しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

『全国通訳案内士』の独学勉強法とおすすめ参考書決定版!【試験の総合対策編】

スポンサーリンク

2020年東京オリンピックへ向け、「通訳案内士」の需要は右肩上昇中!

 

人口減少と経済衰退が未来の悩みの日本は、訪日インバウンドに力を注いでおり、日本人と海外の人たちとの架け橋=通訳案内士の存在感はますます強まるでしょう

 

そんなわけで、僕も「通訳案内士試験」を受けました!

今回はそれを受けて、その通訳案内士試験に準備した内容を全て残しておきます

✔︎通訳案内士って何者?

民間の外交官とも表現される「全国通訳案内士」

報酬を受けて、外国語を話して日本観光の案内をするのが「通訳案内士」の主な仕事です

平成29年4月1日現在の登録者数は22,754人に達しています。

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語ポルトガル語ロシア語、韓国語及びタイ語となっています。

通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です 

✔︎通訳案内士試験はどんな内容?

 試験の概要は以下を参照ください

試験科目、受験手数料、試験場所、試験免除|通訳案内士試験概要|日本政府観光局JNTO 

 

⬜︎ 筆記試験(1次試験)・・・例年8月の実施

  • 外国語(出願者の選択する1つの言語)
  • 日本地理(満点:100)
  • 日本歴史(満点:100)
  • 産業・経済・政治及び一般常識(満点:50)

  •  通訳案内の実務 (満点:50)

⬜︎ 口述試験(2次試験)・・・例年12月の実施

  • 通訳問題
  • プレゼンテーション問題(3つのカードからお題をチョイス)
  • 質疑応答問題

 

*この一次試験と二次試験の合わせた合格率は約20%と、かなり難関な資格....

 

*特徴的なのが、1次試験の合格率自体がとても低く8割近くは落ちてしまうそう

 

一方で、2次試験の合格率は3分の2以上ととても高く、勝負は一次試験と言えそうです

 

一次試験では、その年にもよってきますが各科目で60〜70%の得点率が必要です

 各科目の「免除」条件をチェック

 尚、筆記試験には免除科目・項目があります 

申し込み時に証明書を同封するので目を通しておきましょう

それでは各科目(外国語・日本地理・日本歴史・一般常識・実務)の独学勉強方法と参考書について、具体的にみていきます

①:外国語試験(英語)へむけて

10の外国語試験がある中で、ダントツ抜きん出てるのが英語!

 

実際、需要はまだまだアジア圏(中国・韓国・台湾)の通訳が不足しているそう...

 

観光客はアジア圏からが圧倒的に多く占めるのが現状ですからね

 

本記事では、受験者層の中で最も多い「英語」の勉強対策を紹介していきます

 

本番試験の問題構成は...

  1. 〈外国語文の読解問題〉× 2 題(配点25 点程度)
  2. 〈外国語文和訳問題〉× 1 題(配点15 点程度)
  3. 〈和文外国語訳問題〉× 1 題(配点30 点程度)
  4. 〈外国語による説明問題*〉× 1 題(配点30 点程度) 

リーディングと和訳、語句説明(まんじゅうや浴衣など日本にゆかりのあるもの)が中心の筆記試験!

一番の対策はTOEIC840点以上を取って免除条件をクリアすること

 

半年近くあれば、600点台の人は上記点数にたどり着くことが可能ですし、他の科目に時間を費やした方が効率が良いです

 

2次試験対策の面接は、オンライン英会話をフル活用するといいです

レアジョブやDMM.英会話など、25分1レッスンで100円と少しで、英会話の練習や通訳の練習がいつでも・どこでもできます

TOEICの免除得点を取って早々と二次対策ができれば順調といえますね

第二外国語は差別化にいいかも 

英語の他の言語(フランス語・アラビア語)について、詳しく勉強法を残しました 

機会と余裕があれば、英語以外の枠を狙ってみてもいいかもしれませんね。最強に差別化が効きますよ

関連:フランス語の独学方法とおすすめ参考書決定版【初心者からフランス語1級まで】

 

関連:難しい?!アラビア語のおすすめ参考書と勉強方法【初心者〜中級者編】 

②:「日本歴史」へむけて

f:id:makoto-endo:20170827215642p:plain

 【重要ポイント】

  • 日本史Bセンター試験60点以上で試験免除!
  • センター試験とは異なり人物史・文化史の比重が高い!

