しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

大学在学中に学んだ!『海外ひとり旅』のコツとそれに向いている人のタイプとは?!

スポンサーリンク

『海外ひとり旅』って「なんだかおもしろそう!」でも「なんだか怖そう!」といったように、初めてみる世界にわくわくするけど、もし何か危険な目にあった時を考えるとハラハラする!って人が大多数!

 

事実ですが、『海外ひとり旅』にどハマりする人と、あんまりハマんない人ははっきりと分かれます

「毎年のようにひとり旅するぜ!」って人と、「もう二度と一人で行きたくないわ!」って人は二極化する傾向にあるのです

 

そこで、今回は『海外ひとり旅』に向いている人の特徴・タイプについてまとめます

 

海外にひとりで行く決意は勇気がいりますし、行ってみないとわからないことは実際多いですが、せめてでも「向き」「不向き」を考えるきっかけとなればなあと思います

 

「あ、これって俺や!私や!」ってなれば、時間を見つけて世界へ飛び立つ冒険に出かけましょう

 ①:寂しさに耐えられる人

 裏返せば『ひとりが好き!』ってことですが、『一人』と『独り』が異なるように、『独り』を感じた時の寂しさに耐えられる人がまず向いているタイプ!

 

異国の地に降り立つと、周りは知らない人・言葉・食べ物だらけで、

全身に妙な緊張が走ります。本能的に体が警戒態勢に入っているからかも

 

僕もそうでした

1人で空港に到着して、タクシー乗って、ホステルまでのルートも全部1人・・・

 

周りの人も言葉も何もかも知らないので、カルチャーショックとは別次元のえぐい新鮮さを経験しました。ちなみに初ひとり旅の行き先は、フィリピンでしたね〜

 

1ヶ月以上の長期の『ひとり旅』に出かけると、【ホームシック】に陥るとよく言われますが、この【ホームシック】を感じたことは今までありますか?

 

関連記事:ホームシックになったらどうするか?その原因と対策について!【新生活を迎える前に】 

 

一人暮らしを始めるとき、一人でどこか国内旅行したとき、いろんなシチュエーションがあるかと思いますが、【ホームシック】感情の思い当たるふしがなければ、孤独に強い証です!

 

もしくは、【ホームシック】を乗り越えた経験があれば、孤独への耐性ができてるので海外での寂しさに打ち勝てるポテンシャルがあるはずです

 

『ひとり旅』の宿命ですが、見知らぬこの環境に「孤独」を感じないマインドが大切なので、【ホームシック】の記憶を手がかりに独りに強いかどうかよく自己をみつめなおしてみましょう

 

 

スポンサーリンク

 

②:現地の人とコミュニケーションをとりたい人

友達複数人でくると、ばらばらに行動するのは結構難しい!

しかも固まって1日中いることが多いので、せっかくの異国の地に来たものの現地の人との接点を持つことができません。せいぜいお土産のマーケットの店主くらいでしょうか

 

『海外ひとり旅』はとにかく自由なのが特権ですが、この自由を生かして現地の人とコミュニケーションとりたい人なら向いてますね!

 

大衆のバー・レストラン、マッチングアプリ、有名観光地、レジャースポット、カフェなどなど、選択肢の多い場所にて、ひとりだ自由です!

 

今まで練習した英語を生かして、現地の人に話しかけてみたり、日本語を勉強してる現地の人と話したり、これまで予想もしてなかった出会いに繋がる可能性大です!

 

もちろん、恋愛に発展することも・・

関連記事:国際恋愛・結婚の【きっかけ】と【出会える方法】を全力でまとめてみました! 

 

個人的にも、現地の人とのコミュニケーションは、異国の地での醍醐味だと思います

なのでひとり旅の時こそこの機会を無駄にしたくないし、挑戦してみたいのならばひとり旅に向いてると言えますね!

③:スケジュールを自由に組みたい人

「とにかく自由!」こそひとり旅の特権だと書きましたが、これも自由を謳歌する結果になります

 

「団体行動いやだな〜〜」「海外に来てまで気遣いめんどいな〜〜」って思ってる人は意外に多いんですね

  • 「とりあえず海の方を目指そうかな」
  • 「午前中はカフェでくつろごうか」
  • 「おすすめのスポットをてきとうに巡るか」
  • 「ナンパでも初めてみるか」

といったように、周りに気をつかうことなく自分でスケジュールを自由に組んで、自由に行動したいぜ!!!って人は疑いもなく、ひとり旅に向いてます

 

また、スケジュールを自由に組んで行動して、最終日に空港までたどり着けた時の達成感はいいものですね。「ひとり旅してよかったな」としみじみ思う瞬間です

スポンサーリンク

 

④:RPGが大好きな人!

最後はこんな人!

新しい場所、新しい人、新しい出会い・・・これらはRPGの必要な要素です

 

好奇心で包み込むように、わくわくする気分で旅できる人!

そして、まるでRPGの世界を進めてるかのように冒険を楽しめる人が向いてますね

 

【好奇心】こそキーワードですが、新しく見るもの出会うものに興味を持って近ずける人は、RPG好きの特徴です

 

RPGの世界観(中世欧州の街並み、砂漠の街など)を再現するところに出かけると、RPGの主人公かのような気分に浸れます

 

ドラクエをプレイした時のあの「ワクワク」を思い返してみてください、きっとそれに近い好奇心が刺激される気分を味わえます

 

「RPGをゲームだけでなく、リアル世界のリアルRPGを遊びたい!」って思えたなら、ぜひひとり旅に出かけてみてくださいね

 

関連記事:チェコへの1週間旅行なら【プラハ】と【チェスキークルムロフ】は超絶オススメ!