しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

勉強に拒否反応が出てもうだめなんだが?どうすべき?【受験生で勉強時間0の人は読んで下さい】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。勉強が無理!大嫌い!デュエルしてた方がずっと楽しい!と思っていた人です

 

本記事では

 

「とにかく勉強に拒否反応が出てもうだめなんだが?これってどうすべき??」

 

という状況の分析とその対策をまとめます

 

本記事に辿り着いた人の大半は【勉強  拒否反応】で検索してきてくれてるよね・・辛いよね。勉強したくないですよね・・

 

小学生から中学生・高校生まで「拒否反応」を感じる学生に役立つ内容になるよう、丁寧にまとめていきます

 

「なるほどー・・そうかそうか試してみよう」と思ったとしても読了後はすぐに忘れてしまうのが人間

 

読了後はすぐに行動にうつすことをおすすめします😌

 

スポンサーリンク

 

 

①:勉強で「拒否反応」が出る原因を分析する

A musician in a white shirt on stage with white and red lights breaking through the smoke behind his back

なんとなく「勉強、無理なんだけど。拒否反応出るんだけど?という気持ちはわかります

 

僕も感じた時があります。いや、今でも勉強好きに見えて拒否反応が出るときがありますw そんなもんですm(._.)m

 

この理由は大きく以下の2つかな!と分析してます

 

結構大胆に2つにわけたので、スケールでかすぎて抽象的すぎてしまったらすみませんm(._.)m

 

  1. 「勉強の存在」による勉強の拒否反応
  2. 「モチベーション」による勉強の拒否反応

 

どうでしょう・・「ちょwwそれ俺じゃん」

 

って思いましたか???

 

該当しそうな箇所をよく読んでくださいね

 

①:「勉強の存在」による勉強の拒否反応

「勉強の存在」そもそもがもーーーむ無理!!

というタイプ

 

ですが現実、、小学生から高校生では半日、ましてや受験生は勉強漬けの毎日です

 

中学1、2年と比べて3年生。高校1、2年と比べて3年生は塾で滅茶苦茶勉強します

 

そうですね。いきなり僕の例をひっぱって恐縮なんですが、大学受験してた頃の1日のスケジュールはこんな感じでした

 

  • ピンク色の時間帯はわり勉強してるタイミング
  • 水色は食事・睡眠・風呂のタイミング

(*当時は、予備校の寮で生活してました)

 

  • 6時15分:起床
  • 6時半:朝ごはん
  • 7時〜12時:自習室
  • 12時〜12時半:休憩
  • 12時半〜13時:単語
  • 13時〜16時:授業
  • 16時〜17時:復習とノート整理
  • 17時〜19時:自習室
  • 19時〜20時:晩御飯+風呂
  • 20時〜24時前:自習室
  • 24時:就寝

 

当初はこんな生活を考えても想定もしてませんでした

 

1日13時間以上は結局やってたんですが、

 

勉強をはじめた当初は

 

  • 「こんに勉強するなんて、、、考えてもなかった・・・(拒否反応)」
  • 「遊びたいのに、遊びたいのに、勉強嫌いすぎて、、もう無理(拒否反応)」
  • 「勉強www◯ねwwwww」

 

もうね、完全にアウト。GW終了後にはもぬけの殻のような状態になってました😂戦線の一時離脱です

 

これはモチベがどうのこうのという複雑な話ではなく

 

やる気があるなしとかの話ではなく

 

シンプルに「勉強が!嫌い!大嫌い!!(拒否反応)」

 

という症状です

 

勉強なんかよりデュエマやってた方が楽しいし!

勉強なんかより遊戯王やってた方がすっごく楽しいし!

 

すっごくわかります💦 そりゃあ好きでもない+やりたくもない勉強をやるのは苦しい以外のなんでもないんですね・・

 

そして次にこれ

 

②:「モチベーション」による勉強の拒否反応

 次にモチベーションによる勉強の拒否反応です

 

「なんのために勉強するんだ??よくわからないけど。とりあえず高校・大学行かなきゃだし。行った方が無難?じゃん?知らんけど。」

 

という状態になってませんか??

