しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

テスト勉強のオールで無双する方法ww【*まじめな赤点回避術です】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。オール明け後のテンションは割と嫌いではない方です

 

やばい・・明日テストなんだけど・・オールで準備しなければああああ!!!

 

く明日のテストで「覚えなければ!助けてくれ!!」という焦りを隠せない人にとって役立つ内容にします

 

大丈夫です。火事場の馬鹿力と背水の陣の力で、オールで大量に覚えて明日に備えることは十分出来ます!!

スポンサーリンク

 

 

オールのテスト勉強に備える準備ww

person walking on street while holding black umbrella near cars on road at nighttime

僕もぶっちゃけよくオールのテスト勉強をしてました

いや、それ以外はほぼ(?)皆無でした

 

この経験から、オールのテスト勉強には、完璧に整えたコンディションが必要!と学べました

 

あらかじめのオール計画が次の日の結果を左右します

 

オールのテスト勉強の準備は以下の通り

 

それぞれ順番に説明していきますね

 

  1. オールすべき日を予定しておく
  2. オールの前日は睡眠を十分とる(+昼寝も可)
  3. カフェイン中心に燃料を蓄える

①:オールすべき日を予定しておく

  •  「〇〇日にテストがあるから〜・・」
  • 「オールを〇〇日にやる!!」

 

と予め決めておくことです

 

これは意外(?!)ではないで消化

 

  • オールで覚えるべき内容(範囲)を自分が完璧に把握している→オールのGOサイン
  • オールで覚えられる内容(キャパ)を自分がだいたい把握している→オールのGOサイン
  • オールする体のコンディションが整っている→オールのGOサイン

 

上記の通りにオールができるからです

ネタとかではなく、真面目な分析にもとづく準備です

 

というのも

 

オールでできる範囲は限られてる

 

のがリアルだからです

 

定期テストの5教科すべての範囲をオールで暗記なんて、、暗記パン食べたのび太くらいですからねっっ笑 常人には無理ゲー以外のなんでもないですね

 

②:オールの前日は睡眠を十分とる(+昼寝も可)

  • 寝不足で頭がぼ〜〜っとして集中力が下がる
  • 集中力が下がった自分に気づく

この2つが相まって、嫌悪感が湧いてしまう経験はないですか??

 

「っあー!!覚えられねー!もう寝てやる・・orz」

 

って夜中に発狂→諦めるは、オールのあるある失敗パターンですね

 

普段からしっかり睡眠を取るべきで、「今日はオールで暗記しまくる・・」という日の前日の睡眠時間は7時間以上の快眠が望ましいです

 

この適切な睡眠を取るメリットは実は大きく

 

  • 就寝・起床時間が決まってる:いつもの時間に勉強→勉強が習慣になりやすい+メンタルも安定しやすい
  • 就寝・起床時間が決まってない:いつもの時間に勉強できない→勉強を習慣にしにくい+メンタルが不安定になりやすい

 

上記の通りですね(*オール問わず、普段の睡眠の大切さを語ります...)

 

睡眠時間を減らして勉強時間を増やせばいい!

 

なんて僕は以前考えてましたが、見事にしっぺ返しをくらって、勉強に集中できない+モチベもダダ下がりでした

 

勉強が捗る条件は「睡眠がしっかり取れてる」がもしかすると1番じゃないか?とさえ思ってるほどです笑

 

オール予定の前日は快眠を心がけてくださいね

 

③:カフェインを中心に燃料を蓄える

夜中〜朝方までの約6時間以上のお供です

 

僕が怒涛のオールをやってきた中で、「捗った!」時には、以下の3つのお供たちを机に置いてました

 

  • ブラックコーヒー(ドリップコーヒー)
  • ボトルガム(ミント系がよし)
  • ぶどう糖

 

どうでしょう?今、持ってますか??

 

「今日はオールしなければ...」という人は、近くの薬局・コンビニに駆け込んで調達しましょうね〜〜

 

 ブラックコーヒー(ドリップコーヒー)

カフェイン飲料の代表格のブラックコーヒー

 

眠気を飛ばす+集中力をUPさせるオールの最強の供です

 

「レッドブルは?定番じゃない?」という人は多いですが、カフェインの量はコーヒーより多くなく、覚醒効果も少ないんです

 

レッドブルは「思い込み」による効果が大きいぞ!!と以下の記事にすでにまとめてあります

 

「レッドブル飲んで頑張るわ!!」とか言いながら満足して眠くなる、寝るのパターンとかあり過ぎてどうしようもないですね😂

関連:エナジードリンクとプラシーボ効果の関係性 レッドブルの効き目は思い込みなのかどうか 

  

 ボトルガム(ミント系と丸川のあのガム)

辛すぎず、甘すぎずの味が勉強に向いてますね

 

クロレッツのミント味は勉強しながら無意識に噛んでられます

 

ミントのほのかな優しい味が5時間以上も残るなんて、夜通しの勉強でも口は寂しくなりません

 

  • 集中力アップ!
  • 眠気がふっとぶ!

