しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

【国内海外不問】一人旅のゲストハウス・ホステルの選ぶ基準+メリット!【最後は他人の経験より己の経験が頼りです】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。海外一人旅に出発するのは一期一会がそこにあるから←かれこれ一人旅歴は5年ほどになります

 

本記事では

  • 一人旅のゲストハウス・ホステルの選び方
  • 一人旅でゲストハウス・ホステルに宿泊するメリット

の2点を中心にまとめます😌 

スポンサーリンク

 

前提:ゲストハウス予約はこの2つで十分

まず基本的に僕は以下の2つのサービスを用い、国内・国外問わずゲストハウス・ホステルを予約しています。全くステマとかではなくガチです

通算で50回以上は予約しています。今の所、不満は一切ないですね(がち)

 

たま〜に「うわあー!駅から遠かったー!!!」という事態もありますが 、僕の見落としです...

 

▼登録から予約までの細かい手順については以下の記事にまとめてあります。ながめるだけでも「へ〜〜いつか泊まってみたいなあ!」と思えるので暇つぶしにおすすめです(旅中毒)

関連:海外(国内)旅行の宿泊先予約は『Booking.com』が超絶楽!【大学生バックパッカーはおすすめだぞ!】

 

 *僕にとって「ぬくもり」はホステルに欲しい要素です。イメージはこんなあたたみのあるホステルは最高です 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by S Thirty5 (@s_thirty5) on

 

スポンサーリンク

 

一人旅のゲストハウス選びの基準

white folded printed paper on table

上記予約サービスを使い倒す僕ですが、一人旅のゲストハウス・ホステル選びで大切にしてる基準をまとめますね

 

とりわけ「1人の旅で絶対これ要るだろう!」というものです。多く旅人の共感を得られるのではないでしょうか

 

それは以下の

  1. 無料のwi-fiがある!
  2. 駅から徒歩圏内にある!
  3. 朝食を追加可能である!

の3つの基準ですです。それぞれ順番に説明していきますね

 

無料のwifiがある

ネット無しの一人旅はスリル抜群...だけどネットに接続してる安心感は異常。ゲストハウスにwifi環境は絶対外せません

 

  • 友達・家族とビデオ通話
  • 観光スポットやレストランのリサーチ
  • 1日中OFFの映画鑑賞

一人旅で絶対する宿のアクションです。wifiレンタルもしくはプリペイドSIMカードでネット接続もできますが、容量に制限がある場合がほとんどですからね

 

後述の口コミ・レビューを頼りにするといいです。wifi環境に問題なし!のレビューをてがかりに僕は絶対予約することにしてます

 

駅から徒歩圏内にある

「何かあったら、何か思い立ったらすぐに移動できる安心感」はあった方がいいので、駅近を基準にゲストハウスを予約します

 

一度、「駅から徒歩10分」と記載があって予約したものの実際には徒歩20分以上もかかったことが北欧の旅でありました😂(誰が歩いた)

 

ホステルの予約前にgoogle mapで距離と道順の確認を忘れずに!!一人旅に慣れてくると「いやww大丈夫だろww」と余裕を見せてしまいがちなので、そうゆう人こそ注意しましょう

 

朝ごはんを追加可能

一人旅を楽する裏技(?)です。国内国外問わず、ゲストハウスでは「朝食付き」のオプション予約が、大体300円〜500円でできます 

 

*イメージはこんな朝食ですね😌ヨーロッパ諸国ではトースト+コーヒー+卵料理+αの朝食のパターンが多いです

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Matheus de Albuquerque (@albukerk18) on

 

一人旅には

  • 「朝から移動めんどくさい・・」
  • 「昨日だるくて買い込むの忘れた・・」

といった少しの怠け感情は付きものですし、僕も一人旅では怠けてます。ありがたいサービスですね

 

しかも時間も朝の時間帯で決められてるので、朝に起きるリズムを作れるのでおすすめです

 

補足:サービスの口コミを頼りにする

最も手軽なのは紹介したサービスの口コミとレビューを参考に、総合的に判断をする方法です

これら2つのサービスには、宿泊ユーザーによってゲストハウス・ホステルの評価が蓄積されてます

 

  • ホステルの立地と周囲の環境
  • スタッフの対応
  • ホステルの清潔度

 

などは実際に宿泊した旅人でないとわからないです

 

無料wifi完備の記載を確認しても、「電波弱いじゃーん!!」というオチは結構よく見かけるので口コミは本当に頼りになります

 

スポンサーリンク

 

ゲストハウスに宿泊するメリット  

f:id:makoto-endo:20190507173529p:plain

 上記の基準で選ぶ、それだけ一人旅が捗るメリット。でも具体的にゲストハウスに宿泊する良き恩恵にまだ触れてませんでした

 

以下の3つがゲストハウスに宿泊するメリットです。上の選ぶ基準と合わせてどーぞ!

