しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

アーモンドとピーナッツの違いとはそもそも何?【アーモンドとピーナッツは全く違う食べ物だった!】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。アーモンドとピーナッツの素朴な味わいが大好きです

 

アーモンドとピーナッツの違いってある??意外にわからんのだけどwwww

  

本記事ではアーモンドとピーナッツの違いをテーマにまとめていきます

 

*大学生の頃からアマゾンヘビーユーザーの僕。まだアマゾンの会員ではない方はこちらからどうぞ。無料体験も実施中ですよーーー!!ナッツの宝庫です笑

アマゾンプライムの会員登録・無料体験へ

スポンサーリンク

 

はじめに①:アーモンドとは??

  

これ ↓ ↓ ↓

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Satoshi Obata (@satoshi.obata) on

 

 アーモンドとは・・

 

バラ科サクラ属の木からなる木の実

 

のことです!この木の実は、ご覧の通り、線状の筋が入っていて茶色いのが特徴ですね

 

アーモンドの栄養素について 

アーモンドの持つ健康効果の大きさはとても有名です

 

アーモンド100g中に含まれる主要な栄養素は以下の通りです

 

【アーモンド100g中の含有量】

  • ビタミンE:31.2mg
  • ビタミンB2:0.92mg
  • 食物繊維:10.4g
  • カルシウム:230g
  • マグネシウム:310g
  • リン:500g
  • 鉄:4.7g
  • 亜鉛:4.0g
  • 銅:1.35g

 

「わーーーお」 って感じですよね。所謂、ビタミン・ミネラルが豊富な食べ物の部類になります笑

 

多く含まれる主要な栄養素の、具体的な効果は以下の通り!

 

  • ビタミンE:抗酸化作用あり。ガンや心臓病、脳卒中などの生活習慣病を予防。血行を促し、頭痛、冷え性、肌の若返りにも効果あり
  • ビタミンB2:タンパク質などの栄養素の代謝に重要な効果あり!皮膚・粘膜の健康も維持する
  • 食物繊維:整腸作用に効果抜群!
  • カルシウム:骨や歯の主要成分。牛乳の2倍の量を含んでいる
  • マグネシウム:骨の弾性維持、細胞のカリウム濃度調節、細胞核の形態維持!

 

「天然のサプリメント」との別名があるのも納得です。ビタミンEの含有量は、他のナッツ類と比べても群を抜いて1番なのがアーモンドの特徴です

 

アーモンドを僕が食べる時は「ビタミンEのサプリメント」を摂取するつもりでパクパクとつまんで頬張っています😂

 

はじめに②:ピーナッツとは??

 

これ ↓ ↓ ↓

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by にょん (@niyon9524) on

 

 ピーナッツとは・・

 

マメ科ラッカセイ族の、畑で収穫されるマメ

 

のことです!日本ではすでに「落花生」として呼ばれてますよね。昔は「南京豆」とも呼ばれてました笑

 

ピーナッツは殻を破ると、小さくて白い肌色の粒なのが特徴ですね!

 

ピーナッツの栄養素について

同じくピーナッツの持つ健康効果の大きさも有名です

 

ピーナッツ100g中に含まれる主要な栄養素は以下の通りです

 

【ピーナッツ100g中の含有量】

  • ビタミンE:10.9mg
  • ビタミンB2:0.10mg
  • 食物繊維:4.1g
  • カルシウム:50g
  • マグネシウム:170g
  • リン:380g
  • 鉄:1.6g
  • 亜鉛:4.0g

 

 

多く含まれる主要な栄養素の、具体的な効果は以下の通り!(ほとんど栄養素は似たり寄ったりなのです)

 

  • ビタミンE:抗酸化作用あり。ガンや心臓病、脳卒中などの生活習慣病を予防。血行を促し、頭痛、冷え性、肌の若返りにも効果あり
  • ビタミンB2:タンパク質などの栄養素の代謝に重要な効果あり!皮膚・粘膜の健康も維持する
  • 食物繊維:整腸作用に効果抜群!
  • カルシウム:骨や歯の主要成分。牛乳の2倍の量を含んでいる
  • マグネシウム:骨の弾性維持、細胞のカリウム濃度調節、細胞核の形態維持!

