しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

アーモンドをしっかり保存すべき理由+方法を解説!【小分けアーモンドで全て解決な件】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。アーモンドの素朴な味と香りが好きすぎな人です

 

アーモンドはどうやって保存したらいいの?劣化してしまうとどうなる??

  

本記事ではアーモンドの最適な保存方法は?!をテーマにまとめていきます

 

*大学生の頃からアマゾンヘビーユーザーの僕。まだアマゾンの会員ではない方はこちらからどうぞ。無料体験も実施中ですよーーー!!アーモンドの宝庫です笑

アマゾンプライムの会員登録・無料体験へ

スポンサーリンク

 

はじめに:アーモンドの栄養素について

f:id:makoto-endo:20191125134843p:plain

 

アーモンドの栄養素🥜

 

を確認したいと思います

 

「アーモンドの栄養素をだいたい知ってる」という人はざ〜〜くり読み飛ばしてくださいね

 

①:アーモンドに含まれるカロリー 

ここでぶっちゃけると、アーモンド=高カロリーと知ってました?笑

 

「数粒しか食べてないんだけど、なんか腹がふくれるなあ😇」

 

って鈍感だった過去の自分に言いたいんですが、知らなかった人はここでひとつラッキーです

 

100gあたりのアーモンドのカロリーをみてみると・・(*ここでは他のナッツ類と比較できるようまとめてみました)

 

  • アーモンド:600kcal
  • カシューナッツ:575kcal
  • くるみ:604kcal
  • マカダミアナッツ:710kcal
  • ピーナッツ:526kcal
  • ピスタチオ:601kcal

(*ちなみに白ご飯の100gあたりのカロリーは160〜170kcalです)

 

いや、米の5倍もするやん???

同じ量食べたら5倍太りやすい??

 

って思ってしまうのも無理ありません

 

あんな小さくて可愛い粒なのに、とんでもないカロリー爆弾です

 

②:アーモンドに含まれる体に良い栄養素  

アーモンドの基礎的な栄養素をみてみると・・

 

*ナッツ類の主な栄養素一覧(100gあたり)

  • カシューナッツ   炭水化物 26.7g   たんぱく質 19.8g   脂質 47.6g   糖質 20.0g
  • マカダミアナッツ   炭水化物 12.2g   たんぱく質 8.3g   脂質 76.7g   糖質 6.0g
  • 落花生   炭水化物 18.2g   たんぱく質 25.5g   脂質 51.3g   糖質 11.3g
  • アーモンド   炭水化物 17.9g   たんぱく質 21.3g   脂質 55.7g   糖質 7.8g
  • ヘーゼルナッツ   炭水化物 13.9g   たんぱく質 13.6g   脂質 69.3g   糖質 6.5g

 ご覧の通り

 

脂質脂質脂質😇

 

このひとつ抜きん出た栄養素に気づけます

 

アーモンドが高カロリーの一番の理由は、

 

アーモンドに含まれてる脂肪

 

だったのです。

 

とはいえ高カロリーの正体だったアーモンドの脂肪は同時に

 

めちゃくちゃ健康的なもの

 

なんですね。ツンデレですね

 

簡単に言うと

  • 「オメガ3脂肪酸」
  • 「オメガ6脂肪酸」

がアーモンドに含まれる健康的な脂肪とのことです

(「オメガ」の響がかっこよ過ぎてなんかこう)

 

大事なのはどんな風に健康的なの?

 

についてはこちら ↓ ↓ ↓

 

☑️オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸

体内でも固まりにくい脂。中の中性脂肪やコレステロール値を下げたり悪玉コレステロールを減らす効果のある、”健康に良い脂”です。 

引用:上記記事

 

いや痩せそうな効果じゃん!中性脂肪・コレステロール下げるって神!

 

って

 

体内に固まりにくいってことは体外排出がスムーズなわけだし、中性脂肪を下げてくれるダイエット効果があるわけだし・・・素晴らしいですよね

  

③:アーモンドの良質な油以外の栄養素

良質な油以外にも、アーモンドには栄養素がた〜くさん含まれてます

 

簡単にまとめると以下の通りです!