 

これ、けっこうな危険信号です

  

人間は「何か意味ある」こと以外にやる気を見出さない動物です。そして行動にも移さない非常〜〜に贅沢で経済合理的な動物です

 

「いやーね。勉強って意味あんのー。今を生きようず(拒否反応)」

 

この感情も、勉強にモチベーション(動機)がないことに起因します。動機がなければ、拒否(NG

 

これが「モチベーション」関連の勉強の拒否反応です

 

 

スポンサーリンク

 

②:「勉強の拒否反応」を「勉強の肯定反応」に変える

f:id:makoto-endo:20190724181740p:plain

理由を分析したところで「勉強...まあ頑張るか!」という気持ちに変える工夫をしていきます😌

 

*肯定反応は完全な造語です。拒否反応を和らげ、勉強に取り掛かる”大義名分”をつくる意味を込めて作りました笑

 

具体的な解決策を合わせて4つ紹介しますね

 

  1. 一緒に頑張れる友達を3人作る!
  2. できるところから少しずつ勉強する!
  3. 勉強する目的・将来何をやりたいかを考える!
  4. ご褒美を目的に頑張ってみる!

 

いずれも僕が受験生時代に悩み、解決を試みたことです

 

特にこれから「受験にむけて勉強したいけれど、、勉強拒否!!!」って人には効果的かなと思います😌

 

①:一緒に頑張れる友達を3人作る

*勉強モードにスイッチを入れる場合です。学校の友達とはまた違う、勉強友達です。

 

「この人なら!こいつなら!一緒に頑張れる!」と、いつも勇気とパワーをくれる友達を作りましょう

 

 ポイントは

 

 1人、2人、多くても3人

 

『ハンターハンター』のゴンとキルアとクラピカ、おまけにレオリオがいるくらいのいつもの3人で高め合うことができたら最高です(*俗に言う勉強仲間ですね)

 

*イメージ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:makoto-endo:20190726111749p:plain

出典:HUNTER×HUNTER

関連:勉強仲間は要る?要らない?勉強仲間が必要な理由と見つけ方!【勉強仲間かつライバル関係がおすすめです】

 

どうしてそれ以上が微妙なのか?

 

4人、5人、6人と増えてしまうと友達の繋がりがまた友達の繋がりを....のように群れてしまうからです

 

最初は「新しい友達できたー!勉強たのしー」と思っても、知らず知らずの間に友達の輪は広がってしまいます

 

「えっあいつの知り合い?!」的な話から始まる出会いみたいな笑 謎の井戸端会議で3時間も消耗して、勉強せずにグダるパターンはよくある光景です

 

友達の輪を広げるコミュニケーションは素晴らしいんですが、これ、勉強仲間以外でつくりましょう

 

勉強時間は将来の為の貴重な時間です

 

そのためには「本当にこの友達の関係は今必要か??」と考える姿勢も時には大切

 

一緒に頑張れる友達2、3人でもできると、勉強する時の孤独も解消されます

 

「だるいけど頑張ろう」と思えるのも、一緒にいる友達からエネルギーをわけてもらえるからなんですね😌

 

 ▼ここまで読んだけど「あれ、いつも家庭学習は家でやるタイプなんだけど??」という人はぜひインスタの勉強垢で友達を作ってもいいですね

 

オンラインの繋がりもお互いに支え合えるのでいいものですよ〜

関連:インスタグラムの「勉強垢(大学受験)」はモチベ維持に良い!【勉強アカウントの活用法を伝授!】

 

 ②:できるところから少しずつ勉強する

20km走るマラソン練習をいきなりやっては死んでしまいます

 

「長距離走なんか、大っ嫌い」となります。もちろんスタミナを少しずつ蓄えるのが大切です

 

実は勉強も同じです

 

いきなりハードルを上げすぎた勉強時間・レベルに取り組んでしまうと

 

「勉強なんてもう嫌いすぎるわww勉強なんて誰がするwww」

 

となります

 

そこで、できる範囲(時間とレベル)で少しずつ進め、小さな成功体験を積み重ねつつ、できる範囲(時間とレベル)のキャパシティを広げていくといいです😌

 

以下のような感じです

 

  • 勉強時間と量:毎日1時間+授業→毎日3時間+授業→毎日5時間+授業....
  • 勉強レベル:中学レベルの基礎→高校1・2年生レベルの基礎→高3レベルの基礎...

 

限りなく挫折率を抑えた戦略です

 

勉強にショートカットは存在せず、地味にコツコツと段階を踏むことですね

 

これを守ることで「勉強できるようになってきたぜーーー!」のような達成感の経験のもと、「っしゃ今日も勉強するかなあ!」のように、少しずつ意欲的になれます

 

▼詳細な計画の立て方については下記記事を参考にして下さいね。目標の適切な作り方は滑り出しにとても大事なことです

関連:「独学」を続けるコツは目標設定にあり【*全ての独学対象に有効です】

 

③:勉強する目的・将来何やりたいかを考える!

小難しい話は抜きにして....

