しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

デジタルノマド(フリーランサー)はどこで仕事する?【移動してモチベ・集中力を維持しましょう】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。基本ネットの世界に生きてます

 

デジタルノマドのフリーランスにとって「集中力の維持」は大きな課題です。ずっと座り続け、集中力MAXでのパソコン作業はなかなか続かないもの

 

僕は最近までこうでした

 

 

大学院の修士論文の執筆もデスクワークの意味で同じで、長い時には1日15時間くらい座ってる時もありました笑

 

でも集中力は持続しないんですね

 

そこで本記事では、僕の論文執筆(無限パソコン作業)の経験をもとに、より集中力を保つためにおすすめのパソコン仕事環境についてまとめます

 

スポンサーリンク

 

 ①:何も無い家にこもる

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by tentenstudy (@tentenstudy) on

 

移動時間0かつ集中できる環境=神

 

パソコンで作業ができる環境=職場。そして職場=家でも全くOKなデジタルノマド 

 

移動時間0なので、これ以上恵まれた環境はありません。たーだーし、集中力が持続できてる場合のみ

 

そこで、作業部屋のすべ〜〜ての誘惑の荷物を取っ払い、煩悩を打ち破り、本気の仕事スペースに仕立て上げましょう(°▽°)

 

僕はすべての誘惑の荷物を取っ払いました。漫画もテレビもなんでもです。部屋には机・PC・プログラミング、ビジネス系の書籍のみ

 

肌感覚で、全ての誘惑を取り除く以外に集中力のある・なしにそこまで関係ないかなと思います

 

騙されたと思って、仕事を遮断するポテンシャルのある「誘惑物」をすべて視界から消し、パソコンと仕事だけの「空間」を完成させてください

 

 

②:カフェ・フードコート+少しの雑音

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by merinstudy (@merinstudy) on

 

っあああ!!!(;_;)

 

何も無い部屋にこもってパソコンをカタカタしてると、なんとも形容しがたい「何か」がたまりますwww

 

20人に19人くらいのデジタルノマド ・フリーランサーは経験しますよね

 

  • ちょっとした雑音のある空間
  • ドリンクオーダーだけでOKでリーズナブル
  • 気晴らしにウィンドショッピング

 

の条件を満たす空間=フードコート・カフェで、コーヒーを飲んでくつろぎながら、雑音を聞きながら作業します

 

デジタルノマドは孤独な個人事業主。人の声を聴かずに黙々と作業をしてる中、ヒステリック状態に近い気分になるときはざらにあります

 

「集中できないな〜と感じるのはモチベーションは関係ない!単なる生理現象だー!」と割り切り、余計なことを考えず体だけ動かすといいです

 

行き詰まったデジタルノマド ・フリーランスの心の落ち着きを取り戻せますよ

 

*僕はほぼ毎朝4時間は「少し雑音」のあるカフェorレストランで作業してます。日課にすることで、起床・就寝時間が一定、心身の状態も安定するのでおすすめです

 

 

スポンサーリンク

 

③: 治験の病棟(強制集中環境)

 

これは大学院の修士の頃の経験です

 

大学院修士2年生(史料の読み込みと修論構想作成の頃)の8月〜9月の20日の治験に僕は参加しました。特許の切れたジェネリック医薬品の治験でしたね

 

院生の頃は「お金がないけど海外に行って現地調査しなあかんし、でも普段の研究時間を削ってバイトするわけにはいかーん!」ということで治験バイトをみつけました

 

結果 

  • 食事・睡眠以外は自由時間(約15時間)
  • 美味しい弁当+水・麦茶飲み放題
  • 超高額報酬(僕の場合22万)

 

と好条件過ぎる上に修論+仕事(インターンのマーケティングリサーチ)も捗るというダブルの利益でした(°▽°)

 

ベッドの周りを見渡すと、リモートワーカー(トレーダーやライター)と思わしき参加者がいました!知る人ぞ知るという感じなのですかねえ!

 

治験参加までの道のり

治験募集サイトの登録が必要です。ネット上で一番信頼できるもので、まずこちらに登録しました

 

もちろん登録料は一切かかりません 

案件の種類の特徴・日程が異なる場合があるので、大手治験サイトに一応全て登録しておくと比較できます

 

 

詳しくは「治験体験記」をまとめてます!気になるフリーランサーはよく読んでみて下さいね

 

④:市の図書館

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Yozo Kobari (@kobari.yozo) on

 

最近はよく千葉市の中央図書館のヘビーユーザーになってます。また場所を変えつつ転々としますが、今はここが好きです

 

  1. スペース+テーブルを広々使える
  2. 空調・充電・音など環境がGOOD
  3. 本読み放題(いや図書館) 

が理由だからですね(いや図書館)

 

この図書館の機能性を改めてよ〜く考えると、デジタルノマド・フリーランサーの仕事環境に最もフレンドリーだなと思いました

 

極寒の真冬でも暖かい部屋。ウォーターサーバーで水も飲み放題。調べたいことをいつでも専門書で調査可能

 

これ以上ないほど知的生産のフィールドとして恵まれた場所です

 

「なんか図書館って行きずらい^^;」「おじさんおばさんたちしかいないんじゃ^^;」「パソコンしたら怒られるんじゃ^^;」

 

の不安は全く違うものでした。もし上記の事柄が図書館に行く気持ちのストッパーならば機会の損失かもしれません。一度行ってみることをおすすめします

 

 

*図書館によってパソコンがNG、充電がNGのルールがあります。もちろんルールはルールなので守りましょーね!不安なら係りの人に質問すればいいのです!

 

補足:ポケットwifiは必要

家・フードコート・図書館で不便なくネットを使うならポケットwifiは必須アイテムです

 

店内wifiは時間規制がある事が多いです

 

っあああ!!!(;_;)

 

wifiが切れてこれはあるあるwデータが吹っ飛ぶのはファイナルファンタジーくらいにしてくれ、という感じ

 

*持ってるポケットwifiはこんなです

 

f:id:makoto-endo:20190113111044j:image

 

NOZOMIWiFi(のぞみwifi)は新しいレンタルのwifiでプラン(短期間〜長期)に応じて、料金が変わるシステム

  1. 解約自由(縛りなし)
  2. 速度制限もなし
  3. 容量も無制限
  4. 解約金もなし
  5. 保証(水没・故障)
  6. すぐに使える

 が大きな特徴。国内ノマドはぜひ持っておきたい商売道具です!(°▽°)

 

*動画でも詳細を確認できますよ 

www.youtube.com

 

NOZOMIWiFiはこちらから