 

さあ、、ここまでみてきたとおり

  • アーモンド:木に育つ実(茶色い粒)
  • ピーナッツ:畑で育つ豆(白い粒)

という違いを理解してもらえたかとおもいます

 

 

しかし、不思議なのは「ピーナッツは名前の通り”ナッツ”が付いていて、ナッツ(木の実)として分類されてる」ということ

 

この背景には、ピーナッツの持つ、ナッツにとても近い栄養素がおおきく関わっているようです

 

カロリーと脂肪酸

 

という若干聞きたくない(?)栄養素ですwww

 

少しこの2つの栄養素を、アーモンド・ピーナッツを比較しながら整理してみますねっ

 

アーモンド・ピーナッツ単体のカロリーが高い理由

f:id:makoto-endo:20190919132537p:plain

 「数粒しか食べてないんだけど、なんか腹がふくれるなあ😇」

 

って鈍感だった過去の自分に言いたいんですが、知らなかった人はここでひとつラッキーです・・!

 

100gあたりのアーモンド・ピーナッツのカロリーをみてみてください

  • アーモンド:600kcal
  • ピーナッツ:526kcal

(*ちなみに白ご飯の100gあたりのカロリーは160〜170kcalです)

 

いや、米の5倍もするやん???

同じ量食べたら5倍太りやすいやん??

 

って思うのも無理ありません。あんな小さくて可愛い粒なのにとんでもないカロリー爆弾です

 

アーモンド・ピーナッツが高カロリーなのはなぜ?

 カロリーとはそもそも三大栄養素の炭水化物・たんぱく質・脂質の合計からなるエネルギー量のことでした

 

アーモンド・ピーナッの栄養素をみてみると・・

 

*ナッツ類の主な栄養素一覧(100gあたり)

  • ピーナッツ   炭水化物 18.2g   たんぱく質 25.5g   脂質 51.3g   糖質 11.3g
  • アーモンド   炭水化物 17.9g   たんぱく質 21.3g   脂質 55.7g   糖質 7.8g

 ご覧の通り、

脂質脂質脂質脂質😇

 

このひとつ抜きん出た栄養素に気づけますね

 

アーモンド・ピーナッツが高カロリーの一番の理由は、

 

アーモンド・ピーナッツに含まれてる脂肪

 

他ならなかったのです。(ここで安心してもらいたいのは、アーモンド・ピーナッツに含まれる糖質は、穀物の中でも多くはない、ということです😌)

 

この油(脂肪)がめちゃくちゃ健康的な件!!

ツンデレかよって感じなんですが

 

高カロリーの正体だったアーモンド・ピーナッツの脂肪は同時に

 

めちゃくちゃ健康的なもの

 

だったのです。やっぱりツンデレですね

 

僕は栄養士でもなく単なるナッツ好きのブロガーですので、専門知識は以下の記事を参考にしました 

参考:おいしくて栄養豊富!ナッツの健康効果|eo健康

 

簡単に言うと

  • 「オメガ3脂肪酸」
  • 「オメガ6脂肪酸」

がアーモンド・ピーナッツに含まれる健康的な脂肪だったのです

 

大事なのはどんな風に健康的なの??

ってあたりだと思います笑 こちら↓ ↓ ↓

 

☑️オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸

体内でも固まりにくい脂。血中の中性脂肪やコレステロール値を下げたり悪玉コレステロールを減らす効果のある、”健康に良い脂”です。 

引用:上記記事

 

痩せそうな効果じゃん!中性脂肪・コレステロール下げるって神!