 

「なんでこんな辛いことしなきゃならんのだ??別に勉強辞めたって困らないンゴ」

 

と、思った時点でこれも危険です

 

一番は勉強することが目的だし、受験生になると去年よりも比べられない勉強量だし、辛い以外のなんでもないのは上記の通り

 

でも、頑張らなければいけない

 

そんな時「辛くても、将来の目標があるからやるしかねーな頑張るしかねーな!勉強するしかねーな!」っていうマインドがあれば勉強に戻ってこれるし、勉強を続けるモチベーション(動機)に繋がります

 

  • 受験・勉強が目的➡︎モチベ下がりやすい
  • 受験・勉強が手段➡︎モチベ保ちやすい 

 

受験に限っていえば、受験オタクを除けば受験は将来の「何かを叶えるため」の手段でしかないはず。中学受験、高校受験、大学受験生全てに共通ですよね

 

  • 進学先でどんなことをやりたいのか?
  • 卒業したら、将来どんな職業に就きたいのか?
  • そもそも何の為に進学するのか?

 

これらですね。ありきたりですが、一人でいる時間でもOKですし、友達と話しながら考えてみて下さい。

 

もちろん仮の答えも全然OKです

 

いわゆる「大義名分」というやつです 。今勉強すべき大義名分をたて、使命感を心に整える方法です

 

余談ですが、受験生の頃の僕の勉強のモチベーション(大学でやりたいこと)と、大学入学時点でやったことは全然違いましたwww・・ が、そんなもんでいいのです😌 

 

④:ご褒美を目的に勉強を頑張ってみる!

ちなみに僕の週1のご褒美はこれ

 

至福のご褒美です

 

最後はご褒美を用意して、勉強の拒否反応を和らげるというもの。中学生〜高校生まで幅広く対応可能です笑

 

ご褒美は賛否両論分かれるんですが、僕は以下の2つの理由でご褒美に賛成です

 

  1. 「〇〇があるから頑張る」の気持ちになる
  2. 「やれてよかった」の気持ちになる

 

それぞれ順番に解説していきますね

 

①:「〇〇があるから頑張る」の気持ちになる

そもそも将来のためや入試のために勉強をしますが、

結果にあらわれるまでかな〜〜〜り時間がかかります

 

人間は「結果が早くわかる方」を好む性質があって、逆の「結果が遅くわかる方」のモチベを保つのは難しいんですね

 

そりゃ拒否反応も起こるわなっwww

 

かなり極端ですが

 

  • ご褒美なし→勉強のモチベーションは長期的なもの→今日喜ぶことはできない!
  • ご褒美あり→勉強のモチベーションは短期的なもの→今日喜べる!

 

の違いもあるくらいです(*僕の実体験の感覚)

 

というので「〇〇(ご褒美)があるから頑張る!」の気持ちを作ることが、早く喜ぶコツです

 

今日勉強を頑張った分、ご褒美で自分を喜ばせられます。その結果、やる意味を見出しやすいです

 

単純な性格の僕にとって、効果は抜群でした笑

 

②:「やれてよかった」の気持ちになる

①の続きの勉強ストーリーになります

 

「〇〇(ご褒美)があるから頑張る!」→やる→「やれてよかった!今日もお疲れ!!」の達成感を味わうことができます

  

  • 勉強を頑張った自分に自信を持てるようになる!
  • 明日の勉強も頑張ろう!という気持ちになる!

 

ですので、勉強に取り組む上で 達成感はポイントです

  

「勉強はしんどいけれどやれてよかった!」の達成感の感覚が脳に焼きつく→勉強を頑張り続けるループに近づきます

 

ご褒美を用意して、風前の灯(?)の勉強のやる気を今日から明日へと「繋ぐ」。この表現が適切かもしれませんね😌

  

スポンサーリンク

 

まとめ:なんとなく「勉強=拒否反応」の原因をはっきりと!

本記事では「勉強=拒否反応」の理由と、対策を現役の学生に向けてまとめてみました

 

なんとな〜〜く感じる「勉強の拒否反応」はどうして起こるのか?をはっきりさせることからはじめてみてください

 

その後に「具体的に何ができるか??」を考えてみましょう😊

 

「勉強拒否反応」→「ちっ勉強でもしてやるか・・・」→「っし。勉強頑張ろう!」のように、少しずつ、少しずつ拒否反応が和らいでいくはずです

  

勉強対する考えが変われば行動も変わります

 

 行動が変われば運命(進学先)も変わるでしょう

 

臭い話ですが、夢を叶える手段として、メンタル面から勉強を攻略してください!応援しています。拒否反応を乗り越えて頑張ってくださいね。健闘をを祈ります😌

人気記事:【2020年度版】おすすめオンライン家庭教師+動画授業を7つ紹介!【オンライン家庭教師のメリットは無限大です】