しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

「成功する浪人生」の生活はどんななのか【大学受験浪人が心掛けたい3つのこと】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です

 

僕は、1年間の浪人を経験して大学生になれました。ま〜〜あいろいろあったけども「浪人してよかった!」と受験を終えて、思い返してます

 

 

これから大学受験の浪人になる可能性のある人、あるいは今まさに浪人中の人に向けて、「成功」する浪人にどうやってなれるのか?!について経験をまじえてまとめます

 

スポンサーリンク

 

 

浪人することへの準備

woman running upstair in room

 

まず、浪人の「成功」を定義づけます

 

  1.  現役時に落ちた大学のリベンジ合格。

  2. さらに偏差値の高い大学の合格

 

これが浪人の「成功」でしょう

(異論があればどーぞ!)

 

 

 

90%近い浪人生は、この「成功」に届かないという統計データがあります。しかも10%の成功する人は、現役でそこそこの大学に合格したけども第一志望に落ちた人であるという...

 

 

例えば、MARCHに合格したけれども早慶に落ちた人ですね。偏差値の差を埋めるのは1年で現実的。ゆえに「成功」も現実的。

 

 

偏差値30の人が難関大学を合格を狙って浪人を決断した場合、浪人生活の成功率は、より厳しいものとなるのは自明の理なのです

 

 

......という「危機感」を持たない人が、90%の失敗する人になりやすいです。ですので、まずこうした現実を知って「このままではまずい」という意識を備える心の準備からはじめましょう

 

 

では「成功する浪人生」になるにはどんな心構えが必要なのか、みていきます

 

 

圧倒的に孤独になれ

man standing on top of mountain

 

 

圧倒的に孤独になろう。そして孤独に打ち勝とう

  

 

うお、まじか孤独っておい

 

 

そうです。覚悟でなければ浪人は「失敗」します。そのくらい、浪人を通して成績をあげるのは修羅の道です

 

 

 

孤独になって圧倒的に時間を確保する。そしてその時間を全て勉強に投下するくらいの気持ちを保ちましょう

 

 

 

ただ、孤独とは表現したものの「独り」と「一人」は異なることから、お互いに高めあえる友達を複数人つくるのは全然OKですしむしろ推奨します

 

 

浪人生の主な拠点は、予備校・家・図書館です。「この人となら一緒に頑張れる!惰性に流されないぞ」という人に声をかけ、慎重に友達作りをします

 

 

 

孤独になって勉強時間を確保しつつも、少し束の間の休憩・お昼ご飯休憩に雑談でリラックスする、そしてまた孤独になって勉強

 

 

この環境作りから浪人ははじまります!

 

 

圧倒的にセルフブラックになれ

person climbing snowy mountain

 

続いて「セルフブラック」になれ 

 

 

セルフブラックとは、世間のブラック企業の個人経営バージョン。それが転じ、浪人バージョンの「セルフブラック」になります

 

 

いわゆる

 

  1. 長時間労働
  2. 超絶理不尽

 

がブラック企業の2大特徴ですね。しんどい以外のなにものでもないですが、これをセルフ(自身)に 課す、というもの

 

 

僕自身の浪人経験で、勉強時間は基本13時間以上は毎日やってましたし(長時間労働)、模試では想像の10倍以上に下がってしまった時もありました(超絶理不尽)

 

 

とはいえ、きちんと「正しく生産効率」を求めて労働という勉強に従事し、じわりじわりどかーん!と結果は実り始めました。そしてなんとか有終の美を飾ることができました

 

 

ですので、ただの心身ともに酷使する闇雲な「ブラック」になるのでなく、正攻法で効率と結果を追求する「ブラック」になること!

 

 

目に見える形で結果(偏差値の向上)に現れるまで、先が見えずほんと〜〜〜うにしんどいです。が、この「セルフブラック」なしに浪人の成功はほぼありえないと思ってもいいくらいです 

 

 

 

「浪人生の自分」というベンチャー企業の経営を覚悟しましょう
 

 

 

 *「正しい」勉強方法についてはこちらを参考にしてくださいね

 

スポンサーリンク

 

合格後の姿を強く思い描け

man on grass field looking at sky

 

 

たかが1年ですがされど1年。若い18歳19歳の時の重みはおおきい...

 

ということを重々承知しながらも「浪人」という進路を選んだわけです

 

 

 

圧倒的に「孤独」になり、

圧倒的に「セルフブラック」になる1年

 

 

 

99%の浪人生にとって、人生でそうは経験することのないほど辛い1年間です

 

 

 

そう、最後は希望を持ち続けることです。どんな暗闇の中でも先にみえる光を信じよう。

 

 

 

いや、クサイかよ

 

 

冗談とかでなく本当ですがちです

 

 

合格した先のやりたいことを妄想でもいいので描き続けましょう。浪人生活が終わる直前の大学入試真っ只中の時期、プレッシャーと不安で逃亡したくなってしまいます

 

 

なぜなら1年もかけた時間があっさり数週間で結果がでてしまうから...

 

 

事実、過度な不安・プレッシャーなネガティブ感情は、脳を萎縮させてしまい、いつも通りのパフォーマンスを出せない、なんて事態に繋がりかねません

 

 

一方、「合格後にはあれに挑戦してやるーーー!」という、合格後の自分の姿を想像するポジティブで楽観的な思考は、最後の入試試験会場で、背中を押してくれる一助となるのです

 

 

 

これまでの努力が水の泡になってしまわぬよう、ネガティブよりもポジティブ思考!!心掛けてみてくださいね

 

 

 

以上、本記事では「成功する浪人生」になるための心構えを3つまとめてみました

 

 

浪人生

氵(サンズイ)とったら

良い人生

 

 

 

の五七五とともに応援してますぞ!!

全国の浪人生、健闘を祈ります 。

 

END