 

っても〜〜うね気持ち高ぶります😂

 

体内に固まりにくいってことは体外排出がスムーズなわけだし、中性脂肪を下げてくれるダイエット効果があるわけだし ・・

 

だからといって食べ過ぎたらふつーーうに太る!アーモンド・ピーナッツをボリボリ食べて太ってしまった僕がここにいますっww

 

・・・反省を・・・残します・・・ね

 

スポンサーリンク

 

アーモンド・ピーナッツを正しく食べよう

pile of peanuts 

「アーモンドもピーナッツも体に良いって聞いたのにさ!なんでwwww太るっっwのwww」

 

って人は「健康に良い効果」を知って爆食いパターンという罠にまんまとにはまってしまってますww

 

そうではなく

 

「健康に良いアーモンドとピーナッツの効果」を知って正しい食べ方を実践する

 

↑ が賢明で合理的な判断の模様でしょう

 

次に、その正しい食べ方について、いろいろ試して経験してきたので、その我流ノウハウ(?)を共有したいと思います😊

 

①:無塩・無添加・無油のアーモンド・ピーナッツを選ぶ 

油で揚げて塩で味付けしたアーモンド・ピーナッツよりも「素焼き」はカロリーが低く健康的なので、スタートラインといった所でしょう

 

また、味付け無しなので、アーモンド・ピーナッツ本来の素朴な味覚を味わえるので僕はとても好きです笑

 

無塩・無添加・無油のアーモンドはこちら!

 

無塩・無添加・無油のピーナッツはこちら!

 

それぞれ参考にしてみてくださいね〜!

 

②:脂肪燃焼効果にUPのものと一緒に食べる

中でも

 

コーヒーとの相性・相乗効果は抜群

 

ナッツ愛好歴10年以上の僕はいつも言ってます笑

 

  • ナッツの木ノ実の甘さとコーヒーの苦さが合う!
  • ナッツとコーヒーで脂肪燃焼効果UP!

 

が2つの理由がありますね

 

「豆と豆やん。それなのになんで脂肪燃焼??」って思った人でもわかるように、その仕組みを説明すると・・・

 

これ ↓ ↓

 

  1. コーヒーのカフェインとクロロゲン酸=脂肪燃焼効果が高い!
  2. ナッツ(特にアーモンド)のアルギニンが ↑の成分に作用してさらに効果UP!
  3. カフェイン、クロロゲン酸、アルギニンのトリプルコンボで、脂肪燃焼効果大大!

 

・・・・・

 

、聞き馴染みのない「クロロゲン酸」はなにかというと

 

↓  ↓  ↓  

f:id:makoto-endo:20190919121204p:plain

出典:生コーヒークロロゲン酸|サプリメントの通販ならオーガランド本店

 

コーヒーポリフェノールの一種です

 

具体的にこの酸は何をしてくれるのか??といえば、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きをブロックするらしいんです

 

リパーゼの機能をOFFにすることで、脂肪の分解と吸収が抑制されると考えられてます

 

RPGのパーティーとコマンド的なものになぞらえて言い換えるならば、ナッツ(特にアーモンド)のアルギニンというパートナーと共鳴して、コーヒーのクロロゲン酸の呪文がより強大になる

 

脂肪を吸収してしまう「リパーゼ(敵)」を強固に封印できる!というものですねwゆえに、とても理にかなってる組み合わせです

 

【ナッツとコーヒーの組み合わせ】について、詳しくそれぞれおすすめのナッツとコーヒーも紹介した記事を以下に書いてます。参考にこちらもどうぞ〜

関連:【相乗効果】ナッツとコーヒーの組み合わせが脂肪燃焼に効果的な理由!【おすすめナッツ・コーヒーも合わせて紹介】 

 

③:アーモンド・ピーナッツの粒数を制限する

事実上のカロリー制限ってことになるんですが、アーモンド・ピーナッツの粒数を制限します

 

