しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

大学生におすすめのクラウドソーシングサイトを5つ紹介!【スキルも身につくのでバイトよりおすすめです】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です

 

いつでも・どこでも仕事ができるようになった今

 

『副業・複業』があ・た・り・ま・えになりつつ、いやもうなってます

 

  • 「シフト制で縛られない稼ぎがしたい!」
  • 「スキルを生かした仕事を選びたい!」
  • 「やればやっただけ稼げるのっていいよね」
  • 「時間と場所が自由ってよくね」

 

「フリーランスになりたいなあ」って願望を持ってるものの「でもコネもなにも無いよ・・」って現実に突きつけられるはず...

 

そんな時、仕事受注のプラットフォームの『クラウドソーシング』はまさに救世主です!

 

『クラウドソーシング』とはインターネットで不特定多数の人・企業が仕事を外注し、受注できるサービスのこと

 

ネット上のプラットフォームなので、これまで繋がることのなかった個人・企業が結びついて、それぞれのスキルや能力、そしてニーズに応じた仕事の受発注ができるようになりました

 

とりわけ、規模が大きい+安心して仕事選びができる【初心者向け】のクラウドソーシングサービスは以下があります。本記事で順番に紹介するサービスたちです😌

 

上記のクラウドソーシングのプラットフォームに登録することですぐに仕事の受注ができるようになります

 

クラウドソーシングのメリットは

  1. 仕事の受注の視野すさ
  2. 空いた時間の有効活用
  3. 売り上げの増加
  4. 専門スキルを活かした仕事

です

 

テクノロジーの恩恵を全力で受け、外注者・受注者ともにメリットしかありません!

 

前置きはさておき、上記それぞれの『クラウドソーシング』のメリット+おすすめできる理由を合わせて紹介していきます!

スポンサーリンク

 

クラウドテック(Crowdtech)

ãcrowdtech ã­ã´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

「まずはどんな仕事・案件できるかな・・不安だな・・」という人は、専任のキャリアサポーターのつくクラウドテックはおすすめです😌(面談から最速3日で案件に参画開始できます)

 

実は次に紹介するクラウドワークスと同様の会社によって運営されてます

 

  • クラウドテック:エージェント型→仕事を紹介してもらえる
  • クラウドワークス:プラットフォーム型→自分で仕事を見つける

 

が大きな違いですね

 

自分が思う自分に合う仕事よりも、専門のサポーターの視点からみる仕事の方がより市場価値に寄り添ったものを選べます😌(実体験)

 

肝心な職種・案件は以下の通り

  • プログラマー
  • デザイナー
  • ライター
  • エンジニア

独立間もない駆け出しフリーランサーでも大丈夫な「未経験」でもOKの案件もあります

 

また、他のクラウドソーシングとは異なるのは「月額報酬制」である点です

  • webデザイナー:週3日、225,000円〜
  • Pythonエンジニア:週5、52500円〜
  • ライティング:週3、26500円〜

のように月の報酬が決められてます

 

ひとつの案件を終えて「しばらく仕事がない。どうしよう」という事態も避けられるので安心ですね😌

 

クラウドワークス(CrowdWorks)

ãã¯ã©ã¦ãã¯ã¼ã¯ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 【初心者向け】に規模・信頼からおすすめできるのはこのクラウドワークス(CrowdWorks)

 

 

クラウドソーシングのビギナーは隙間時間を使って、できる仕事からコツコツと受注して、月2〜3万円稼ぐことを目指しましょう

 

 

プログラミングやマーケティングなどの専門スキルではなく、比較的誰でも受注できる仕事からスタートできます

 

「クラウドソーシングで稼ぐってこうゆうことか!」の感覚を次第につかめていけますよ!

 

クラウドワークスでの一般的な相場は..

 

  •  文字起こし 1分50円〜
  • データ入力 1文字0.2円〜
  • ライティング 1文字0.5円〜

 

です!(そこそこ稼げますね!)

 

パソコンを使って仕事する基礎の基礎のタイピングで稼げるのが魅力。タイピングスピードも速くなればなるほど効率よく稼げるようになります

 

他にも、システム開発・運用、デザイン制作、翻訳・通訳、webマーケティングなど、幅広い仕事選択ができます

 

「スキルを磨きながら稼ぎたい!」って人はやるしかないです😌

 

クラウドソーシングを使って稼げるようになると「オフィスにいなくてもお金生み出せるってすげえ!」って、ちょっとした革命が頭脳に勃発しますよ

 

「クラウドソーシングをこれから始めてみよう!」って人はぜひクラウドワークス(CrowdWorks)から挑戦しましょう!