試験免除の条件は、センター試験60点以上であり、取っておくと他の科目の勉強に時間をまわせます

 

センター試験の日本史について、以下の記事に全てをまとめたので参照して下さい

関連:大学受験『日本史』の独学勉強方法とおすすめの参考書決定版【偏差値30から東大早慶レベルへ】

 

通訳案内士の日本史は【センター試験対策】+【文化史】を重点的に勉強しましょう

 

外国語を勉強する人は、世界に目を向けた「世界史」を勉強する傾向にあります

 

意外と、日本史をきちんと勉強してこなかった方はいらっしゃるのではないでしょうか(僕みたいに...自戒)

 

初めて勉強する時、「教科書を読んでも正直ちんぷんかんぷん!漢字多い!」

 

そんな時、Youtubeの無料動画授業をみると理解がスムーズに働きます

関連:日本史の最強講師たちのおすすめ動画授業を紹介する!学校の授業よりもわかりやすい?! 

僕がオススメする日本史動画はこれ!

www.youtube.com

 WEB玉塾の玉先生の語りは癖になる!この授業の特徴は、

  • センター試験7割はこのビデオでカバーできる!
  • 知識の暗記を素早くできる工夫がされている!
  • 早送りで見ることで、勉強スピードアップできる!

でして、日本史を勉強してこなかった人でも、超理解しやすい授業です

 

ウェイトのおおきい文化史は、図や挿絵をチェックして名称と一致できるまで覚えましょう

 

以下の資料集はヴィジュアル ・イメージで暗記できるので、文化史の勉強の必須本です

『山川 詳説日本史図録』

③:「日本地理」へむけて

日本地理の試験範囲は...

日本の観光地等に関する日本地理についての主要な事柄 
→ 外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本地理についての主要な事柄 

引用:通訳案内士試験ガイドライン|通訳案内士試験概要|日本政府観光局(JNTO)

実際に求められるレベルは日本史とは異なり、中学レベル以上高校レベル未満くらいの範囲となります 

関連:高校受験【地理】の独学勉強法とおすすめ参考書決定版!歴史にも劣らず大切だよ!

 

特に、それぞれの都道府県の特徴やその観光名所をおさえることは必須!

 

日本中の温泉地と温泉の名前も数多くあり、労力を使って覚えましたが、2017年ではほとんど出てきませんでした(勉強はやっぱり効率大事...)

『旅に出たくなる地図 日本』

通訳案内士に合格した人の多くが使っていて評判もかな〜り良い地図式の本!

 

「旅に出たくなる」がキャッチーなフレーズですが、この本の地図上には、観光地の情報や地域の文化・産業の解説がたくさんもりこまれてます

 

弱点を色ペンでマークしたり、単語カード(フラッシュカード)を使ったりして、イメージと記憶を結びつけると良いですね!

『脳を活性化させる!書き込み式地図ドリル』

 イメージが湧きやすく、観光名所と解説と日本の地図を全てカバー!対策としては申し分ない一冊です

 

「俺、そもそも地図が苦手だよおorz」

って人こそ使って欲しい地図ドリル

初めは地理関係がわからず苦労しますが、クイズ形式で楽しく知識が増やせます

で、旅をしてるかのように勉強がもっと楽しくなって地図への抵抗が無くなってきます

『地図で訪ねる歴史の舞台 日本』

試験対策に十分な内容がつまってるし、旅行計画や趣味でみても面白い参考書でした

 

しかも、日本中の歴史の舞台を扱っているので、日本史の勉強にもなるしシナジー効果は絶大です

 

観光地を勉強する時は、イメージとの連結が大切なので、こうした地図や図説が豊富な参考書は超有用なのです!

