しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

ブロガー(ノマドワーカー)は一度「治験」に参加すべき3つの理由!【大手治験募集サイトも紹介します】

スポンサーリンク

ブロガーは治験に一度は行こう!

 

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_)です

 

先日「治験」のボランティアに参加してきました

 

 

参加したのは、大学院生の時に「修士論文を書きたいんだけどなー、でもバイトもしたいんだけどなー、いるだけ=存在だけの仕事ってないかな?」と思い、探したのがきっかけです

 

そして結果的に良いことしか得られなかったというオチでした^^;

 

以下が、「治験ボランティア」を通して得られたよかったことなので、詳しく順番にみていきます!

 

  1. 健康状態をチェックできた
  2. パソコンの仕事が超捗った
  3. 高額謝礼すぎてわろた

 

「治験ボランティア」の準備

 

まず、そもそも「治験」とは?!

治験とは「新しい薬」の承認を得るために厚生労働省の指導に従い実施している「治療を兼ねた試験」のことです

 

ひとつの薬が誕生するまでには10~18年もの長い研究開発期間があり、効き目の確認や安全性の評価など、さまざまなテストが繰り返されます。


病院で使われている薬や普段使っている薬は、多くの一般の方々がボランティアとして参加した『治験』を経て、効き目と安全性が確認され、厚生労働省の承認を得たうえで発売されています。 

 

引用元:治験とは | e治験.com

 

新しい薬が誕生するまで、安全確認と効能確認する必要で、この「テスト」に受けることってことですね

 

薬によってどんな副作用がでるのか、また、投薬中の生活習慣で気をつけることについては全てこと細やかに説明されます。そして最後に同意をして初めて治験を受けることができます(*インフォームドコンセント) 

 

治験募集サイトに登録して案件を探る

まず治験に参加するためには治験募集サイトへの登録が必要です

 

 

案件の種類・特徴・日程が異なる場合があるので、安心の大手治験サイトに一応全て登録しておくと案件比べができるのでおすすめです(もちろん登録料は一切かかりません、無料です)

 

*治験募集サイトの中には、サイト運営費として年会費を要求するところがありますが、ちょっと怪しい気がしたので、やはりこちらの方がいいです

 

 

 登録後...

  • プロフィール入力(年齢、身長、体重、喫煙歴などなど)
  • 予定・都合・体のコンディションに合いそうな治験への応募

を済ませて案件に応募すると、プロフィールに基づいて自動で事前検診への合否が出ます

 

事前検診に合格すると晴れて治験デビュー!って流れ!!シンプルですなあ!

 

僕は9泊10日で参加しました。その10日間で「どんなことを行ったのか」については以下に体験をまとめたのでぜひ参考にしてください^^ 

 

 

話はずれてしまいましたが、「治験」を通して経験してよかったことを解説していきます

 

①:健康状態をチェックできた

aerial view photography of person holding arm while pressing blood pressure machine 

必ず通る事前検診にて、尿検査・血液検査・身体測定・血圧測定・心電図・問診という年度のはじめに行う健康診断を無料で受けることが可能です

 

僕の条件は「健康な20代の男性」でしたので、この時点で「何か調子悪いなあ...」と体調に心配ごとがあれば相談することもできます

 

特に、血液検査と尿検査は、事前検診でも重要視されてるようで、健康状態を理解する大切な指針でもあるんですね

 

僕が参加した治験では、毎日3回 (朝・昼・夕)の採血は必ずのルールで、微熱等の不調な時にはすぐに反応がでます

 

健康状態を継続的にチェックできるのは「治験」ならではの強みだなあ、と改めて感じました

 

スポンサーリンク

 

 

②:パソコンの仕事が超捗った

MacBook Pro turned on

 

2日目に投薬をして、体外排出の経過を観察するというのが参加した9泊10日の治験プログラムの内容でした

 

そう、3日目以降で採血や心電図の時以外は、めちゃくちゃ自由な時間が手に入るです

 

☑️ただ「治験」では外部との物理的な接触は厳禁なので、外出はもちろん禁止!

院内での生活が基本になります

 

結果、超仕事(この時は論文)が捗りました!!麦茶も飲み放題だし、漫画も読み放題、1日3食のおいし〜〜い弁当(約1000円ほど)も支給されます

 

*こんな夜ご飯の弁当^^

f:id:makoto-endo:20170905145445j:plain

 

もちろん、wifiも使えるし、院内は静かなのでパソコンの作業は捗るそのものです

 

ブロガーとして「治験」に参加するなら、1日12時間の鬼のような作業できるのではないでしょうか? 本気をだせば1日2万字分の記事を生産できますよ!

 

③:高額謝礼すぎわろた

person holding pink ceramic pig coin bank

 

最後にこれ。高額謝礼すぎという驚異

 

(治験はあくまでも「ボランティア」という扱いなので謝礼の表現が用いられます)

 

僕の場合、1泊あたり約2万円の計算。

9泊10日で2万円×9日に加え、その後の通院7回で25万円の謝礼をもらえました 

 

最も巨額な謝礼は、イギリスのロンドンの病院での治験で、まさかの海外ww

 

各募集サイトで案件・報酬比べしてみるといいですよー

 

 

とまあ、うわさの高額謝礼は否めない^^;

 

の結論に至りますね。しかも「治験」の最中には集中できる院内で鬼のように仕事ができるので、収益を考えたらさらにプラスということに...

 

極限に生産性が高まる環境で仕事ができるかつおまけの大きな謝礼。まあ、リピートしたいですわな〜

 

余談:注射が怖かったらきついかも

場所に縛られないブロガー(ノマドワーカー)にとっての「治験」の良き点を紹介しました

 

  1. 健康状態をチェックできた
  2. パソコンの仕事が超捗った
  3. 高額謝礼すぎてわろた

 

というわけなので、ブロガー(ノマドワーカー)は一度は参加してみても全く悪くないかなーと!

 

 

でも....「ワイ、注射怖いんよなあ!」な人はやっぱり難しい試練になりそうです

 

投薬後の検査ではほとんどの場合、採血(注射をぶっさして、血を抜く)は避けて通れないからですね^^;;

 

「注射怖いけど怖いけど怖いけど、治験参加してみたいよ!この抱えるジレンマどうしよーー!」な人は以下をどうぞ

 

もともと僕も「注射恐怖症」だったので、さらに参考になるかと思います