  1. ホテルよりも断然安い
  2. 旅との出会いがある=寂しさ解消

  3. 旅に関するアドバイスをもらえる

 

「ふーーーん知ってるよ??」という人はもう読み飛ばして下にスクロールどうぞどうぞ

 

①:ホテルよりも断然安い

宿泊費を抑えて

  • 1週間以上の長期一人旅をする
  • ちょっとリッチな経験(食事・アクティビティ)をする

のどちらかが一人旅のゲストハウス利用目的です。僕はいつも上の人です

 

ゲストハウスはホテルよりも安く、物価が安い国では約500円ほど、日本でも約2000円ほどで宿泊できます

 

安く1泊できるって最高!

 

これ以上でもこれ以下でもないメリットです

 

②:旅との出会いがある=寂しさ解消

  一人旅同士はお互いに「どことなく寂しさ」を抱えます。お互い話すだけで安心感を覚えやすく意気投合もしやすいです

 

これは一人旅マジックですねえ

 

もともと僕は一人でそこそこ良いホテルを借りて、美味しいディナーを食べても「なんか違う感」を感じていました。そして一人旅に「ほっとする瞬間」は欲しい 

 

初めてゲストハウスに宿泊したのはデンマークの首都コペンハーゲン

 

そこではドミトリー形式で8人部屋で共有のリビングスペースもありました

 

  • おかえりーーー!!(英語)
  • どこからきたの???(英語)
  • 同じく日本人です。(日本語)
  • 韓国から一人旅してます。日本語少しだけわかります。(日本語)

 

この「ただいま感」と「ほっとする感」は今でも鮮明に覚えてます

 

特にゲストハウスのリビングルーム(共有スペース)は落ち着きますねぇ・・・一人旅=ホテルでゆったりの先入観が壊れた瞬間でした

 

  • 「どこから来たのですかー??」
  • 「どこに行ってきましたか??」
  • 「おすすめのスポット知ってますか??」

 

いやくそしょうももない雑談じゃんか?!と思ってしまいますが、この質問と会話だけでグッと距離を縮めることができます

 

これは一人旅マジックですねえ

   

③:旅に関するアドバイスをもらえる

ネットの情報よりも生の情報

 

ゲストハウスに宿泊するとはじめに受付の人と会話します。旅で不安なこと・気になってることをなんでも聞き出しましょう。リアルRPG。

 

  • 「この近くのおすすめの安くて美味しいし食べ物のある、しかもレストランとかフードフードコートも併設してるようなスーパーありますか?」←うざい
  • 「もし明日が地球滅亡の日で、明日最後にここ周辺の観光スポット1つだけいけるとしたらどこに行きますか?」←やめろ

 

ネタですが、なんでも聞き出しておきましょう。受付の人は近隣情報に関するプロです

 

また、会話を通じて仲良くなったら、同じ旅人からアドバイスをもらってもOKです。ついでに、有名観光スポットに出かけるもよし。超ローカルな屋台飯を食べにいくもよしです。あとは...お任せします😌

 

スポンサーリンク

 

まとめ:宿泊体験の蓄積は大事

こうして【一人旅 ゲストハウス】で検索してくれたみなさん

 

言いたいことはこれ

 

ネットの情報を鵜呑みにせずあくまで参考に!!頼りにするのは他人の経験以上に己の経験だ

 

です。一人旅を重ねるほど宿泊体験も増えます。すると「この宿は良さそうだな〜!」や「この宿はオワコンだな〜」といった選球眼ならぬ選宿眼が磨かれます

 

最後は自分の経験を頼りにゲストハウスを選んでみて下さい。その際に踏み台感覚で本記事や予約サイトのレビューを使ってもらえたらなと思います。

 

一人旅を安全に楽しんで下さいね😌

  

▼ちなみに、僕の一人旅に旅立つ「持ち物」についてはこちらにまとめました。最近は大きなバックパックも卒業してリュックひとつで出かけてます。ゲストハウスに宿泊するなら、快眠道具は要チェックです!!

関連:【国内海外不問】一人旅に最低限必要な「持ち物」リストはこれ!【移動の快適さが1番大切です】

 

▼海外一人旅に必須の英語力... 僕はこうやって英語を身につけましたとさ。