しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

まこさん「世界史検定1級」目指すってよ【歴史検定の世界史の攻略に向けて】

スポンサーリンク

世界史の極みへ^^

 

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です 。先日は以下のツイートをしました

 

 

身近な生活で歴史を使えると、ますます歴史が楽しくなります

 

特に僕は「歴史を学ぶ目的は、法則性の発見にある。」という、アラブのイブン・ハルドゥーンの言葉が大好き!

 

 

そこでかれこれ世界史ブログ・オンライン世界史指導・歴史学研究(修士)に携わってるわけですが、世界史のさらに上の極みを目指そうと思います

スポンサーリンク

 

 

まず、これまでの世界史勉強歴を

silhouette of man standing on high ground under red and blue skies 

僕の世界史の勉強歴はざっくり...

 

  • 浪人時代の1年間
  • 大学学部生の4年間
  • 大学院修士の2年間

 

の合計6年間、世界史の講師のバイトをしたりで勉強を続けてました。(なかなかのプレイ時間かなと思います^^;)

 

大学の「世界史」は専門の地域・時代に絞られるので、受験で勉強したような超ひろ〜〜〜い世界の歴史とはまた違う特徴があります

  

もともと「せや、手に職や。ピザ職人なりてーわ^^」と言ってた僕ですが、「やっぱ受験よな!ww」と豪語して受験を志す方向に急ハンドルをきるわけですが、浪人前の世界史プレイ時間はほぼ0でした

 

ですので、一般的な「世界史」の科目のプレイ時間は、浪人時代の1年間が1番多かったと思います。最後は慶應プレの入試問題では1つのミス、全国で7位まで入り込みましたww

 

 

*受験生のときは全科目を勉強してました。でも一番がハマりにハマった科目がこの世界史で、そのハマった過程については以下にまとめたつもりなので参考にどうぞ!

 

多い時で1日16時間は世界史の勉強をしてました笑いや〜幸せでしたね〜^^;

 

 

スポンサーリンク

 

世界史検定1級への攻略地図

f:id:makoto-endo:20181025110018p:plain

 

改めて世界史の講師なら絶対とっておいて損はない、いやむしろステータスなのか?!と、発見したのは「歴史検定」という資格

 

【歴史検定の概略】

「歴史能力検定」では、学校で学ぶ歴史知識を中心に、国内外で起こっているさまざまな事柄の歴史的背景などについて幅広く出題します。

試験問題は1級から5級までのレベルごとに分かれています。3級からは「日本史」「世界史」に分かれていますので、ご自身の得意分野やレベルを選んで受験していただけます。

引用:検定紹介 - 歴史能力検定

 

5級と4級は中学生レベル相応の社会科目の歴史。で、3級からは「日本史」と「世界史」にそれぞれ分かれてるので、3級からの「世界史」を攻めようかな!計画中です

 

ざ〜〜っと過去問をみてみると、大学受験に対応する偏差値レベルはこんな感じ!

 

  • 3級→偏差値40レベル
  • 2級→偏差値60レベル
  • 1級→偏差値75レベル

 

 まず、「世界史検定3級」はこの初心者でもできるレベルからおさらいして、センター試験の過去問で70点をとれるようにします

 

 

 

そして、「世界史検定2級」は基本的に大学受験において難関大学に合格するぞ!!という心意気で勉強します。以下に偏差値70以上までもっていく方法をまとめたので、もう一度セルフで参照します笑^^;

 

 

1級は大学受験の垣根を超えた範囲が登場するのでまずはこれで「極み」を目指します

 詳説世界史研究

 

超分厚い世界史の辞書級の解説書で、これを覚えられたなら1級なんて屁でもないレベルでしょうな^^;

 

それと合わせてひとつの用語に対して説明がぎっしりとある、用語集の上位互換的な本はこれ

 

山川世界史小辞典

 この『詳説世界史研究』と『世界史小事典』を並行して進めつつノートにまとめるという王道の勉強は最強ですねきっと

 

電子版の世界史参考書は執筆中で、それに近い内容をブログ記事にて解説をまとめてあるので、勉強と合わせて順次更新していきます^^

 

 

 試験が近づいたら過去問で最終確認します。公式の問題集で、これに近い問題が出題されると予測されますね

 

実際に過去問のひとつをみると...

問2  15世紀には、ポルトガル人の海上への進出も始まる。15世紀のポルトガル人航海者について述べた文として正しいものを、次の1~4のうちから一つ選べ。

      ポルトガル王ジョアン2世の子エンリケ航海王子は、モロッコのセウタ攻略後アフリカ大陸に興味を持ち、自ら船隊を率いてアフリカ大陸の西岸を探検し、ギニア湾のニジェール川河口に達した。

      バルトロメウ=ディアスは、ポルトガル王の命令でインド航路開拓のためアフリカ大陸西岸を南下し、アフリカ大陸の南端に達してそこを嵐の岬と命名したが、帰国後、ポルトガル王が喜望峰と改名した。

      カブラルが、ポルトガル王マヌエル1世の命令でアフリカ大陸西岸を航海中に海流に流されてブラジル漂着し、この地をポルトガル領と宣言したことは、トルデシリャス条約が結ばれる原因となった。

    ヴァスコ=ダ=ガマは、喜望峰を回ってアフリカ大陸東岸の都市マリンディに寄り、その地でイスラーム教徒の水先案内人イブン=ハズムを得て、インド洋を横断してインド東南海岸のカリカットに到達した。
    出典:歴史検定HP(1級世界史)

 

正解は、2番目の選択肢です^^;

 

どうでしょうか???いや〜〜...かなり細かい知識に関して正誤を問うもので、正確に理解・暗記しておかなければほいほいとひっかかってしまう選択肢ばかりです

 

本格的な猛勉強からは少し距離を置いてしまったので、かな〜〜りハードモードな気がしますが、地道みこつこつ世界史の知識を取り戻しつつ、過去問演習、そして復習をしていきます^^

 

小手先の暗記テクニックではなく、王道・オーソドックスの勉強はなんだかんだ強いと思ってるので、日々精進です!

  

追記:出題形式をチェック(敵を知る)

最後に「歴史検定を受けてみよかな!興味ある!」という人のために、出題形式をまとめてみました

 

以下参照!

●3級(日本史、世界史/4肢択一:50問/50分)
高校で学ぶ基礎的な歴史知識を問う試験です。


●2級(日本史、世界史/4肢択一:45問、記述:5問/50分)
出題されるテーマは高校で学ぶ程度のものですが、比較的高度な歴史知識が要求されます。

●1級(日本史、世界史/4肢択一、記述・論述:20問、記述:8問、論述:2問/50分)
学校での学習にとらわれない広い範囲から出題されます。

 

論述のある1級のラスボス感は異常wといったところです。日々感じたこと・学んだことをアウトプットしてわかりやすく伝える癖をつけましょうか

 

条件に「学校での学習にとらわれない広い範囲」と書いてあるように、テキストの単純暗記以外にも幅広〜〜く世界史に関する著書を読んでいきます

 

では1級目指してゆる〜くマイペースに頑張りましょうか。近況は「Twitter」で更新していくのでフォローよろしくです!