

コーンフロスティの成分はこちら↓

コーングリッツ(非遺伝子組換え)、砂糖、麦芽エキス、食塩、ぶどう糖果糖液糖 / ビタミンC、ナイアシン、鉄、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤(大豆由来)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、酸味料、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

 

表示は多く含まれている順番に書かれており、なーーんと2番目に砂糖がきてます。30gあたりのカロリーの多さも結構納得ですよね

 

結論:コーンフレークで太りたくないなら食べ過ぎるべきでない

とうわけで「何事もほどほどに」 です

 

アリストテレスも「中庸」の言葉を残してくれてます 

  • 簡単にすぐ食べられる
  • 食べてもすぐに空腹感が満たされない
  • うまい!うま過ぎる!

は十分わかりますが、だからと言って食べ過ぎはやはり体によくないです 

 

僕が思うに、コーンフレークで太らないための秘訣は以下の3つでしょう

  • コーンフレークを食べるタイミングを決めておく(朝・昼・おやつなど)
  • コーンフレークを食べる量を決めておく(1食につき100gなど)
  • コーンフレークと一緒に食べるものを決めておく(バナナやサラダなど)

これらマイルール(いつ食べる?・どのくらい食べる?・何と食べる?)をガッチリ決めることです

 

「自分に甘い方だなあ。欲に弱いなあ」という人は、冷蔵庫やスマホなり「いつでもリマインドできる所」にマイルールを残しておくのもおすすめです😌

   

これを決めてなかった僕は「手を突っ込んでボリボリ食べる癖」で、普通に朝食も食べてました

 

そりゃあこれだけカロリーも多く甘ければ太りますよね爆

 

「だらだら食べてしまう」は僕のコーンフレーク太りの一番の原因でした

 

「このままじゃあやばいなあ・・・」と思いつつ、上記ルールを決めて自分に課しました

 

やっぱり「たかがコーンフレーク、されどコーンフレーク」といったところですね〜笑

 

ヘルシーで太りにくいコーンフレークを選ぼう

bouquet of pink flowers on top of bed

そこで、コーンフレークで太ってしまった僕が「なるべく太りにくいコーンフレーク」を紹介します

 

とはいえ、どれも箱ごと注文して食べてきて「こりゃあうめえわ」と感じたコーンフレークで味は保証します

 

最近は糖質制限をかな〜り心がけて「糖質OFF」のコーンフレークを選ぶようにしています

 

「自分に合うコーンフレークは何だろうか?」を考えつつ参考にしてもらえると幸いです😉

 

①:オールブラン ブランフレーク

「腸が変わる。毎日が変わる」ってキャッチーなフレーズですよね。

 

オールブランのコーンフレークはノーマルのコーンフレークよりも”茶色”なのが特徴です。

 

全粒小麦を使ってるので、ノーマルタイプよりも低糖質。血糖値の急上昇をおさえられ、ダイエットにむいてるといえるでしょう!

 

僕はよくこのオールブランにミックスナッツをトッピングして、牛乳をひたして食べてます☺️とてもシンプルで素朴な味で美味しいですよ〜〜!!

  • 味:★★★★★
  • 栄養:★★★★☆
  • コスパ:★★★☆☆
 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by tang_ray (@tang_ray) on

 

②:ケロッグ 玄米フレーク

上で紹介した、ブランフレークよりもさらに甘さが抑えられています。もっと甘み(砂糖)を減らしたライフスタイルの追求ならこれ一択ですかね。

 

同時に厚みも半分くらいなので、そのままでももち論食べられます。

 

でもやっぱり牛乳に浸してもしんなりと美味しいので、オールラウンダーのコーンフレークとったところでしょう。

 

  • 味:★★★☆☆
  • 栄養:★★★★★
  • コスパ:★★★☆☆
 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by @daietter365 on

 

③:ケロッグ 甘くない コーンフレーク

 

甘くなく、薄くて、ザクザクのコーンフレーク。

 

固め食感のコーンフレーク好きなら絶対に気にいるコーンフレークタイプでしょう。

 

確かに甘さは抑えめなので、フルグラやナッツ、ジャムなどのトッピングを足してもいいかもですね。

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by ベッカライ ウラノ (@backerei_urano) on

 

スポンサーリンク

 

まとめ:僕は「食べ過ぎ」から学んだんだ

僕には「コーンフレークの袋に手を突っ込んでボリボリ食べる癖」がありました

 

気づけば、朝食後(ご飯と味噌汁とおかずを食べたのに)にコーンフレーク。帰った後にコーンフレーク。夕食後にコーンフレーク。ゲームしながらコーンフレーク、なんて生活をおくってました

 

当然体重も2〜3kgの増加。原因は「コーンフレークの食べ過ぎ」です

 

「あーやべーな。どうにかしなきゃ」

 

って悟り開き食生活の改善に動き出しました。・・という経緯があるので、一度「食べ過ぎ」を経験してみるのもありかもしれません

 

かなり荒療治ですが、体で経験して体で教訓を得られるかなと思います笑

 

素朴で腸にもやさしいコーンフレークをヘルシーに食べましょうね。本記事の一部でも参考に、応用してもらえると幸いです。それではそれでは!