しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

おもろく、新しい教授法の世界史をめざします

『あがり症』を克服したい!やっかいなあがり症の緊張するメカニズムと対策を真剣に考えた

スポンサーリンク

緊張して話せね〜〜〜わ!!

 

こんにちは、まこさん(@sHaRe_worlD_) です。プレゼンテーション、大嫌いですwww

 

この緊張と焦りが入り混じる感じ...人生を生きる中でずっとつきまとうやっかいな感情

 

聴衆の人数を問わず、人前でスピーチやあいさつとなると、強烈な緊張が全身をほとばしります

 

それゆえに、思ったとおりのパフォーマンスができなかったり、最悪の場合は、”頭が真っ白”になったり、とにかくとにかくやっかい・・・

 

本記事では「あがり症」を克服するために僕が試行錯誤した経験を書き残します

スポンサーリンク

 

そもそも『あがり症』ってなんだ?

 

「あがり症」を言語化してみます

 

それは

血中のノルアドレナリンが急上昇し、交感神経が刺激されて起こる症状

 

です。動物が毛を逆立てて臨戦態勢に入った状態のような症状のこと

 

交感神経が他の人よりも敏感な人々は、心臓が過度に高鳴り、顔面は紅潮し、汗をかいて体が硬直してしまう状態になってしまいます

  

人によって程度の差はありますが、交感神経が活性化して、『あがり症』に似た症状がでるのは、いたって”正常”なことだそうです

 

でも、『あがり症』の人たちにとって、大勢の前で威風堂々とスピーチや振る舞いができる人たちをうらやましくおもうわけです...

 

一体どうやって克服・対策すべきでしょうか

 

あがり症への対策・克服方法

 

アメリカの心理学者ウィル・シュッツは

 人の自尊心には「好かれたい、理解されたい」という“自己好感”

「重要な存在として認められたい」という“自己重要感”

 

そして

 

「有能であると評価されたい」という“自己有能感” 

 

の3つの欲求があると唱えました

 

誰にでもある”自尊心”が傷つけられるかもしれないと、本能的に感じた瞬間、私たちの脳では「あがり」というアラームを鳴らすんですね

 

そこで「失敗」に対する不安があった

 

自分でもそう!

 

うまく伝えられなかったらどうしよう」とか、「下手こいてしまったらどうしよう」と直前にかぎって、不安のプレッシャーがドシンと襲いかかってきますよね

 

 

そこには2つの大きな理由があります

 

責任を強く感じる

自己責任感が他の人よりも強いという方々は要注意!

 

なにごとも真面目で良い性格の反面、責任感を誰よりも感じてしまい、結果あがってしまうのです

 

まわりへの意識

まわりの視線をより感じる人は、あがり症になりやすいらしく...

 

よく、聴衆を”じゃがいも”にみたてて、緊張を和らげる話をよく聞きます

 

こういった”見られている”という過剰な意識がからだを膠着してしまう要因になってしまうのです

 

「あがり症」を克服するトレーニング

克服するトレーニングがあるんですが、表情筋、舌、顎の関節をほぐすことが有効のようです

大きく口を開けて「あうあうあうあう」と言ってみてください。

 

滑らかに発声できればOKですが、もし顎がガクガクする場合は、顎の付け根と頬骨の下のくぼみを30回ほどグルグル押してください。

 

どちらも相当痛いですが、それこそ筋肉が凝りリンパが滞り、明瞭に喋れなくなっている証拠です。

  

次に声帯を開きましょう。

これは声を震わせずにはっきり喋る練習です。両足を肩幅に広げ、1番低い声で「あー」と30回発声してください。

舌足らずな話し方や、言い直しを改善するためには、舌を柔らかくします。

舌を口の中で上向きに丸め、上下の歯で優しく押さえるように何度も噛んでください。

最初はゴリゴリとしますが、次第に滑らかに動くようになります。これは滑舌をよくするためのトレーニングです。

 

メンタル的な対策はさまざまある中で、こちらがベストであると思います

 

公的意識(まわりにどう見られているか、他者に注意をむけること)よりも私的自己意識を高める

 

まわりからどうみられるか、どう評価されるか、はたまた、自分が失敗するかどうかに過剰に意識が芽生えてしまうのが大きな理由!

 

これがあがり症へと至らしめる元凶でした

 

そこで”私的自己意識”(自身の内面、自分のやるべきこと)を高めることにより、”あがり症”を和らげることができるとされています!

 

プレゼンテーションへの準備を徹底的にすること”だけ”を考えたり、スピーチで話す祭も、内容がどう評価されているかを考えるよりも、話のテンポやリズムを崩さないことに意識することにあります

 

今その瞬間、自分がやること、やるべきことのみ意識すること

 

これさえやってれば『あがり症』に悩む人は脱却できるでしょう

 

おわりに・・・

人間として生まれた以上、あがり症は意識してもなかなか克服しづらいかもしれません

 

しかし、あがり症を克服した人たちのコツを学び、習慣づくりから、メンタル作りを行い、少しづつでも慣れてゆくことに解決の策はあるのだとおもいます

 

 

お笑い芸人たちのメンタル作り、気になります

 

それでは、今日も良い一日を!さよーならっ!!(発表緊張するううう!)