しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

【実体験】よく物をなくす人は『断捨離』が超おすすめ!【冷蔵庫を断捨離した結果も紹介ww】

スポンサーリンク

 断捨離!ミニマリズム!ってよく聞く!

 

シンプルで無駄の無い生活ってすごくよく聞こえますよね〜

 

きれい、さっぱり、すっきりの3拍子がそろってます

  

でも、断捨離生活(ミニマルな生活)に合うか合わないかを判別できますか?

 

もしたくさんものを捨ててしまっても、生きてる心地がしないパターンはよくある!

 

断捨離生活に向いてる性格は『物忘れが多い』『よくものを無くす』タイプだと思うんです!

スポンサーリンク

 

 

はじめに:無くした時の苦痛を避けるために

f:id:makoto-endo:20171226204400p:plain

 

頻繁にものを無くしてしまうあなた!

 

  • 「財布どこいったああああ!!!」
  • 「ここに置いてた鍵はーー!!!」
  • 「あれ?!?!え?!スマホどこ?!」

 

めちゃくちゃ焦って、見つからない時にはしょぼんってなりませんか? 

 

僕なんかは、財布を週3で無くしたこともあるくらい頭おかしいです。

 

そして、財布を無くす度に、「誰かに使われてしまうんじゃねーか!」って不安がずっと頭をうごめいて、ストレスと喪失感にさいなまれてました。 

 

「よく物をなくす性格」って、意識してもなかなか治らないんですよね

 

これを読んでる本人が一番気づいてると思いますよ! 

 

で、無くした時の「悔しい!」を避けるためには初めから持たなきゃいい!

 

つまり断捨離との相性抜群なんです!

 

財布、カバン、文房具、家の中の細々とした雑貨を僕は手放しました

 

最低限肌身離さないことが約束されたスマホのみを必需品としてます 

 

それ以降、『無くした時のショック』から解放されました

 

バカみたいな話ですが本当ですノンフィクションです

 

物をどこか置いてすぐ忘れて無くしてしまう人は、断捨離がおすすめです

 

www.makoto-sencho.com 

無くすものって意外に大切じゃないよね

 しかも、しばしば無くしてしまう人の『物』って以外に大切じゃない

 

これも後から気がついことなんですが、無くしてもどうにでもなるんです

 

ただ感情的に悔しくなってしまうだけで、物理的には困らないことが大半でした

 

財布を週3で無くした時も、別になんとかなりました

 

シャーペン、腕時計、小銭入れ、印鑑などなど、無くしてもどうにかなりました

 

  • 「無くたってどうってことない」
  • 「どうってことないってことは真に大切ではない」

 

この2つの理由は論理的にむちゃくちゃではありますが、物をよ〜くなくす人にとって背中を押す理由ではないでしょうか

 

うん、僕の経験上、『物』が無いからといって死ぬレベルに困窮するわけではないのです

スポンサーリンク

 

もので幸せになる時代はとっくに終了

 

ミニマリズム的な人が増えてきたのは、とっても自然な流れ!

 

『教養としてのテクノロジー』を読んだらよくわかりました

 

www.makoto-sencho.com

 

例えばこんな引用があります

 

「経済的価値を重視して生きることが幸せである」という従来型の資本主義に対して、「自分の生き方の価値を高めるためにどう働けばいいのか」という、新しいセンシビリティを考えるには、面白い時期である。 


経済的価値=お金で買える物を追い求めが幸せの時代はオワコンってこと

 

よくものを無くす人にとっては、なんとまあ最高な言葉じゃないですかー!

 

スポンサーリンク

 

まとめ:心に入れれば無くさない!

 お金で買えてしまうものの価値がオワコン化する今

 

ものではない何かで『心』を満足させてあげましょう

 

ものに使っていたお金を、友達・恋人・家族との思い出に使いましょう(まあ、勉強とかスキル習得のための投資に使ってもいいですが!)

 

かたちにある『物』よりも、かたちに無い『心』から、内面を充足させます

 

よく無くしていた人こそ、そうすべき

 

心に入れておけば無くさないですよね

*これはユダヤの教えとしても有名です!

www.makoto-sencho.com

 

よくものを無くしてしまいがちな人はものの執着からじぶんを解放させましょう 

 

「財布どこいったあああ!!!うぉおおぅぅ....」的なストレスから卒業できますよ

 

 断捨離の究極の目的は『心』を満たすことですもん。ぜひお互いに心の充足を追求していきましょうね😌

 

実体験:冷蔵庫を断捨離した話

後日談ですがが、冷蔵庫を持たない(いや正式にはあるけど全く稼働してない)暮らしをして早半年になりました 

 

この話をしてみてます!!(興味ある人だけ読んでみてください)

 

最近では僕だけでなく冷蔵庫離れが進んでいるようで、「え?なんで冷蔵庫置いてるん」って人、特に一人暮らしの人が増加しているようです

 

 

どんどん便利になりすぎて(Amazonとか外食チェーンとか)

  • 「自炊しなくても死にやしねーじゃん!」
  • 「つまり冷蔵庫なくても死にやしねーじゃん!」

って気づく人が増えてきてます笑

  

今では、僕もそのうちのひとりでして「冷蔵庫を断捨離した暮らし」を半年終えてみての『変化』についてメリット・デメリット両方をのこしてみます

 

 

メリット①:1畳ほどのスペースが誕生

一人暮らし用は少し小さめですが、冷蔵庫を使わないと決断して処分すると、そこに余分スペースができます

 

一人暮らしの家の間取り(1K・1ルーム)ってなんだかんだ冷蔵庫の場所を一応は考えてくれていて、その分が自由に使えるんで、結構なゆとりを感じますね

 

その代わりに...

