しぇあ・ざ・わ〜るど

THE SIMPLICITY

最小支出の最大幸福をめざすブログ

継続的にココアを飲んで痩せる3つ理由とピュアココアも紹介! 【セロトニン効果+デトックス効果はとても大きい】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。ココアは1年中飲んでも美味しいし、作業のお供になりますね〜

ココアを飲んで痩せるって本当なの?ココアが痩せる理由があるなら知りたいぞ・・・・

 

本記事では「ココアで痩せる」をテーマに、調べたこと・知ってることをまとめていきますよ〜! 

 

スポンサーリンク

 

ココアを飲むことで痩せる3つの理由

photo of mug with hot choco

ココアを飲んで痩せる背景には、

大きく以下の3つの理由があるそうです。

  1. 空腹を抑えられる(セロトニン効果)
  2. 脂肪の吸収を抑えてくれる
  3. 腸内環境を整えてくれる(便秘解消) 

ちなみに僕が強く感じてるのは、

①の空腹の減退効果です。

 

それぞれ順番に解説してみます。

 

①:空腹を抑えられる(セロトニン効果)

基本的にココアには 

  • 筋肉弛緩作用
  • 脳の機能向上
  • 動脈硬化抑制
  • 血圧改善
  • リラックス効果(セロトニン効果)
  • 新陳代謝アップ(テオブロミン効果)
  • デトックス効果

 の効果があります。

よく知られてるココアの効果です。

 

ここで注目したいのは

「飲むとリラックスする」

という効果をもたらすセロトニンです

 

これは脳内物質。ココアを飲むと分泌が促進されます。別名、幸せホルモンなんて呼ばれてます。

 

ココアを飲むと不思議とお腹が空かなくなるのは、セロトニン効果です。脳が満足感・幸福感が得たため欲望が刺激されなくなるそうです。

 

そのため、ココアを飲むだけで

  • セロトニンが分泌される
  • 空腹が抑制される
  • 食事量が減る
  • 痩せる・・・!!

の良い流れを確立出来るということになります。

 

②:脂肪燃焼効果UP(活性酸素除去)

ココアはもちろんカカオ豆から出来る飲料です。

 

カカオ豆には

  • カカオポリフェノール
  • テオブロミン

の効果により老化の原因とされる活性酸素を除去される事で新陳代謝が増え痩せやすい体質を作ることが出来ます。

 

③:腸内環境を整えてくれる(便秘解消)

 腸内環境の整備はダイエッターにとって大切ですね。

 

ココアにはリグニンという食物繊維をたくさん含んでいます

☑️リグニンとは??
 
栄養学の分野では食物繊維としてのリグニン(食用リグニン)は、腸管内の残留物の排出に役立ち、大腸がん、肥満等の各種生活習慣病の予防防止、便秘や腸内環境の改善、ダイエット等に役立つとされ機能の研究が進んでいる。
出典:wikipedia 

上記引用の通り、ココア(正確にはリグニンという食物繊維)には排便作用があります

 

結果、ココアを飲むことで不要物が体外に出されるデトックス効果が期待できるというわけですね😌

 

・・さあ、ここまで3つのココアが痩せる理由をみてきました。

  1. 空腹を抑えられる(セロトニン効果)
  2. 脂肪の吸収を抑えてくれる
  3. 腸内環境を整えてくれる(便秘解消) 

改めて考えると、リラックスできる+デトックス効果があるなんてすごーい飲み物ですね。

 

次に「じゃあどんなココアを選んだらいいの?」という疑問も出てくるかもしれません。

 

そこで僕が「痩せるならこれだ!」と感じるココアについて、解説していきます。

 

本気で痩せるなら”ピュアココア ”がおすすめ

結論!ココアで本気で痩せたいのなら

 

原材料のカカオ豆を100%つかったココア(ピュアココア )を買うべきでしょう

  

 これ ↓ ↓ ↓ 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by mori (@morimoto666666) on

 

とてもシンプルな飲料です

 

よくあるココアのほとんどは、砂糖・脱脂粉乳をつかった「調整ココア」です。

 

痩せるなら余分な砂糖や脂質は取り除いた方が効率がいいのですが、、ただあまり知られてないですよねw 

 

一度ピュアココアとは?について説明します。

 

ピュアココアの栄養と効能について

ピュアココア は、古代インカ帝国において神様の飲み物として王族が飲む希少な飲料でした

 

関連: 『ココア』って美味しいけど誰が作ったの?『カカオ』の起源と歴史を辿れば見えてくる!