特にアーモンド・ピーナッツの大袋に手を突っ込んで

 

ボリボリボリボリwww

 

と野生のリスのように食べてる人のため制限です

  

ネット上の栄養士さんの発言や、実際にナッツが好きで毎日たべてるけど太らない!って人の意見を参考にすると

 

1日25粒(約25g)程度

 

が理想の粒数(量)だそうです。必要な脂質も摂取でき、摂取カロリーも過多にならない理想の量です

 

  1. 1日25粒に制限する!決意する
  2. 小分けに約8粒ずつに分けておく
  3. 食べる時間をあらかじめ決めておく
  4. ボリボリ、食べる

の食べ方で「太れるわけがない生活」ができます笑

 

一方、1日のカロリーを削減して「むしろダイエットしたい・・」と言う人なら

  1. 1日20粒に制限する!と決意する
  2. 小分けに10粒ずつに分けておく
  3. 朝昼夜ごはんの前に、10粒+水を飲む
  4. 普段のご飯よりやや少なめに食べる

をするだけで、1日のカロリーを制限可能なので

 

1ヶ月継続で1kgはダイエットできるといえそうです

 

もちろん個人差はありますが、似たような生活で1kg痩せることができました。ですので、あながち方向はまちがってないかと思いますよ〜😂

 

おまけ:アーモンド・ピーナッツをしっかり保存しよう

Mantequilla jar besides peanuts

アーモンド・ピーナッツをしっかりと保存すべき理由は以下の3点のようです

 

  1. ビタミンEは酸化しやすい→ビタミンEの効果が得にくくなる
  2. 豊富な脂質が劣化してしまう→油臭くなる、食べると胸焼けしてしまう
  3. カビが生えてしまう→苦味が増してしまう、体調不良の原因になる

 

基本的には

  • 空気に触れる→酸化する
  • 高温多湿の所に置かれる→カビが生える

という他の食品にも当てはまる劣化の現象ですね

 

裏のパッケージの【賞味期限】が余裕だったとしても、保存場所・状態によっては、早まってしまうなんてことも起こり得ます

 

というわけで「アーモンド・ピーナッツの保存は滅茶苦茶大事!大容量のパッケージを買ってるなら!」は、改めて強調する必要もなさそうですねww

 

アーモンド・ピーナッツの保存方法について

アーモンド・ピーナッツの未開封に近づけた保存を頑張る!これが1番です

 

特に1kg以上の容量のものは

  • 湿気にやられて味や食感が落ちてしまう

懸念があるためしっかり保存する必要があります

 

加えて、アーモンド・ピーナッツのパッケージにも

  • 高温多湿の場所、直射日光を避けて保存

と注意が書かれてることが多いです

 

空気に触れている時間が長ければ長いほど、

高音多湿の所に置かれる時間が長ければ長いほど

 

実質の賞味期限が短くなる!

 

と覚悟しておきましょうね

 

カサカサのボソボソしたものを食べたことありますが、やはり、美味しさはめちゃくちゃグレードダウンしてしまいます

  

・・・嫌ですわwww

 

ずばり保存方法については、以下のような密封のプラスチック・ビンの保存容器が一番確実です

 

これ ↓  ↓  ↓

  1. 乾燥剤を入れておく!
  2. 高温多湿・直射日光を避けてしまう!
  3. 他の容器に手をださず、順番に食べていく!

保存方法は上記の通りです

   

アーモンド・ピーナッツの本来(未開封)の賞味期限に限りなく近づけることができますよ😊

 

特に難しい手順はないので、説明は不要かと思います

 

ど〜〜うせすぐ食べ終わるから大丈夫っしょーー!!」っとめんどくさがらず、百均でも買えるので調達しましょうね〜ww 

 

それでは長くなりましたが、アーモンド・ピーナッツの違いと栄養素についてよく知ってもらえたかと思います!ぜひ参考にしてみてくださいね〜〜🥜