 

これ ↓ ↓ ↓

 

 

【アーモンド100g中の含有量(アミノ酸以外)】

  • ビタミンE:31.2mg
  • ビタミンB2:0.92mg
  • 食物繊維:10.4g
  • カルシウム:230g
  • マグネシウム:310g
  • リン:500g
  • 鉄:4.7g
  • 亜鉛:4.0g
  • 銅:1.35g

 

「わーーーお」 って感じですよね・所謂、ビタミン・ミネラルが豊富な食べ物の部類になります笑

 

アーモンドに含まれるアミノ酸については書ききれなかったので、これ ↓ ↓ ↓

【アーモンド100g中の含有量(アミノ酸)】

  • アルギニン 2100mg
  • イソロイシン 800mg
  • ロイシン 1400mg
  • リシン(リジン) 620mg
  • 含硫アミノ酸 480mg
  • 芳香族アミノ酸 1600mg
  • トレオニン(スレオニン) 570mg
  • トリプトファン 200mg
  • バリン 920mg
  • ヒスチジン 530mg
  • アラニン 860mg
  • アスパラギン酸 2100mg
  • グルタミン酸 5100mg
  • グリシン 1300mg
  • プロリン 880mg
  • セリン 760mg
  • アミノ酸合計 20000mg
  • アンモニア 590mg

とりわけ、アーモンドに多く含まれる主要な栄養素の効果は以下の通り!

 

  • ビタミンE:抗酸化作用あり。ガンや心臓病、脳卒中などの生活習慣病を予防。血行を促し、頭痛、冷え性、肌の若返りにも効果あり
  • ビタミンB2:タンパク質などの栄養素の代謝に重要な効果あり!皮膚・粘膜の健康も維持する
  • 食物繊維:整腸作用に効果抜群!
  • カルシウム:骨や歯の主要成分。牛乳の2倍の量を含んでいる
  • マグネシウム:骨の弾性維持、細胞のカリウム濃度調節、細胞核の形態維持!

 

「天然のサプリメント」との別名があるのも納得ですね。ビタミンEの含有量は、他のナッツ類と比べても群を抜いて1番なのがアーモンドの特徴です

 

アーモンドを僕が食べる時は「ビタミンEのサプリメント」を摂取するつもりでパクパクとつまんで頬張っています😂

 

スポンサーリンク

 

アーモンドの1日の最適な摂取量

f:id:makoto-endo:20191125142324p:plain

 栄養士さんの発言や実際にナッツが好きで毎日たべてる!って人の意見を参考にすると

 

1日25粒(約25g)程度

 

が理想のアーモンドの粒数(量)だそうです

 

(細かくは、男子:25粒女子:20粒が目安)

 

これは

  • アーモンドの必要な脂質も摂取できる
  • 摂取カロリーも過多にならない

とされる理想の量です

 

一方でダイエット中の人にとっては、アーモンドは腹持ちもよく、便通もよくなるので以下の配分はおすすめです

  1. 1日30粒に制限する!と決意する
  2. 小分けに10粒ずつに分けておく
  3. 朝昼夜ごはんの前に、10粒+水を飲む
  4. 普段のご飯よりやや少なめに食べる

を守るだけで1ヶ月継続で1kgはダイエットできるといえるでしょう

 

アーモンドを正しく保存する理由と方法

almonds on table

 

 

アーモンドの賞味期限 

 そもそも「賞味期限」と「消費期限」の違いについて知っていましたか?

 

買った商品に必ず記載してあるあの、「賞味期限」と「消費期限」です笑

 

  • 賞味期限:おいしく食べることができる期限→食べられる!
  • 消費期限:過ぎたら食べない方がいい期限→食べるべきでない!

 

食べ物全てに通じる!とは断言はできませんが

  • 賞味期限切は、過ぎても食べられる
  • 消費期限は、過ぎたら食べられない

という認識でいいですかねっ!食品安全と健康が一番ですねっ

 

「賞味期限」と「消費期限」は、販売の商品にどちらか必ず記載するのが義務のようなのですが、アーモンドの場合は

 

「賞味期限」

 

が主に記載されてます

 

(「あれ、ひょっとすると、水分がないから腐らないのかな。ってことはず〜〜っと保存できて、食べられるのかな?と思った僕がいました」)

 

賞味期限に関して調べてみると・・

Q.アーモンドの開封後はどのくらい日持ちしますか?