  • 漫画用の本棚
  • 小物用のラック
  • ゲーム用のPC

など自分の趣味用のスペースに完全有効活用ができる用になりました

 

メリット②:賞味期限切れのダークマターが無くなった

冷蔵庫あるあるw

 

「そのうち使うでしょー」って冷蔵庫の奥にストックしてある、謎の賞味期限切れの調味料、通称ダークマター

 

冷蔵庫が無いってことは「冷蔵庫の中の整理の必要」すらないってことで、必要のない調味料・食材はなくなります

 

だから必要な食べ物しか買わない(節約効果大)

 

ダークマターをはじめとするなが〜〜い間ストックしてある調味料が無くなると、「必要な時に」「必要な食べ物」しか買わなくなります

 

常温できる作り置きの料理を除いて、その日に食べるものをその日に調達するってこと!

 

なので「その日にいくらかかるか」を計算する癖もつくので、金銭感覚に鋭くなるので、節約意識が高まります

メリット③:お金で時間を買う感覚を知れた

冷蔵庫があるとストックの食べ物と調味料で「何か作らなきゃ」のプレッシャーがえぐいですが、冷蔵庫がなければ、実際ほとんどが外食になってしまいます

 

でもコンビニ、チェーンレストランに通い続けると浪費に繋がりかねないので、「半自炊・半外食」をすることにしました

 

「半自炊・半外食」とは半分を自分で料理して、半分を外から調達すること!そのまんまかよ

 

例えば...

  • 米だけ自分で炊く
  • スーパーの栄養ある惣菜を調達

今のところ、これが最高の効率化!ご飯は次の日も食べられるし、栄養も取れるし、パックならそのままポイできるから、食器洗いの時間もかからない!

 

資本主義、分業さいこー!

 

このように、冷蔵庫をなくして時間を買う感覚を少しずつわかるようになってきました

 

メリット④:1年で約1万円のお小遣い

冷蔵庫に働いてもらうには、1ヶ月あたりの約1000円弱のバイト代=電気代を払わなければでした

 

でも、それが一切無くなるので単純計算すると、1万2千円の節約になります

 

1万2千円は結構なお得ですよね、PS4のソフトを2つ買えたりできます

 

1ヶ月の間に千円を余分に使えると考えると、スーパーでついつい飲み物を買ってしまいがちな僕ですが笑

 

貯蓄ガチならば電気代で浮いたお金を貯蓄にまわすといいですね

 

参考:冷蔵庫の電気代はどれくらい?電気代計算方法は?|エネチェンジ

 

冷蔵庫を持たない生活のメリットをまとめると...

  1. 「空間」がうまれる!
  2. 「時間」もうまれる!
  3. 「お金」も、もちろんうまれる!

 

コスパ上昇志向の人はやるしかないライフスタイルとして提唱できますね

 

でもでも、一応は生活必需品の冷蔵庫

 

そんなのが無くなるなんて絶対「諸刃の剣だろ!」って思う人もいるはずなので、デメリットを考えてみます

 

スポンサーリンク

 

最大のデメリット: 冷蔵・冷凍まとめストックできない

いやそりゃそうだろ

 

冷蔵庫無くせば冷蔵庫の一番の役割(メリット)を失うってこと

 

特に生鮮食品のまとめ買いはお得なケースがほとんどですが、それができなくなってしまいます(COSTCOは激安ですからね〜)

 

白菜、キャベツ、人参とかのベジタブルたちもまとめ買いするとリーズナブルです

 

でも冷蔵庫がないので、買ってしまうとダークマターと化します

 

つまり・・家族生活に圧倒的不向き

冷凍保存もできないので、ご飯をたくさん炊いて次の朝にレンチンなんてこともできないですし、超便利で美味しい冷凍食品もつかえません

 

こんな美味しくたくさんの作り置きおかずも用意できないでしょう(にしてもプロ級すぎ)

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by ☆kazumi☆ (@wamiy610) on

 やはり2人以上の集団生活では、たくさんの食材を安く買い込んで、保存しながら少しずつ消費していくのが王道のライフスタイルなので、冷蔵庫無し生活は向きませんね

 

あとはデメリットは思い当たらない よ!

「冷蔵庫を断捨離した生活」の最大デメリットは、

 

冷蔵庫の最大のメリット(冷蔵・冷凍)を得られないことそれ以外思いつきません

 

確かに間接的に、冷蔵・冷凍が上手にできれば節約にもなるし、栄養管理だってできます

 

「冷蔵庫を持たない生活」でも節約と栄養管理だってできるので、結局は意識の問題かな〜と!

 

メリットをもう一度整理すると

  1. 空間がうまれる!
  2. 時間もうまれる!
  3. お金も、もちろんうまれる!

でした笑

 

「空間」と「時間」の創出は大きすぎるので、一人暮らしの人ならチャレンジしてもいいんじゃないでしょうか

 

生活必需品=冷蔵庫

 

の常識に縛られず、あたりまえを疑って、気づけたことは思った以上に大きいものでした

 

断捨離の手始めの参考にしてもらえると幸いです