しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

海外旅行とかつまらな過ぎwとか言うやつちょっとこい【海外旅行ではテーマを持つと楽しいぞ】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。タイトル調子にのりました

 

「海外旅行ってなにがおもろいの??いやまじで」

って友達、1人はいませんか? 価値観の衝突です

  

海外旅行がつまらない。つまるにはどうすればいい?
海外旅行をもっと面白くするにはどうする??

 

本記事では

 

「海外旅行ってつまらん。なにするのかわからん。」

 

という人に向けて、つまらない→おもしろくする工夫をまとめてみますよー!

 

スポンサーリンク

 

 

前提:何も考えなきゃつまらない件

man in gray shirt sits on cliff

↑ ワイ

 

「海外旅行」を語る時、僕はいつも【自由が故の不自由】をいつも強調しまくります

 

 

以下のツイートの通りですね

 

 

自由が故のの不自由を聞いたことありましたか?!

 

これは自由過ぎてもうなんでもできちゃうんだけど、一体何がしたいのかわからず、困ってしまう不自由さのことを意味します

 

ん??? わかり安く??

 

就活するけど一体人生で何がしたいのかわからーーん!自由すぎて困りますわww就活とかもうわからねーしつまらねーわ。と同じ現象ですかね、就活あるあるですかね

 

海外旅行はこの「自由が故の不自由」に飛び込める環境。うまく機会を使うと、自分から進んで楽しみを見つけるトレーニングにもなります

 

  • 旅行先でどうやって楽しむかなああ??
  • 旅行先でどこにいけばおもしろいかなあ??

 

なぢ自分で考えて計画立て、行動にうつします。スケールは大きいんですが、実は人生を楽しむ教訓にもなります😌

 

実はこれ、「しっかり考える」が前提にあります

 

なーーーんにも考えなければ、ただ自由な世界に放り込まれて自由に苦しんでしまうオチで旅行は終了です

 

これが「海外旅行でもやることねーーよー!つまらねーーよーー!早く帰りてーーわ」と感じる原因になるんです

 

そこで

 

「海外旅行がつまらない」を脱する心構え(上のことに関連するやつ)を伝授します

 

スポンサーリンク

 

何が好き?何をしたい?をとことん考える

f:id:makoto-endo:20190426222855p:plain

せっかく日本の外に出て、開放感だーーー!!と感じてるのに、【自由が故の不自由】に囚われては元も子もないです

 

どうやって楽しむか?を考える上で

 

今まで生きてきた体験の中で

  • どんなことが好きなのか?
  • どんなことにわくわくするのか?
  • どんなものに面白みを感じるのか?

を思い返してみてください

 

1日じ〜っくり時間をかけてでもいいので、体験・経験を遡ります

 

持ち物準備は数時間で完了な一方、これは哲学的な思考も混じるので時間はかかります

 

僕の場合も

  • 「一体自分は何が好きなのか??」
  • 「それを海外旅行とどう照らし合わせるのか??」

を自問自答し続けましたね

  

その結果・・

  • 昔からRPGが滅茶苦茶好き!
  • →新しい街、ダンジョンで興奮する!
  • →「新規性の発見」で面白みを感じる!

 のように「好き」を探り当てました

 

大切なのは探り当てた「好き」を、海外旅行でのアクションと照らし合わせることです

 

難しく言うと、

 

体験・経験にもとづく「好き」を抽象化する

 

次に

海外旅行にその要素を転用する

 

ってことですね

 

僕の場合は「新規性の発見」です

 

新しいもの・こと・人を知ることが好きなので海外旅行に転用してしまえば

 

「面白くないわけがない!!つまらない??んなわけねーじゃん」という旅が実現することになります

 

▼僕の「好き」の価値観に近しいものを感じるなら、以下の記事はおすすめです。その名の通り、RPG好きなら行きたい村の紹介です

関連:RPG好きならチェスキークルムロフ行っとけ!勇者になれる村!

 

スポンサーリンク

 

「意外性」も意外に大切です

woman standing showing shocking face

とはいえ

 

興味も関心は1ミリもなかったんだけど、なぜかww好きになったんだけどww

 

という経験は誰でもありますよね。好きな人の理想のタイプと付き合う人が実際に違う、みたいな、しらんけど

 

ここまで書きましたが「絶対これには興味も関心もない!!」という対象にも、海外旅行で着目してみるのもいいかもしれません

 

僕も場合も

  • 絶対に仏像と寺院には興味ないww
  • 有名すぎる観光名所は行く価値ないww

のように初めから食わず嫌いでした←

 

が、、、あえて正面から寄り添ってみました

 

今までの経験に基づいて興味ないもの判断していてもその価値観が変わってる可能性があるからです。そして実際に僕は変わってました

 

もともとはパリに出かけても「有名過ぎるところなんてww」と、エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りにあえて行かない人でしたが、、、行きました

 

そして

 

「あっやべ。やっぱ1番衝撃だわすげえわ。圧巻だわ。王道だけあるわ。来てよかったわ」

 

これまでの自分wwなんだったのーーただの中二病発症してただけじゃないのーーあほじゃない??と思うくらい、感動してしまったんです

 