 

A.保存状態にもよりますが1週間位以内の間にお召し上がりいただくことをおすすめします。 

出典:ナッツの栄養・ナッツの正しい保存方法

 

という回答

 

「あれーー?!短い?!」と思ってしまいましたが、実はこれ「未開封の状態」という条件の賞味期限だったのです・・

 

アーモンドをしっかり保存すべき理由

いろいろとリサーチを重ねた中で、アーモンドをし〜〜っかりと保存すべき理由は以下の3点のようです

 

  1. ビタミンEは酸化しやすい→ビタミンEの効果が得にくくなる
  2. 豊富な脂質が劣化してしまう→油臭くなる、食べると胸焼けしてしまう
  3. カビが生えてしまう→苦味が増してしまう、体調不良の原因になる

 

基本的には

  • 空気に触れる→酸化する
  • 高温多湿の所に置かれる→カビが生える

という他の食品にも当てはまる劣化の現象ですねっ

 

裏のパッケージの【賞味期限】が余裕だったとしても、保存場所・状態によっては、早まってしまう、なんてことも起こり得ます

 

というわけでアーモンドの保存は滅茶苦茶大事!!なのは改めて強調する必要もなさそうですねっ!

 

アーモンドの保存方法は簡単!!!

アーモンドの未開封に近づけた保存

 

を頑張る!これが1番です

 

特に1kg以上の容量のアーモンドは

  • 湿気にやられて味や食感が落ちてしまう

懸念があるため、しっかり保存する必要があります

 

加えて、アーモンドのパッケージにも

  • 高温多湿の場所、直射日光を避けて保存

と注意が書かれてることが多いです

 

空気に触れている時間が長ければ長いほど、

高音多湿の所に置かれる時間が長ければ長いほど

 

実質の賞味期限が短くなる!

 

と覚悟しましょう

 

カサカサのボソボソしたアーモンドを食べたことありますが、やはり、美味しさはめちゃくちゃグレードダウンしてしまいます

  

・・・嫌ですわwww

 

結論を言うと、アーモンドの湿気防止方法については、以下のような密封のプラスチック・ビンの保存容器が一番確実です

 

これ ↓  ↓  ↓

  1. 乾燥剤を入れておく!
  2. 高温多湿・直射日光を避ける!
  3. 他の容器に手をださず、順番に食べていく!

保存方法は上記の通りです

   

この保存方法でアーモンドの本来(未開封)の賞味期限に限りなく近づけることができますね😊

 

特に難しい手順はないので、説明は不要かと思います

 

「ど〜〜うせすぐ食べ終わるから大丈夫っしょーー!!」っとめんどくさがらず、百均でも買えるので調達しましょうww 

 

追記:パーフェクトな保存状態の「小分けアーモンド」がおすすめ

植物油で揚げて塩味のアーモンドよりも素焼きのアーモンドはカロリーが低く、素材(木の実)の味をじ〜っくり味わえます

 

以下のアーモンドたちは僕のお気に入りです(*もちろん大容量なので保存はしっかりと行いましょう)

 

「天然のサプリメント」の別名。すでに書いた通り、健康に良い油・栄養がたくさんです

 

そして・・・

 

「小分け」のアーモンド

 

は、開封後直ぐに食べきれるし、半強制的な食べ過ぎ防止にもなるし、保存方法・時期を気にしなくても大丈夫なので、おすすめですww手間のかからない最強の保存ですww

 

グラム単位で考えるとちょっと値段も割増なのが痛い所ですが、メリットとの引き換えですね😌

 

パーフェクトな状態のアーモンドのまま食べたい人はこれ一択でしょう

 

 

それでは長くなりましたが「アーモンドの保存」についてまとめてきました。多くの人の参考になれば幸いです