しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

初海外は緊張!海外で身の安全を守る為に僕が絶対心がけていること

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180211141340p:plain

 

飛行機搭乗前から、緊張が常時MAXの初海外、それは良き思い出

 

 

なーにーがー緊張するのかっていえば

 

生きて帰ってこれるか無事帰れるか

 

って心のどこかでめちゃくちゃ心配してるんですねー(わかりますよ超わかる)

 

「帰ってこれなくなったらどうしよう!」「全て盗まれたらどうしよう!」

 

なんて考えてもラチがあかないほど、脳内スペースを独占しちゃうんです

 

行き先にもよって変わるのはあたりまえだけれど、「生きて帰ってこれる!」って確信があれば、海外なんてフッ軽ですぐいけますよん!

 

 

そこで

なるべく普遍的な海外治安対策語りたい!

 

 

スポンサーリンク

 

治安ってそもそもなーに?

「治安がいいから大丈夫!」「治安が危ないからやめたほうがいい!」

 

それはよくいうけれど、そもそも『治安』ってそもそもふわふわした概念ですやん!

 

それは安全に治めらている国の状態のこと

 

 

やってはいけないことのルール(法律)がきちんと機能しているわけです

 

  • スリ
  • 強盗
  • 殺人
  • 殺傷

 

などの犯罪行為が起こる確率は、治安が良いほど低いことになります。

 

 

海外旅行客はやっぱり目立つんだ

旅した経験から治安良い国でも犯罪に巻き込まれる可能性はやっぱりある。

 

 

その逆もしかりで、確率の問題だなって思った!ルーマニアでニセ警察にお世話になりました(こらこら)笑

f:id:makoto-endo:20180211142314p:plain

行き先の治安の良し悪しに関わらず、『海外からの訪問者』はターゲットになる可能性はどこでも高くなる。

 

経験から言える。なんでというと・・・

  • 言葉がわからない!
  • 国のルールもわからない!
  • 観光費などお金持ってる!

当然なんですがこれら理由ですね。一方的に怒鳴り散らされて(悪いことしてないのに)、お金を請求されることもありました・・・。

 

 

イタリアやフランスなども、海外旅行者をターゲットにしたスリ集団もいることで知られてます。カモれると思ってるんでしょーね、奴らは!!

 

 

彼らは、颯爽と近寄ってきて、ミサンガを縛り始めるんです、腕に。

 

 

ミサンガ野郎「はい5ユーロね。」俺「ちょwwおまww」

 

言葉を理解できないからって漬け込んでくるその性格の悪さにぼく脱帽だよ。

 

いつか見返してやりたい!

 

 

現地人に同化することが最強

治安がどうのこうの心配するよりも『現地人への同化』こそ最強だ!

と、特に初めて海外旅行に行くって人に伝え残したい。

 

上で書いたような犯罪のターゲットになる要因をするわけだ!

現地の人なら、言葉もわかるしルールもわかる。必要以上のお金も持つはずない

 

  • 事前に現地の「典型的な」服装を調べよう

➡︎:いちばん同化で欠かせないのが外見のカムフラージュだ!

 

アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アラブ、アフリカなどなど、それぞれの国に特有な「典型的」なファッションがある。

 

それは短パンにTシャツかもしれないし、民族衣装なのかもしれない。もちろん、季節によってもその姿を変えよう!

f:id:makoto-endo:20180211150613p:plain

出典:夢みがち - シンコハンガー・ブログ

 

  • 現地に到着次第、ローカルなファッションに変身!

➡︎:空港についたばかりは、まだまだ日本風なファッション。

このままでは「あっ!外国人やっ(しめしめ)」そんな対象になる確率は高い。

 

速攻現地ファッションを調達。AS SOON AS POSSIBLだ。

 

空港からホテルやゲストハウスに向かう道中で揃えたいですねー

「郷に入った瞬間、郷に従おう」そんなフレーズを脳裏に焼き付けてもらいたい!

 

全身の現地ファッションを着用したら、「ここで生まれて30年やで(どや)」な雰囲気をかもしだし、人の賑わうショッピング街を闊歩してもらいたい

 

言葉の問題はルックスには現れないので、よほど感の鋭い悪い兄ちゃんに話しかけられない限り、治安の面からは心配する必要はない!堂々としていれば大丈夫

 

 

なにはともあれ、「生活感」

どこの国であっても、現地に住む人はいつもの日常を過ごしている

 

余程身の危険を感じない限り、その生活の空間から離れない

 

 

だから本来であれば「生きて帰ってこれるか」なんて心配無用なはず!

 

「生活感」を肌身で感じて身にまとえるかが大切なのはもう一度強調を。

 

生活感あふれるサンダル、生活感あふれるカバン、生活感あふれる帽子。そのいっこいっこが、ヒトの「現地住民感」つくりだすんだ

 

晴れてネイティブに同化できたら恐るるに足らず。思う存分、旅を謳歌してもらいたい!!

 

 

*細やかなルックスカモフラージュ方法についてはまた別記事で。

 

後にリンクで貼り付けておきます。

 

ルックスカモフラージュの大切さを共有したので、海外旅行に行く際の良い気づきになればなと思います