しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

あたらしく、おもしろい世界史を!!

カフェイン(コーヒー)の飲み過ぎて夜寝れない時の対処法【コーヒの飲み過ぎは気をつけて】

スポンサーリンク

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。コーヒーが大好きすぎて毎日少なくとも5杯のドリップコーヒーを飲んでます

 

コーヒーを片手にジンジャービスケットを頬張ってしまう夜はありませんか?

 

ジンジャービスケットはさておき、うっかりコーヒー飲んでしまいなかなか寝つけない!!!なんて経験は9人に5人くらいの確率であるのではないでしょうか

 

特に、寝つけないまま寝床で3時間以上も経ってしまうとヒステリックを起こしかねないですよね(;_;)

 

本記事では、「コーヒーを飲みすぎて寝れない!!」という悩みを抱えている方へ伝えたい内容です

 

万が一、今まさに夜間カフェイン摂取のせいで寝つけないという状況やーーー!!という人の救世主的な記事になれば幸いです^^

 

*注意*

だからといって就寝前にコーヒーやカフェイン飲料を遠慮なく飲んでもいいGOサインを出す記事ではありませんからね、あしからず(汗)

 

スポンサーリンク

 

 

①:爪をもみ続ける

カフェインに敏感な方人は「自律神経」が刺激され、覚醒状態となってしまいます

 

リラックス状態に副交感神経にスイッチを切り替えてあげることが、夜間コーヒー対策です

 

それは「第二の脳」と呼ばれている爪をマッサージしてあげるとよいそうです

 

*注意*

ただし、薬指だけは交感神経を刺激させてしまう全くの逆効果がでてしまうので、くれぐれも他の4本の爪のマッサージだけにとどめておきましょう

 

 ②:白湯をのむ

いちばんは胃に負担をかけずに、体を温めてあげて眠りへと誘うこと

 

経験とリサーチから、最も適しているのは白湯です

 

「人肌よりちょっぴり熱めのお湯」を飲むとリラックス効果があるそう

 

眠りを誘う副交感神経にじわじわゆ〜〜っくりと刺激が行き渡る仕組みですね

 

*注意*

逆に、グレープフルーツジュースはNGな飲み物です。というのも、カフェインの分解スピードを抑えてしまう副作用があるからだそう

 

むしろ、コーヒーと次にグレープフルーツジュース飲む組み合わせはそうそうに、巡り合わない気がしますがねえ。気にしないでよいとおもいます(笑)

 

③:アロマでリラックスする

 

どーん!!

 

f:id:makoto-endo:20180505114042j:plain

 

良い香りは本能的に落ち着きますよね。そんな経験あるひとはたくさんでしょう

 

そこで僕はAmazonで約3000円ほどで購入したアロマディフューザー を使って、カフェインの刺激を倒すときがあります笑

 

 

大きさは小玉スイカくらいのサイズで、テーブルにもベッド脇にもおけるし便利

 

リラックスできるアロマの良い香りは部屋中に広がり色もロマンティックに変化します

 

アロマのエッセンシャルオイルはこちらで十分ですね〜

 

NAGOMI AROMAシリーズは無添加の100%!以下のような香りがあるので飽きないですよ〜

 

  1. 真正ラベンダー
  2. ローズゼラニウム
  3. オレンジスイート
  4. ベルガモット・カラブリアん
  5. メイチャン(リツェアクベバ)
  6. タンジェリン

 

アロマのスイッチをONにしながらボケ〜っと天井をみてください

 

無意識のまま保てると、自然と眠りに落ちれるはずです(実体験)

 

④:もはや布団からでてしまう!

 

「勝てない勝負はしない」というのワイのモットー

 

カフェインで覚醒しきっとき、無理にでも寝よう寝ようと力みをいれてしまうと、ストレスと相まってヒステリックを起こしかねません

 

翌日にも間違いなく負の影響がでてきます。そして、負のスパイラル、”昼夜逆転”への道が敷かれるわけです。と経験者は語ります

 

白湯を片手に雑誌をぱらぱらめくってもいいですし、明るい画面に怖じけずテレビをボケ~っとながめてもいいですし、寝ようと意気込む意識を”無意識化”してあげましょう

 

以下の記事もかなり有力な睡眠ハックだなと思いましたので、参照させていただきます!

 

トリプトファンという栄養素をとることで、睡眠ホルモンのメラトニンが体内かrじわじわでてくるそうです

 

聞きなれないカタカナワードですが、身近な食べ物の例には乳製品・大豆・バナナがありますよ

 

参考:睡眠薬に頼らない!眠れないときに食べるとよく夜眠れる食べ物 | 睡眠・快眠情報ブログ

 

スポンサーリンク

 

まとめ:うっかりには気をつけよう

カフェインの持続効果はカフェイン飲料摂取後30分後からじわじわと効いてきます

 

しかも、8時間から14時間も持続すると言われます

 

かなりカフェインに敏感な場合、15時お昼に飲んだコーヒーのせいで寝付けない状態になってしまうこともしばしばあります

  

「うっかりコーヒーブレイクを夕方にしてしまってなかなか寝付けない^^;」という悩みを抱える人に向けて本記事を書かせていただきました

 

カフェイン飲料・コーヒーは嗜好品だけじゃなく、ここぞという時には徹夜のお供としては最高の仲間です

 

しかし、時には大の敵に化けることもある諸刃の刃(?)であることは忘れてはいけませんね^^

 

追記:デカフェは救世主?!

「コーヒー飲んでしまって寝れない!!そんなのは嫌だ!!」

 

これは十分わかりますよ

 

で!も!コーヒーは飲みたい!

 

という人は大半ではないでしょうか??そこで色々と調べたところ・・・

  • カフェイン99.9%カット
  • 風味と香りはそのまま
  • 最高級のスペシャリティコーヒー

という「カフェインレスコーヒー」の存在を知りDecaf定期便を使い始めました!←

 

カフェインがほぼ0なので睡眠が妨害される可能性もほぼ0。しかも飲んだ感じは普通のコーヒーと変わらない・・

 

美味しいコーヒーを味わいつつも、しっかり睡眠時間をとれる生活できるなんて、、、初めからこれを飲んどけばよかったな!というオチです

 

コーヒーのコクと美味しさをしっかり味わいつつ爆睡したい。という人には最適だと身を以て実感しました。ぜひ一度試してみて下さいね😌

 

↓ ↓ こちらからどうぞ ↓ ↓