しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

「サンタクロース村」に一生に一度は行ってもいいかもなって話【ヨーロッパ最古の民族サーメ人】

スポンサーリンク

 サンタクロース村っていう村知ってる?

 

クリスマスの季節ってことで、「海外のおすすめクリスマスマーケット」と「世界各国のクリスマス伝統スイーツ」について紹介しました

 

関連:世界各国のクリスマス伝統スイーツ!真冬のおすすめおつまみだよ

 

関連:海外の本場クリスマスマーケットに人生で一回は行こうな【クリスマスに向けて随時更新】 

 

 

クリスマスといえば、その代名詞ならぬ存在、サンタクロース!!!ってことで彼のいる村(?)、その名もサンタクロース村を紹介します

 

寒い寒い寒いサンタクロース村

 

サンタクロース村は、寒〜〜〜い北欧の国「フィンランド」のさらに寒〜〜〜い北のラップランド地方の、ロヴァニエミ市にある、村?!です

 

 

*緯度で考えたら、スウェーデンの最北部ですねw寒さを極める土地!

 

そんなサンタクロース村の歴史は思った以上に新しく、1985年に出来上がった村です(ここでぶっちゃけますと、村というアミューズメントパークです)

 

 

文化を守ろうと、1927年にこのラップランド東のコルヴァトゥントゥリ山を「サンタクロースの住処にするやで!!」と世界中に宣言したことが始まりですね

 

 

こんな感じに、キラキラなクリスマスイルミネーションはもちろん、大きなクリスマスツリーもあって、サンタクロースの本拠地感は否めません

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Best Discovery ® 🌎 (@bestdiscovery) on

 

 

 

で、実際に彼がおりますww

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Adiho Adrian (@adihohdz) on

 

 サンタクロース村には、サンタさんのオフィスから、サンタさんの郵便局、そしてクリスマスグッズの店があるんです。賑わいはクリスマスマーケットに似ているでしょう

 

 

そこでは、サンタさんを中心に、トントゥと呼ばれる囲む妖精(フェアリー)というスタッフがサンタさんの手伝いをしてます

 

 

 サンタさんの郵便局には世界中から手紙がよせられます。人の欲望はとどまることを知らず・・・・・

 

 

で反対に、この郵便局で申込みすることで、「サンタクロースからの手紙」を日本の家あてにお願いすることができます*約7ユーロです(900円くらいかな)

 

 

サンタクロース村の外の「寒」を体験

 

日本では天地がひっくり返っても体験ができない「寒」の中のアクティビティがたっくさん

 

 

いっぬのソリや、トナカイのソリはそこらのジェットコースターよりも圧巻です

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by SAVTour 🌎✈🚑 (@savtouraz) on

 

トナカイのソリを乗ると「あ〜〜サンタさんは空を飛べるのかーーうらやましー」 (小並感)

 

な感じに思ってるうち、お尻がぼこぼこに痛くなりますね、飛べたもんじゃないです。トナカイに現実を突きつけられておわりです。とはいえ爽快です

 

一生に一度は来てもいいんじゃないか

 

って思うくらい、日本では絶対にできない「寒」の体験が待ってます

 

 

個人的に、このラップランド地方に住んでる、ヨーロッパ最古の民族「サーメ人」の慣習に関心がありますね〜

 

 

長〜〜〜い歴史の中で、最果ての極寒のところに住をかまえ続けるってことは、彼らの「寒」に生きる知恵は地球上の誰よりもすぐれてるはず

  

対「寒」のサバイバル術を身に付けたいんだけど

 

ってな勢いで「サーメ人」の知恵を吸いとりにラップランド移住する人はいるのでしょうかね〜

 

関連:海外移住におすすめな国たち総ランキング!生活コストが安い国で優雅に暮らそう!【随時更新】

 

 

「ラップランドに住んでるお!」って日本人がいたら、ぜひ一報くださいw追いかけますんでよろしくです

 

 

*Youtubeにもサンタクロース村をピックアップしたのが挙げられてるので、ぜひチェックしてみてください

www.youtube.com