 

当時は科学技術も発達してません。実証的に健康良いとは証明できませんでしたが、今ではしっかりと証明がなされてます。

 

原料のカカオの実にはカカオポリフェノールがたっぷり含まれており、以下の効能が期待できるとされてます(*繰り返し、ココアの効能です)

 

  • 筋肉弛緩作用
  • 脳の機能向上
  • 動脈硬化抑制
  • 血圧改善
  • リラックス効果(テオブロミン効果)
  • 新陳代謝アップ(テオブロミン効果)
  • デトックス効果

 

美容にもアンチエイジングにも優れた効果を発揮するカカオ。地味にスーパーフードにも分類されるほどだったのです笑

 

積極的にカカオの栄養素を摂取するには、このカカオ100%の無糖ココア(砂糖が入ってないココア)が確実なのはもうお分かりでしょう

  

というわけで、次にこのピュアココアの飲み方について解説していきます

 

「より飲みやすく、より美味しく」がテーマです。参考にしてみてくださいね

 

ピュアココアの美味しい飲み方

書いた通り、ストレートに溶かすだけでは苦味が強烈なもので、ぶっちゃけ最初は飲みきることはできませんでした

 

以下では、僕が調べてみつけたもの+実際に飲んでるもので「特におすすめだなあ!」と感じた飲み方をお伝えします

 

パウダーを調達してもらえばすぐに飲めるので、今日から明日からでも試してみてくださいっ😊

 

①:スタンダードなミルク割ココア(無糖)

  1. 小鍋に純ココアをスプーン1杯(5g)を入れる
  2. 水を大さじ1〜2杯加えて、とろけるまでよくかき混ぜる
  3. 140ccのミルクを少しずつくわえながら混ぜる
  4. 火にかけて、沸騰直前でストップ
 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by cristalsalon-de-4u (@cristalsalonde4u) on

 

砂糖なしココアの理想の飲み方です。 砂糖ありのココアを普段飲んでいると、砂糖なしの苦味に敏感になるかも。でも、比較的飲みやすいかと思います

 

牛乳を少しだけ入れるだけでまろやかになって、格段に飲みやすくなる、ミルク・マジックです

 

ちなみに「苦いけれど我慢我慢。あと、砂糖は入れたくない・・」という人は、マシュマロがおすすめです😂

 

こんな感じにヴィジュアルも可愛くなるし、マシュマロの糖分が溶けて飲みやすくなりますよ〜

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by しまの食堂 (@shimano_shokudo) on

 

②:ピュアココア(飲みやすいバージョン)

  1. 小鍋に純ココアをスプーン1杯(5g)+砂糖を(7g)入れる
  2. 水を大さじ1〜2杯加えて、とろけるまでよくかき混ぜる
  3. 140ccのミルクを少しずつくわえながら混ぜる

 

「ミルクだけでは・・・まだまだ苦いよ・・」って人は、すこしだけ砂糖・はちみつ・メープルシロップを入れて調節しましょう

 

  • 砂糖7g
  • はちみつスプーン1杯
  • メープルシロップ1杯

を入れ過ぎないよう意識して上手にカスタマイズしましょうね。砂糖を控えてる時は、はちみつやメープルシロップなどの天然の蜜を代わりに入れてもいですね

 

という最近の僕は「メープルシロップ」にはまってます。やさしいメープルの味とピュアココアの苦味は本当にマッチします。試してみてくだいね〜

 関連:『メープルシロップは』健康に超おすすめ!俺的おすすめシロップを全紹介【メープルの歴史も】

 

③:ヘルシーな無糖豆乳ココア

  1. 小鍋に純ココアをスプーン1杯(5g)を入れる
  2. 水を大さじ1〜2杯加えて、とろけるまでよくかき混ぜる
  3. 140ccの無調整を少しずつくわえながら混ぜる
 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by ShareHappyurie (@sharehappyurie) on

 豆乳で割っても同じくまろやかになって美味しい!

