しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

一人旅におすすめのコスパ最強「リュック(バックパック)」9選!【ミニマル型一人旅は移動の快適さが大切です】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。一人旅でスウェーデンに訪れた時、大型犬に襲われるハプニングに見舞われました。いや福祉国家

 

本記事は一人旅歴5年の僕が厳選する一人旅に必要なリュックをただただ紹介しまくる!!というものです

 

スポンサーリンク

 

 

前提:「必要な持ち物」から考える

f:id:makoto-endo:20190507132549p:plain

 結論を言うと「必要な持ち物」のシミュレーションを行い、実際に揃える。その後で適切なリュックを購入しましょう!!!ということです

 

  • リュックから考える→持ち物を用意
  • 持ち物から考える→リュックを用意

 

小さな違いですが、一人旅の快適さに影響を与えます....

 

具体的に僕の失敗を挙げると、勢いで容量大のガチのバックパックを購入→「あれ??こんな大きかったっけ?こんなに荷物いる??」→「仕方ないから余分なスペースに何かいれておくか」→「いやーー重いンゴ。こんなに道具いらないンゴ」

 

な感じです

 

スペースが有り余りすぎて、それを埋めようと今思えば余分なアイテムをわざわざ買って重くなる。そして自分で自分の首を苦しめる、という失敗でした

  

と、いうわけで以下の「一人旅で絶対必要な最低限の持ち物」でまとめた通り、僕の一人旅の持ち物は基本的に少なめです。必要に応じて現地で調達+宿に保管+現地処分するスタイルです

 

関連:【国内海外不問】一人旅に最低限必要な「持ち物」リストはこれ!【移動の快適さが1番大切です】

 

☑️現地調達する身の回りの生活用品

  • シャンプー
  • ワックス
  • 日焼け止め
  • 洗濯バサミ
  • 歯ブラシ
  • ハンガー
  • Tシャツ
  • スプーン・フォーク
  • スリッパ
  • 栓抜き

など

  

大切なのは上記記事の「最低限必要な持ち物」とその体積量から逆算し、リュックを選ぶということ

  

また、リュック選びの基準について僕はもともと

  • 「デザインよりも機能性じゃね!?」
  • 「最低限の物しか持たないし最低限入ればいいよね!?」
  • 「しかもよく物無くすし・・リュックとはいえ高額なのはちょっと・・・」 

という価値観の人です笑。リュック選びに反映されてると思うのでご了承ください😌

 

最終的に僕の場合は小さめのリュックで全然OK、全く問題ないという結論にいたりました😌 つまりミニマル型の一人旅リュックになりますね。以下よりどんどん紹介していきますね

 

 

*メモ*

現在僕はデジタルノマドweb系フリーランスに転身しました。海外を拠点することも多く、事実上デジタルノマドのリュック≒一人旅のリュックの構図になるかもしれません。デジタルノマドにもなってみたい人にも参考になるかと思います😌!

関連:web系フリーランスにおすすめのコスパ最強「バックパック(リュック)」9選!【ストレスの無い移動を求めてます】 

スポンサーリンク

 

無難な大きめならこれ!ミレーの35L

こちらはフランスのバックパックブランド「ミレー」のバックパックです。僕は1年弱使ってました。今は実家のどこかに封印してあります...笑

 

  • 「最低限の持ち物と最小のリュックだけでは不安すぎる...」
  • 「現地でもお土産とか備品とか色々買うものあるし運ばないといけないし...」

という人ならベストのサイズです!35〜40リットルも収容可能で、十分すぎるほどでした

 

このサイズが一人旅に普通なんですけどね😂←

 

い「あと何をいれたらいいんだ・・・これ以上いれると重たくなるし・・・というかもう必要な物ないし・・」と、思ってた当時のことを考えるとそこまでのサイズはやっぱり僕に必要無いですね😂

 

*こんな感じの横の写真です!

超オーソドックスのフォルムと十分な機能性です 

 

 Yunimo:バックパック

 

必需品は全て入るしシュッとしたデザインYunimoのバックパック。シンプルが好きな一人旅プレイヤーにおすすめです

 

一人旅でのブログ執筆に必要なノートPCからスマホ、そして着替えまで全て収納できるのでこのリュックです

 

デザインも派手すぎずオシャレすぎず、そこそこのこのイケてる感

 

海外の一人旅で背負ってぷらぷら歩いても何にも違和感はありません。これを背負いつつ現地の人と食べ歩き散策でもしてみるといいですよ😌

 

スポンサーリンク

 

ZEN:大容量メンズビジネスリュックサック

この質感良い丈夫のPUレザーのリュックがAmazonプライムで2900円!いや安すぎ!