 

ランサーズ(Lancers)

ãLancersãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

 ランス(槍)を持った人たち(ランサーズ)=己のスキル・能力で仕事を取っていく人

 

日本最大級のクラウドソーシングのプラットフォームランサーズ(Lancers)です

 

基本的な使い方はクラウドワークスと大差はありませんが仕事の方式が3種類あることに注意しましょう

 

  1. タスク方式
  2. プロジェクト方式
  3. コンペ形式

 

の3種がありますので、順に説明していきます

 

タスク方式でランサーズ

最もシンプルな仕事の受注方式で、1つの依頼に対してたくさんのランサーが参戦して作業を行います

 

例えば、レビュー記事執筆、アンケート回答、データ入力があり、比較的容易にで空いた時間にサクッとできるところが魅力!

 

で・す・がそこまで報酬単価は安くなってます

 

地味にこつこつ経験を積んで、ちりでも積もってく報酬の合計高をみるのは、妙にやみつきになりますw

 

プロジェクト方式でランサーズ 

外注のクライアント(企業)が見積もり提案を募集して、それに対してランサーたちが提案をするプロジェクトベースの方式です

 

フリーランスの個人の時代になると、企業に雇われるよりもランサーズのようにプロジェクトベースで仕事する人もどんどん増えます

 

提案での見積もりの他に、ランサーのプロフィールに記載の経験・スキル・作品・実績も評価されます

 

「スキルを活かしたい!」って人はガンガン参戦していきましょう

  

コンペ形式でランサーズ

コンペ形式(競争方式)では、そのまんまの通り競争にかけるという方式です

 

例えば、クライアント(企業)が会社ホームページのロゴの制作を依頼した時には「俺なら自信ある!!!」ってランサーはその依頼にこたえるべくロゴ画像をダイレクトに提案します

 

そこから競争に残った人が案件成立に至るので、実力こそが正義の案件なので初心者はちょっと手を出しにくいですね

 

スポンサーリンク

 

ビズウィーク(Bizweek)

ãããºã·ã¼ã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ビズシーク(Bizseek)の魅力は、2013年誕生で発展の最中にあることと仲介手数料が安い点!

 

*通常『クラウドソーシング』 を利用して仕事を受注すると仲介手数料がかかります

 

例えばランサーズだと、受注者は報酬の5〜20%を支払うことになり、仕事を5件、10件と重ねていくと「思ったより大きい..」となりますよね

 

しかし!!

 

ビズシーク(Bizseek)での手数料は5〜10%!!

他のクラウドソーシングのサービスと比較すると約半分の手数料におさえることが可能です

 

そもそも手数料についてこれといった対策は無いですが..

 

  • 最初からサービスを介さず直接企業から依頼される実力・発信力を身につける!
  • ひたすら受注件数を稼いで、「手数料なんて気にしないぜ!」って割り切る!
  • 手数料が格安のビズシーク(Bizseek)を利用する!

 

くらいでしょうか。駆け出しのフリーランサーや手数料嫌いな人ならビズシーク(Bizseek)での受注を心がけましょう

 

塵も積もれば山となる手数料を抑えつつ、合理的に収入を増やしていけるといいですね

 

ココナラ

ããããªããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ココナラみんなの得意を売り買いがモットーのクラウドソーシングサービス

 

webサイト制作、ロゴ制作、似顔絵やイラスト、そしてライティングやネーミング、旅行のアドバイスなど実にいろ〜〜んんな仕事が待っています

 

ココナラでは個人の多くが「これして欲しい!あれして欲しい!」という案件に「俺ならできるよ!」と、受発注します

 

仕事の受注側(仕事をする人)が価格を決められる点も大きな違いで...

  • 「僕、ロゴ制作をこのくらいの額でやったりますよ」
  • 「私、英語の通訳サービスを1日このくらいでOKな人カモン!」

のように、この条件で「やってもらいたい!」って人が発注を申し込むシステムです

 

他のクラウドソーシングとは受発注の方向が異なりますね

 

僕としてはじぶんの持つスキル・能力の価値をいつでも測れるココナラをかなり推してます

 

まとめ:まずは「3万」を稼ぐべし!

ここで紹介したクラウドソーシングのプラットホームは基本登録料・利用料は無料で、誰でも参戦できます!(手数料は痛いですが..笑) 

 

それが意味するのは、個人が活躍できる同時に競争も激化するということ!

 

(質の良いwebサイト制作できる人にはどんどん信頼が積み重なります)

 

しかも会社に雇われる傍ら空いてる時間で経済価値を生み出せるのは大きいメリットですね

 

これらクラウドソーシングを利用した複業・副業もあたりまえにな流でしょう

 

ビジネスマンとして「価値を生み出す感覚」を鈍らせないようにやるべきだと思うんですが!

 

「僕でも稼げるのかなあ」「月20万稼げるってありえるの?!」と不安や期待が入り混じるかと思いますが、まずは行動を起こすことから始まります

 

とりあえずは月3万円のおこづかい稼ぎを目標にしましょう

 

「おっ!!もっといけるじゃん!」と右肩上がりの兆しがみえてきたら、一気にスケールを狙いましょ

 

最初はコツコツとスキルを蓄えながら、期待を過度にせず気長に受注することをおすすめします

 

ぜひ、クラウドソーシングで『個の時代』、感じてみて下さいね😌