 

ダイエット中・積極的にタンパク質を摂りたい人にはおすすめの飲み方です

 

豆乳イソフラボンとカカオポリフェノールの組み合わせはいかにも健康的な飲み物ですね

 

「豆乳+無糖ココア」での市販の飲料はなさそうなので自力で作ってしまいましょう笑

 

 

 

④ミルク割ココア+シナモン

  1. 小鍋に純ココアをスプーン1杯(5g)を入れる
  2. 水を大さじ1〜2杯加えて、とろけるまでよくかき混ぜる
  3. 140ccの無調整豆乳を少しずつくわえながら混ぜる
  4. シナモンパウダーを適量ふりかける
  5. 輪切りレモンをのっける
 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by @rie06kira on

 

カカオとシナモンの独特な香りが融合し、気分が和らぐ、おすすめのリラックス無糖ココアです

 

シナモンココア(+レモン)は喫茶店の定番メニューですもんね

 

割とガチ(?)なメニューなので喫茶店でオーダーすれば500円くらいしそうなシナモンココアです

 

自作でやってしまえば1杯100円もかからずリーズナブルに済ますこともできますね笑 コストパフォーマンスはとってもよろしいです笑

 

 

スポンサーリンク

 

おまけ:おすすめのピュアココアパウダー3つ!

調整ココアと比べると、種類が少ないのが無調整の無糖ココアパウダーの特徴です

 

ここでも同じようにおすすめの無糖ココアパウダーを紹介します。なかなか店で見つけられない人もAmazonならすぐに調達ができますよ😊

 

お気に入りの無糖ココアパウダーに出会えるといいですね。取り急ぎみていきます

 

①:純ココア(オランダ産有名ブランド使用)/500g

Amazonチョイスのこの無糖ココアパウダーです。

 

オランダ産有名ブランド使用って文句が目に止まりますが、これは超有名な「バンホーテン」の粉のことです 

 しっとりとしたこの無糖ココアパウダーは、お湯に溶かすととろっとろに変化します

 

缶入りのパウダーは少し値段が高めなのがリアルですが、袋入りはリーズナブルに大量のココアパウダーが手に入ります。入れ物はなんでもOKって人ならこれ一択でしょう

 

最近のブームがあります。それはバニラアイスクリームに少〜〜し振りかけて食べる方法です

 

ココアの深い苦味とバニラのさわやかなミルクの甘みが絶妙にマッチしてめちゃくちゃ美味しいのでおすすめです(ガチ)

 

②:バンホーテン ピュアココア 200g 

ココア界の巨匠のバンホーテンのココアパウダーです

 

これはもう安定の味です

 

特にココアパウダーの味や香り、コクにケチつけようがないし、バンホーテン一強説は濃厚です

 

1828年に世界で初めてココア飲料を作ったバンホーテンという人物。その後も会社として世界のトップを走り続けてるは巨大な存在感ですよね

 

③:ニチエー 純ココアパウダー500g

このピュアココアもオランダ産の無糖ココアパウダーです

 

苦味や香りに癖があるわけでもなく、後味・風味がとてもスッキリで飲みやすい点が特徴です

 

バンホーテンよりもあっさりなテイストが特徴のこのココアパウダーは

  • ティラミス
  • ヨーグルト
  • カフェオレ
  • クッキー

など、ちょっとしたトッピングにも向いてます☺️

 

とはいってもシンプルにお湯・ミルクで割って飲んだ方が、全力でカカオ(カオポリフェノール)もたっぷりとれるので、なんだかんだおすすめです😊

 

以上!長くなりましたがここで終わりにします

 

  1. 空腹を抑えられる(セロトニン効果)
  2. 脂肪の吸収を抑えてくれる
  3. 腸内環境を整えてくれる(便秘解消) 

の痩せ効果が大きいココアをぜひ活用していきましょ。

 

また、ピュアココアは健康面・栄養面で優れてる飲料でしたね。知らなかった人も本記事をきっかけに試してもらえたらなと思います。それでは、お読み頂きありがとうございました。