 

これに加えて、噛むことで脳への血流が良くなります

 

「噛んでない人よりも、ガムを噛んでる方が、覚える量多い!大丈夫だ俺!」と、かなり痛いですが、自己洗脳しつつオールをしてました😌気合いです・・・

  

ぶどう糖

『ブドウ糖』=脳のガソリン

 

オールの長時間勉強は、頭が疲労困憊します笑

 

頭が疲れた時に口に入れて燃料(エネルギー)チャージしましょう

 

胃にもたれることは全くないし、甘くてスッキりするので、オールの集中力回復に最適なアイテムです

 

オールでテスト範囲を効率よく暗記する方法

flat lay photography of tortoiseshell eyeglasses on top of book near black pen and teal mug

オール前日のコンディション準備をふまえて、僕のオールでテスト範囲を暗記した方法を紹介します

 

*ちょっとしたエピソードを話すと、僕の高校時代の平均点はだいたい50〜70点くらいでした。オールの場数をふんで慣れ、地理で86点も取れました😂

 

(良いことなのか、悪いことなのか・・・)

 

「オールでの暗記」が一応趣旨ですので、問題を解く系には特化してません。数学や物理化学系の科目よりも、文系科目寄りですのでご理解下さいm(._.)m

 

①:書きなぐって暗記する

腕と手を固定させる→書いて書いて書いて書き殴る

 

これをやってました

 

*イメージ(僕の手と紙です)

f:id:makoto-endo:20151118213834j:plain

 

英単語を覚えたければ、固定させて100回でも書けば、脳内はその英単語で染まります

  

ふつうの「書く」暗記と違う点は

 

  • 手が固定されてるところ(速く書ける)
  • 丁寧に書かないところ(速くかける)

 

です

 

おまえまじかって思ったあなた、 騙されたと思ってやってみてください

 

100回もゴリゴリ書いてしまえば、頭から離れなくなる感覚がわかります

 

オールで100回も無理だとしても、体を使って速く書くことに意味があります

 

暗記には「体を使う」のが、脳に刺激がいくので良し!とされ、そのスピードを極限に速めるというものですね

 

世界史であろうが生物であろうが、ストレートに言えば、脳にぶちこむことができました😊(*実は一夜漬けでなく、僕のデフォルトの勉強方法にもなりましたとさ

 

②: 声に出して夜通し「音読」をする

 一夜漬けで覚えなければいけない

  • 教科書(或いは参考書)
  • 問題集
  • 授業ノート

を揃えて広げます

 

 *実際の僕の世界史ノートです

f:id:makoto-endo:20181210101317j:plain

読みづらく感じる問題集でも、あえて音読してみて下さい

 

声に出し「自分の頭で考える+自分の声を耳で聴く」ことが狙いです、体での暗記ですね

 

できるなら 「ここは読む!ここは読まなくていいかな!」と試行錯誤してみましょう

 

緩急をつけて音読し、効率の良くオールで暗記してやりましょう

 

補足:解ける状態(答えが頭に浮かぶ状態)を目指す

音読を重視する暗記では

 

頭で強くイメージすること

 

がポイントです

 

時間短縮×頭でイメージをすると以下の通りになります

f:id:makoto-endo:20190724214025j:plain

 *本記事では「自前のノート」を例としましたが、これが問題集でも参考書でも変わりはありません

 

空欄や覚えたい箇所を頭で「その単語・文章・式」を描けるレベルまで音読します

 

字面を声に出すだけでなく、理解した上で一字一句読み込み声に出しましょう

 

教科書を読む度に「先に書かかれてること」をすでにイメージできてる状態が理想です

 

つまり、書かれてる内容がすでに頭に入ってる状態、暗記してる状態ですね

 

③:殴り書き+音読で何度も繰り返し復習 

①と②を合体させて

  • 書き殴りながら音読する
  • 音読しながら書き殴る

の方法も試してみてください

 

実はこれが「今日で覚え切らないとやばい・・・」というテスト前日に僕がやってたオールの暗記法です

 

根性論と精神論が強い方法なんですが、効果は抜群すぎる方法です。いやこれ以外にないんじゃないのでは?とさえ今では思ってます

  

とはいっても「どうしてもオールで覚えきれない・・」という不安を抱えるかと思いますが

 

この場合

  • 1回勉強して忘れてもOK!後で思い出せばOK!
  • 5回読んで覚えられたらラッキー!

 の気持ちと姿勢で全く問題ありません

 

人の記憶の仕組みを考えるとごくごく自然なことです

 

オール一回での暗記はやはり超ハードですので

 

「何度も薄く重ねてバームクーヘンの層を厚くする」

 

このくらいのイメージで全然OKです

 

そしてオール中になんどもなんども同じ範囲を繰り返し勉強するようにしましょう←超ポイントです

 

例えば、午前1時に勉強した箇所を、午後3時、午後5時のように複数回暗記にチャレンジ。英語でも社会でも、基本的に同様です

 

朝方まで音読と書き殴りを続けると、もうねトラウマ級に頭に残ります

 

オール明けのハイのテンションで、本番の試験に挑んでくださいね。覚えたもの全てをはきだしてやりましょう

スポンサーリンク

 

まとめ:オールのテスト勉強・暗記は可能!だけど

その後、忘却のかなたへ記憶は飛んでいきます😌

 

オールのテスト勉強・暗記は即効性はたしかに抜群ですが、継続的な知識になるとは全くいえないんですね

 

人間は1日も経てば大半の記憶は忘れてしまうからです笑

 

御察しの通り・・

 

  • オールした後は、継続的に勉強しよう!
  • オールするよりも、継続的に勉強しよう!

 

という学校先生みたいな結論になるかと思いますw 

 

特に長い期間の戦いの受験勉強では、オールは全く通用しないとは僕も思ってますし、受験界の常識でもありますね笑

 

オールは「今!内申点欲しい!」という学生や、「やばい!赤点回避しなければ!」の学生に限定して意味のあるものとなるでしょう(←僕の反省です)

 

本記事の内容をもとに、勉強の一発屋としてドカン!と明日点数を叩き出したやりましょう。それでは参考になれば幸いです😌オール明けのテンションで乗り切ってください

人気記事:【2020年度版】おすすめオンライン家庭教師+動画授業を7つ紹介!【オンライン家庭教師のメリットは無限大です】