 

値段相応の見た目はまあ普通のリュック。でもこのリュックしっかり丈夫だし、漂う高級感があります

  

背負っても違和感無い年代は幅広く、大学生からアラサーの一人旅プレイヤーが使っても違和感0な万能さです 

 

 Bruarda:メンズビジネスバック

2,680円の値段がとてつもなくリーズナブル。僕のリュック代は大体3,000円以下になることが多いです。しかも1年以上も背負い続けます←

 

大学3年生〜4年生の時(卒論やら大学院の準備やらで忙しい時)に、パソコンを入れて愛用してました。懐かしい!!!

 

僕はよく1週間 〜2週間で台湾や韓国に行きますが、このリュックで十分行けました。持ち物は貴重品と服くらいですね😂

 

*イメージはこんな感字です。パソコン(15,6インチ)と教科書・筆記用具を別々にしまえるのでスタイリッシュで使いやすかったです

ãBruarda ã¡ã³ãºãã¸ãã¹ããã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

ザ・ノース・フェイス:BC FUSE BOX 

ザ・ノース・フェイスのボックス型バックパック

 

ファンキーな見た目の裏には摩擦強度と耐水性を備えた機能性があります

 

一人旅プレイヤーにとって「耐水性」はありがたい!海外(特に東南アジア)にいると、突然の大雨でホステルから観光地、観光地からホステルまでの移動は地獄ですもんね

 

値段相応の「機能性」とカジュアルなファッションへの合わせやすさで人気な安定のバックパックです

 

スポンサーリンク

 

 Inateck:盗難防止耐傷付きラップトップバックパック

 「シンプル・イズ・ザ・ベスト」を体現するリュック

 

今となっては僕はノマドワーカー。その必須アイテムのノートPCと小道具(充電器・折り畳み傘など)も十分収納可能。またUSBポートが付いててるので充電しながらスマホをしまえます

 

タイのコワーキングスペースでもこのリュックの持ち主を発見しました。一人旅プレイヤーなのかどうかはわかりませんが、デジタルノマド

 

動きながら充電しつつスマホを操作できるのは意外におおきいメリットです。アップル公認のINCASE CITYにデザインは近く値段も約半額ってことは意外な掘り出しものかもしれませんね

 

 

f:id:makoto-endo:20180520011126j:plain

 

 

TERG BY HELINOX:ターグバイヘリノックス

 驚くべきはこのバックパックの軽さ。ザック単体の重さをほとんど感じないくらい軽い軽い軽い

 

スタイリッシュなフォルムも惹かれる魅力的です。水にも強く無駄な紐もなければ汚れも目立ちません

 

この特異なフォルムだけどもシンプル極めたデザインが大好きです

  

意外に持ってる人は少なく「ちょっとしたオシャレ感」を出せます。おしゃれな旅人になりましょ!

 

ザ・ノースフェイス:シャトルデイパック

ザ・ノース・フェイスのビジネスリュックバージョンです。ノース・フェイスにもガチのバックパックがありますが、これで十分

 

海外一人旅の場合、派手なリュックやいかにも観光客すぎると「お金」のにおいを匂わせ、危険な目にあうリスクが高まります・・・地味な見た目は意外に大切

です

 

「機能性」も十分かつ体にフィットしやすい。繁に移動する一人旅には持っておきたいですね!

 

*今のリュックが壊れたあとはこれを買う予定です

 

 ヘルスニット:メタルバックルバックパック

アマゾンで4600円でこのクオリティーのリュックが買える時代とは...!

 

シンプルでキャパシティも申し分なく万能な活躍をみせてくれます。しかも普通にかっこいい

  

夏場のTシャツに半ズボンのファッションに合うので、身軽でカジュアルなスタイル好きにはおすすめ!

 

特に東南アジア諸国でしばらく滞在予定の旅人なら欲しいものですね 

スポンサーリンク

 

まとめ:「移動」の快適さを大事にしたい

全てはこれ↑かなと思います。一人旅は移動が沢山。その移動をどうやって捗らせるか?こればかり考えてました

 

一人旅においてストレスなき移動は護身術並に大切。両手の空くリュックは絶対外せない一人旅のパートナーです

 

持ち物で本当に無いとやばいのは

  • 商売道具の「ノートPC」
  • 通信手段の「スマホ」
  • 決済手段の「クレジットカード」
  • 飛行機に乗るための「パスポート」(国外) 

くらいです。あとはぶっちゃけると現地のスーパーやデパートでも十分手に入ります。「これさえあればOK。あとはどうにかなる!」と、几帳面になり過ぎず割り切ることも大事かなと思います

 

また、こうした荷物を最低限におさえ「ある意味普通すぎるリュック」を持つ理由もその護身術にあります。

 

大きなバックパックを日常生活では持たないですよね??特に海外一人旅での護身術は「現地の人への同化」が最強だと思い、常にカムフラージュしてます笑

 

例えばソウルの一般人が背負うリュックを背負うイメージです。詳しくは以下の記事にまとめたので読んでみて下さいね😌

関連:初海外は緊張!海外で身の安全を守る為に僕が絶対がけていること

 

それでは!多くのミニマル型(?)一人旅を考える人の参考になれば幸いです!!