しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

歴史系の赤本(過去問)をやるタイミングとそのやり方を解説!【日本史・世界史対応】

スポンサーリンク

過去問=恐怖

 

なーんて思ってませんか?

 

受験生の追い込みの時期、必ずやるべきことに過去問での演習があげらます

 

過去問に挫折しそうになったとき、「おいおいちょっと待てよ!」「まだまだ諦めらねーぞ!」って背中を推せるアドバイスを残します

 

歴史系の赤本をやるタイミング・どのようにやるは「謎」に包まれてるんで、そこを具体的に書いていけたらなと思います

歴史系赤本の始めるタイミングは?

赤本(過去問)は、ずばり「早くできればできるほどいいよ!」って誰もが言いいます

 

でも、歴史系の赤本については、本番の入試が2月だとすると11月頃にスタートできれば上出来です

まずは通史の理解と網羅が大切!

 日本史も世界史も、本番の試験で点数が取れるのは「知ってる」「知らない」に依存してきます

 

なのでまだ「知らない」通史を無くし、過去問にチャレンジする時には、全体の通史を理解できてる状態が理想です

 

特に、現役生は通史の習い終えが受験直前の11月くらいになるので「知らない」=「習っていない」を限りなく無くすことを優先しましょう

 

日本史・世界史の通史の独学勉強方法は以下の記事を参考にどうぞ! 

関連:大学受験『日本史』の独学勉強方法とおすすめの参考書決定版【偏差値30から東大早慶レベルへ】

 

関連:大学受験『世界史』の独学勉強方法とおすすめの参考書決定版【偏差値30から東大早慶レベルへ】

 

次に、歴史系の赤本(過去問)をやる目的とやり方について詳しくみていきます

スポンサーリンク

 

志望校までの距離を見える化する

 歴史系(日本史・世界史)の赤本をやる目的は、今のじぶんの立ち位置とゴールまでの距離をはかること!

 

もっと具体的にいえば..

  • 今の実力でどのくらい得点できるか
  • 本番であとどのくらい得点とればいいか
  • 本番までに何をどのくらい勉強したらいいか

 の見える化が大切です

 

初めて過去問をやった時点で80%取れたらもはや大成功ですw...が、実際ほとんどの場合で「撃沈してしまった...」って感想を残すことになります

 

赤本(過去問)をやる目的を違った角度から強調すると.. 

  • 一体自分はどこを目指して勉強しているのか
  • 目指すプロセスで今やっていることは適切なのか
  • 適切でなければどのように変えていくべきか

 

などの、現状の把握と戦略の再構想が目的なので、11月の段階で点数が取れなくても心配する必要はないのです!

どの参考書で勉強し直すか見える化する

目標と現実の距離の見える化を終えたら、その距離を埋める戦略を組んでいきます

 

最も効果的なのは、その距離(過去問で間違えた問題)をどの参考書のどの部分で勉強し直せばいいのか、を見える化することです

  

例えば、世界史での赤本(過去問)でおすすめなのが、早稲田文学部・文化構想学部の過去問がでして、なぜなら...

  • 古代から現代まで1〜9の大問に分かれている
  • アジアからヨーロッパ、アメリカ大陸まで、1〜9の大問に分かれている
  • 文化史やテーマ史も大問に1か2つ存在する

が特徴だからで、時代と地域に偏りなく出題されます

 

なので1日2、3年度分を解いて、ミスを通史の参考書での確認は鉄則!

どのように”抜け”を補強するのか

過去問でミスした時代・地域の『通史』熟読こそ最強でして...

 

例えば、2017年度の早稲田大学文化構想の問題をかりてみましょう

 

大問3はイスラーム史の問題で、下線部には商人が引いてありました

下線部A(商人)に関して述べたア〜エのうち、謝っているものを一つ選びなさい。

ア:ウマイヤ朝では、ディーナール銀貨が広く流通した

イ: マムルーク朝は、香辛料や砂糖の取引を統制下において、利潤を得た

ウ:キャラヴァンサライと呼ばれる隊商宿が、整備された。

エ:ムスリム商人はダウ船を使用し、インド洋交易を行った。

オーソドックスな早慶レベルの問題ですが、それぞれ4つの選択肢の◯か✖️が答えられて初めて得点!っていう偏差値を上げるトリックが垣間見えます

イ・ウ・エは、それぞれイスラーム史の通史の教科書に記載されてます

しかし、アの文章においてディーナール銀貨が間違いで、正しくは、ディーナール金貨とディルハム銀貨

 

ここで補強すべき箇所に気づけました

 

もう一度、通史の参考書のイスラーム史(特にウマイヤ朝とアッバース朝)を熟読して目印をつけてること!

 

この時にどのページのどこに書いてあるかも覚られればいいですね

 

日本史・世界史どちらも、このようにあ次にこの切り口から問題が出た時に、得点ゲットできます!

赤本(過去問)初めはできなくても全然いい!

赤本(過去問)に挑戦して、目標と現実の距離を直視することにためらいがちな受験生はすっごく多いように感じます

 

でも.. 初めはできなくてあたりまえ

 

と思ってもよく、今のじぶんの立ち位置とゴールまでの距離をはかって、その距離の歩み方の修正を加えるのが赤本(過去問)の本当の役割だからです

 

最後の本番の入試で「合格点」を取ればいいので、ビビらずに現実を直視する勇気が大切です

 

 

今回の内容を参考にしてもらい、気合いと根性で入試本番まで乗り切ってください!

関連:センター『世界史』の直前(1ヶ月前)にやっておきたい4つの挽回策を残す!【目指せプラス20点】