しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

ジャム愛好家へ!お気に入りのおすすめジャム5種類を紹介!【朝の美味しいお供】

スポンサーリンク

ジャム・・・好きですか??

ジャムの歴史は1世紀の古代ローマにさかのぼります

古代ローマ帝国ではくだものの保存とビタミン摂取の保存食として重宝されてきました

中東の地域ではハチミツを使ってくだもの保存の液体としてジャムを作ってました

十字軍遠征でジャムの作り方が西洋に伝わり、大航海時代にスペインがアメリカ大陸に伝えたとされます

 

・・とジャム史を語ってますが、今回は僕のおすすめジャム5種を紹介します

  • 朝ごはんのジャム選びがたのしみになった!
  • 新しいフレーバーのジャムに挑戦したい!
  • ジャムってなんかほっこりするわあ!

って思わせるような内容にできたらなと思います

では早速いきましょう!

ブルーベリージャム(スドー100%)

 ジャム好きなら当然!みたいな事ですが、砂糖不使用は絶対条件!!

果実の甘みと食感がそのまま100パーセントダイレクトにくる贅沢!

 ジャムの中でもブルーベリージャムは酸味の方が甘みよりも目立ちますよね

朝のヨーグルトのトッピングにでも、グラノーラのアクセントにでも、

目覚めのブルーベリーは効果は抜群!ってことで、眠たい朝のお供として活躍中です

 

pain de mie🍞さん(@paindemie_honjo)がシェアした投稿 -

 こんな感じで、パン作りで小麦粉に練りこむと鮮やかブルーベリー色に仕上がります

ほんのり優しいブルーベリーの香りのパンはやみつきになりますね〜

スポンサーリンク

 

 いちごジャム(スドー100%)

 次に「ジャムといえばこれ!」って典型イメージのいちごジャム!

もちろん100パーセント果実は外せない条件なのであしからず!

いちごジャムは、甘みのレベルはブルーベリーよりも高く、

こんがり焼けた食パンにたっぷりとのせて食べるのが王道ですが、最高にうまい!

 

熱めのガツンとくる苦味のブラックコーヒーと一緒に食べれば、

最強のモーニングの完成です。純喫茶店を彷彿させるメニューですね〜

 

あゆみさん(@ami0714)がシェアした投稿 -

ミルクジャム(日和高原ミルクジャム)

 「ミルクのジャム?!」「それってジャムって言わなくね!!」

って疑ってしまう気持ちはわかります。が、これはジャムです

 

日和高原の生乳を100パーセントが原料で、煮詰めて完成したのがこれ!

 とろとろっとした食感と、ミルキーな香り。

そのまま無限に食べ続けられるほど、飽きのこない優しい甘みに完敗です

近いものは、質の良い生キャラメルをペーストにした感じ!

 

紅茶・コーヒーのトッピング、焼いた食パンにベストマッチする好きなジャムですね〜

スポンサーリンク

 

ワイルドリンゴンベリージャム(ダルボ ダブルフルーツ)

 日本では収穫できない極寒の国に育つ「リンゴンベリー」

ベリー大国のスウェーデンでは、いつもの生活がベリーとともにあります

このベリーの中で特に酸味が強い「リンゴンベリー」は、

メインディッシュの引き立て役として、ミートボールやステーキと合わせて食べられます 

www.makoto-sencho.com

 もちろん、パンにのせても、ヨーグルトのトッピングにしても抜群の美味しさ!

「ブルーベリーよりも酸っぱい! 」って感じますが、徐々に食べやすくなってきます

僕は最初、ブルーベリーストロベリーリンゴンベリーのトリプルベリーのサンドイッチを作って食べてました・・・(そこらのフルーツサンドよりも断然うまいです)

ぜひ、まだ知らぬ味覚ならば挑戦してみる価値があるでしょう!

 

*これはスウェーデン式のリンゴンベリーの食べ方のひとつです!

ミートボールにつけて口に運ぶと、肉汁を包み込むリンゴンベリーの爽やかさが絶妙なのです

 

huitingさん(@huitingeng)がシェアした投稿 -

 

サワーチェリージャム(スドー100%)

 やっぱりねスドーの「砂糖不使用」の100%には敵いませんわ!

「さくらんぼって美味しいじゃないですか、嫌いな人いないじゃないですか」

な感じで、美味くないわけが無い!ってことでこのジャムが大好きです

 

さくらんぼの果肉がしっかりと原型をとどめており、

パンにのせづらいのは、この上ない贅沢な悩み!!

 

さくらんぼの甘みと酸味をどちらとも味わえる有能なバランスの持ち主。

 さくらんぼのシーズンには、もぎたてのさくらんぼと合わせて食べてみてもいいかもしれません

 

🌼Izumi🌼さん(@izu997)がシェアした投稿 -

 以上でお気に入りのジャム5つを紹介しましたが、

グローバルヒストリーを語る上では、ジャムの歴史は食文化史の重要な位置付けにあります

保存食としてなが〜〜〜い歴史を通して重宝されてきた、ジャム

ビタミン摂取を助けるアイテムとして重宝され続けてきた、ジャム

 

奥深いジャム史を今後は探求していきたいですね

ゆくゆくはオリジナルのジャムを作って、ジャム史を塗り替えます