今更過去の自分を責めるのは無意味なので、ここから学べたのは

 

「これまでの経験で1ミリも興味も関心もなかった対象にあえて触れてみると、実は興味と関心が芽生えるかもよ???」

 

ということでした

 

これを勝手に海外旅行の「意外性」と呼んでます

 

日本ではなかなか発見できないおもしろさに気づけるのも、海外旅行の醍醐味のひとつかもしれません

 

俺得:海外旅行でやりたい楽しいことの定番

 

一般的に海外旅行で何する?といえば

  • 好きなレストラン・屋台に行く
  • 好きな観光地・お土産屋に行く
  • 現地の知り合い・友達に会いに行く
  • 日本と比べて考えてみる
  • 思いついたことなんでもやってみる

 

でしょう

 ふ〜〜〜んとそっかそっかと思ってもらえたらOKです。ここから計画立てるきっかけにしてもらってもいいですね 

 

最後に、、僕が海外旅行をおもしろくする、3つの具体的なアクションを紹介します

 

「新規性の発見」はテーマとして変わりません。同じタイプの人はじっくり読んでみてくださいね

 

①:風景・景色をの激写を楽しむ

 

「あ〜〜・・こんなとこ行ったなあ。あのときこんなこと考えてたっけ」

 

と、海外旅行の振り返りは、旅の瞬間には無い

 

振り返りに写真があると、旅で得られた新しい価値観や発見を情景とあわせて心にながくとどめておくことができます

 

例えばこんな写真を僕は撮りました(@チェスキー・クルムロフ)

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by MAKOSANمحمد🍣 (@makosan_jp) on

 

海外旅行はなかなかない機会、というのもあってこの写真をとったのときの心情を今でも覚えています

 

あーー。この城俺のものにならねえかな

 

つって

 

その土地にしかないものの撮影はとても楽しい。

 

思い出を美化するとかじゃないですけど、海外旅行を終えた後も「楽しみ」を思い出すことができます

 

このように、写真は海外旅行の「楽しみ」を長く保存してくれ、長い間楽しめる素材になるんですね

 

スポンサーリンク

 

②:ゲストハウス・ホステル・バーに滞在してみる

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by S Thirty5 (@s_thirty5) on

 

海外旅行での新しい発見が一番楽しみな僕

 

そこそこ良い綺麗なホテルを借りて、美味しいディナーを食べてもなんか違う感が僕にはありました。

 

新しい刺激がそこまで大きくないからでした。大きくなくはないですが、「調べた通りだ・・なるほどっ」の予想通りの結果のせいで、期待を上回ることは少なかった!という説明の方が正しいですね😂

 

一方、現地の人と絡んで話して飲んでどこかに連れて行ってもらう方が、楽しみは数倍でした。その出会いのきっかけは見出しの通り。

 

例えば、初めてゲストハウスに宿泊したのはコペンハーゲン。そこではドミトリー形式で8人部屋で共有のリビングスペースもありました

 

  • おかえりーーー!!(英語)
  • どこからきたの???(英語)
  • 同じく日本人です。(日本語)
  • 韓国から一人旅してます。日本語少しだけわかります。(日本語)

 

「ただいま感」と「ほっとする感」を今も鮮明に覚えてます。海外旅行=ホテルでゆったりの先入観が壊れた瞬間でした

 

ゲストハウスで知り合った人たちと有名観光スポットに出かけるもOKだし。超ローカルな屋台飯を食べにいくもOK 

 

「新しい人との出会いが楽しみのひとつ!」って人ならこの選択をとるべしです

 

 ③:超ローカルマーケットに潜り込む

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by MAKOSANمحمد🍣 (@makosan_jp) on

 

新しいもの、見たこともないもの、好奇心を刺激してくれるものの発見

 

これは外せないですね

 

特に海外旅行。現地の人しかほぼ訪れない超ローカルなマーケット探索はやっぱり楽しいです

 

  • こんなの日本じゃww絶対wwないww
  • これ、日本に持ち帰ったら驚かられるだろうな〜〜

 

と感じるローカルマーケット特有の商品を眺めるだけで、そして買った後を妄想するだけで、もう楽しいです。あほすぎるけどこれくらいが楽しいです

 

*治安の確認は入念にしておきましょう。あとは唐突にミサンガを腕に巻きつけてお金を請求してくる詐欺師には気をつけましょう・・ 手口が

 

スポンサーリンク

 

まとめ:海外旅行がつまらないならテーマを持とう

以上!!もともと海外旅行の楽しみ方に戸惑い、つまらないと感じてた僕の工夫をまとめてました

 

まとめたように、「これ好き!!」や「面白い!!」と今まで感じた体験と経験から抽象化したテーマを持つといいですね

 

「新規性の発見」は僕のテーマですが多くの海外旅行者に共感してもらえるテーマなのかなと思います

 

今後も新たなテーマを掲げて海外旅行をして、また別の「つならなくない旅」を見つけていきたいと思います

 

楽しんだもの勝ちの海外旅行。多くの人が楽しめるよう、僕自身も発信を続けていきますね。次は台湾かなあ!!!