④:一般常識突破へむけて

・外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
⇒ 外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識(例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心確保に必要となる知識、並びに新聞(一般紙)の1面等で大きく取り上げられた時事問題等)を問うものとする。
 

 *通訳案内士試験の中で、勉強方法が確立されておらず、最もとっつきにくい科目であることは間違いありません

 

尚、センター試験の現代社会で、80点以上で免除です!(高い!)

 

ガイドラインにも書かれているように、新聞やニュースで取り上げられる情報(特に観光に関するもの)は常にチェックし、アンテナを強く張り巡らした方がいいですね

 

どの内容が問われるか、誰もが予想し難いので。(例えば、2017年は映画『君の名は』について出題されました。)

 

そこで、唯一出題範囲として明示されているのが、観光白書↓

 観光白書には、その年の海外からの観光客の動向から、政府の訪日インバウンド観光戦略まで、「通訳案内士」にとってゆかりのある内容がもり込まれています

 

関連:時代は「訪日インバウンド」!影響力のあるインバウンドメディア5つを紹介!

 

「観光白書の重要なところをマークして毎日のニュースをきちんとチェックする」

それこそ遠回りに見えて実は一番効果的な一般常識対策のようです 

 

⑤:通訳案内の「実務試験」にむけて(2018年度誕生)

2018年度誕生の新科目の「実務」は過去問がないのがネック...

「実務」の筆記試験ではどんな問題が出るのか....観光庁の資料とガイドラインからは...

  1. 旅程の管理に関する基礎的な項目、法令についての基礎知識
  2. 危機管理・災害発生時での適切な対応
  3. 様々な外国人の生活文化への対応

が必要な知識だとわかりますので、以下の本で対策が可能です!

 『全国通訳案内士試験「実務」合格!対策』

上記1〜3の出題範囲が別々の編になっていて勉強が一番しやすいです

 

事実、「実務」に関する参考書は現状これしか存在せず、これを読んで勉強する他ないかもです

 

しかし、「具体的に、何をどのくらいやればいいのか」も見える優れた道しるべになる内容!とのレビューもあります

 

有名な現場のトップガイドが監修してることからも信憑性・信頼性には問題なさそうなのでおすすめです

番外編:その他の対策方法

ここまで各科目の私がやってきた勉強方法を紹介してきました

 

その他として、受験対策で効果的だった他の方法について書きます!

 

通訳案内士試験受験専門予備校の『ハロー通訳アカデミー』の無料ダウロード教材はかなりオススメです!
www.hello.ac

というのも、長年のノウハウや過去問分析から作り出されたテキストなので、掲載内容に無駄がありません。しかも無料ということでコストパフォーマンス最高です

 

挿絵や図表はあまり使われてないので、上記で紹介した参考書と組み合わせて行えばきちんと結果にコミットします

 

本番対策や日頃の勉強のチェックにハローアカデミーの小テストを利用しましょう

1800問の中からランダムで20問ずつ出題され、合否もでる確認テストとなっています

 

いよいよ試験本番が近づいてきたら、実践模試に挑戦すると良いですね!

 

試験2、3ヶ月前に取り組んで、弱点補強の指針にしましょう

 『通訳案内士 地理•歴史•一般常識完全対策』

追記:通訳案内士をとりまく『変化』

実は2016年度の内閣府の決議によって、2018年度(見込み)からは、無資格者でも有償で通訳ガイドができるようになりました
つまり、本試験を通らなくともガイド業務を遂行することができるのです
 
しかし、資格を持つことで、無資格者との差別化を図る意味では、これからも需要は絶えないどころか、通訳案内士業全体が再燃するのではないかと言われています!
 
個人的には、英語以外の他の言語をマスターすることと、SNS(Youtubeやインスタグラム)を通して、その語圏の方へ情報発信をすること
 
これらが通訳案内士として抜きん出るための、一番多く仕事を受注するための、これからのテクニックかなと思います
 
グローバル時代における実は超エリートの国家資格の通訳案内士、ぜひ挑戦してみてくださいね